« 常連サンが楽しむ、ここだけのビール@Nedensdorf==ドイツビール紀行2010(その33)== | トップページ | 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== »

2011年10月15日 (土)

地元サッカーチームを支える醸造所==ドイツビール紀行2007(その41)==

>>前回の続き

次に向かった集落は、Ampferbachという集落です。
よく音楽家バッハのことを直訳して「小川さん」なんて言っていますが、Bachとは小川の事。
この集落にも小川が流れています。
この小さな集落にある小さな醸造所、Privat Brauerei Hermannが次の訪問先です。

Ampferbach_bgh006

人口400人ほどの小さな村の醸造所です。
そう言った醸造所はビール屋さんの域を越えて存在しているのがフランケンです。

Map_ampferbach

Ampferbach_fussball

この醸造所の場合は、地元のアマチュアチームのスポンサーです。
中央の赤い看板と黄色い看板に挟まれた所に、この醸造所の看板があります。
スポンサーと言っても何億円も払っている訳ではありません。
地域の人々(子供から大人まで)が楽しむために存在しているサッカーチームを、地元の商店や企業が支えているのです。

Ampferbach_br002

たとえば、この醸造所の場合、敷地の中にグランド使用者の為のロッカールーム(ドイツの場合は基本的にシャワールーム付き)があります。
グランドまでは徒歩で3分ほどかかりますが、地域の人達はここに集合し、ここで着替えてサッカーを楽しむのです。
もちろん、終わればここでビールを飲むでしょう。

Ampferbach_bier001

Ampferbach_bier002

この醸造所で出されていたビールは2種類。
Lager(ラーガー)とWeissbier(ヴァイスビア/ただし瓶ビール)です。
平日の昼過ぎで「一応営業中」状態のなか、ご主人が樽をセッティングしてくれました。
ちなみに、価格はLagerが0.5Lで1.7Euro、0.3Lで1.0Euro。Weissが0.5Lで1.8Euro
さすがフランケンの田舎価格!安いです。

Lagerは曖昧な名称ビールの筆頭ですが(笑)、ここの場合はHelles(ヘレス)でした。

ビールを飲んでいると、ご主人の息子さんが登場。
ビール談義に突入しました。そして「せっかくだから醸造所を案内するよ」とのお言葉。

次回へと続く>>

 

|

« 常連サンが楽しむ、ここだけのビール@Nedensdorf==ドイツビール紀行2010(その33)== | トップページ | 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== »

114 ドイツ南部」カテゴリの記事

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元サッカーチームを支える醸造所==ドイツビール紀行2007(その41)==:

« 常連サンが楽しむ、ここだけのビール@Nedensdorf==ドイツビール紀行2010(その33)== | トップページ | 小さな湖の畔にある小さな醸造所==ドイツビール紀行2007(その42)== »