« メインサイト「ビール文化研究所」新サイト移行 | トップページ | 久しぶりに見た典型的な田舎醸造所スタイル==ドイツビール紀行2012(その21)== »

2013年8月20日 (火)

ここは農家か?Nikl Bräu==ドイツビール紀行2012(その20)==

>>前回の続き
次に訪れたのは、隣の集落Preztfeldです。
距離的には4km弱の道のり。小川を越えて、線路沿いの道に沿って進みます。

Dscn5039

Preztfeldは人口約2500人の町で、一応Forchheim郡の中の一つの町として存在しています。この下に10個ほどの集落が属しており、一応この教会がその中心となります。

Dscn5048

この辺りは果物の産地です。
ドイツでは珍しい無人販売が置かれており、プラム、リンゴなどが販売されています。

Dsc_2855

やって来たのはその教会からも近いNiki Braeu。
何だか農家の様な佇まいですが、立派な醸造所です。
木組みと煉瓦、これがちょっと朽ちているので何とも歴史的な醸造所の様に見えますが、実はその創業は2008年。かなりというか、出来たばかりの醸造所です。

Dsc_2852
どこから見ても古い醸造所に見えますが、元々は古い農家でしょう。
石造りの一階部分と木造りの2階と屋根裏は、ドイツの農村地帯でよく見かけるスタイルの建物です。

Dsc_2849

さて、店に入ろうと思ったら何と「臨時休業日」!
ありゃ〜と思っていたけど、捨てる神あれば拾う神あり、瓶ビールオンリーでテラス席のみで何とか営業(?)しているらしく、ビールだけは愉しめることに!

Dsc_2866

ビールを飲みながら見える物は、大きな音を立てて通り過ぎて行くトラクターなど。
この店も、何年か前まではこんなトラクターが出入りしていたに違いありません。

Nikl Bräu
Egolffsteiner str 19
91362 Pretzfeld
TEL: 09194-725 025

月・木 17時〜
金・土・日 9時〜
定休日:火・水

次回へと続く>>

 


|

« メインサイト「ビール文化研究所」新サイト移行 | トップページ | 久しぶりに見た典型的な田舎醸造所スタイル==ドイツビール紀行2012(その21)== »

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ここは農家か?Nikl Bräu==ドイツビール紀行2012(その20)==:

« メインサイト「ビール文化研究所」新サイト移行 | トップページ | 久しぶりに見た典型的な田舎醸造所スタイル==ドイツビール紀行2012(その21)== »