« ここは農家か?Nikl Bräu==ドイツビール紀行2012(その20)== | トップページ | ALT(古い)という名の醸造所==ドイツビール紀行2012(その22)== »

2013年8月26日 (月)

久しぶりに見た典型的な田舎醸造所スタイル==ドイツビール紀行2012(その21)==

>>前回の続き

PreztfeldからLeutenbachまで、畑の中の一本道を6kmほど進みます。
両側が飼料用らしきトウモロコシが続く中、時々牧草地なども現れて、なかなか長閑な雰囲気ですが、ハエが多いのがちょっと難点・・・・。

Dsc_2870

12

Dsc_2895

LeutenbachはForchheim郡下の小さな街で、その人口は約2000人。
周辺を田畑ばかりでなく山にも囲まれているのは、ここが「フランケンのスイス」と呼ばれているエリアだからです。
山が多い国、我日本人からすると、何とも不思議な話ですが、この丘が連なるエリアを「スイス」と例えてしまうのが不思議です。
ここにあるのが、Brauerei Gasthof Drummer。1763年創業の老舗醸造所です。
写真は入口側からの風景。左の建物がGasuthofで、食堂兼民宿と言った感じ。

Dsc_2909

中庭(?)っぽい空間に、ちょっとしたテラス席があり、その奥に見えるのがビールを醸す醸造所。左の木造の建物は、おそらく貯蔵庫かと思います。
更に裏手にビアガーデンがありましたが、この日は平日なので営業は無し。

Dsc_2879

ビールはデュンケルが定番。年間1900HLほどの生産。

 

Dsc_2886

ヘレスも一杯飲みます。
フランケン地方では、ピルスナーではなくヘレスが一般的なビール。
明るい金色のビールで、麦芽の甘みを楽しむビールです。

Brauerei Drummer
Dorfstr 10
91359 Leutenbach
09199 403
公式WEBサイト

次回へ続く>>

|

« ここは農家か?Nikl Bräu==ドイツビール紀行2012(その20)== | トップページ | ALT(古い)という名の醸造所==ドイツビール紀行2012(その22)== »

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2012」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに見た典型的な田舎醸造所スタイル==ドイツビール紀行2012(その21)==:

« ここは農家か?Nikl Bräu==ドイツビール紀行2012(その20)== | トップページ | ALT(古い)という名の醸造所==ドイツビール紀行2012(その22)== »