« 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== | トップページ | 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== »

2011年10月16日 (日)

小さくても「皇帝」という名の醸造所==ドイツビール紀行2007(その43)==

>>前回の続き

Grasmannsdf_kaise001

Grasmannsdorfにある醸造所、Brauerei Kaiser。
「皇帝」という名の醸造所です。
上の写真がブラウエライ・ガストシュテッテ(レストラン兼パブ)であり、下の写真が道の反対にある醸造所。
人口250人ほどの集落の割には、しっかりとした店構えです。
ちょうど夏のビアガーデンを準備している最中らしく、ブラウマイスターらしき男性が、外にカウンターを設置していました。

Grasmannsdf_kaise003

Grasmannsdf_kaise004

店内でビールを注文。
木樽ではなく、一般的なビールサーバーでの提供は、フランケンの田舎では珍しいかもしれません。
何でも、内装は最近改装したとの事ですが、なるほど確かにどこもピカピカしています。

Grasmannsdf_kaise006

後ろに並んでいるのは、常連さん達のビアジョッキで、色も形も様々です。

午後の遅い時間ということもあり、店内にはオジサン達がたくさんいました。
皆、この集落の人達です。
農家なのでしょう、朝から働いて夕食前にビールを一杯って感じです。
黒髪の東洋人があれこれと写真を撮っている姿を遠まわしに眺めています。
で、こちらが視線を合わせると、サッと他の方を向いてしまうんですね。
結構人見知りするタイプが多いようです。
そんな事をやり取りしながら、こちらから話掛けてみると、やはりペラペラと大声で話始めます。

Grasmannsdf_kaise007

僕は、一応ドイツ語が話せるので、そんな時は便利です。
オジサン達も「おお、ドイツ語を話すのか!」と一応驚いてくれます。
そしてしばらく話しをした後、写真を撮らせて貰います。

Gaeste_2

さて、さっそくビールを飲みます。
この日に飲めたビールは、ヘレス、ヴァイスの2種類。
これらのビールはこの場で飲まれ地得るだけのいわゆる「究極の地ビール」。

Grasmannsdf_kaisebier02

Grasmannsdf_kaisebier01

オジサン達は飽きもせずにこの集落のビールを飲み続けているかというと、
実はそうでもないようです。

たまには隣の集落へビールを飲みに行くことあるようです。
そりゃそうだろうな。

Brauerei Kaiser
Nr.9 96138 Grasmannsdorf
www.brauerei-kaiser.de

次回へと続く>>

|

« 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== | トップページ | 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== »

114 ドイツ南部」カテゴリの記事

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さくても「皇帝」という名の醸造所==ドイツビール紀行2007(その43)==:

« 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== | トップページ | 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== »