« 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== | トップページ | 朝のひととき==ドイツビール紀行2007(その46)== »

2011年10月22日 (土)

見慣れた風景とバンベルクの丘==ドイツビール紀行2007(その45)==

Scho_amp_weg

Burgerbachからは路線バスでバンベルクに帰ります。
ただし、そのバスは低床バスではなく、オールドスタイルの路線バス。
市バスではなく、一般のバス会社が運行するローカル路線です。

自転車を積載するスペースも無いのですが、ここは笑顔で交渉(笑)
運転手さんは渋々床下のトランクを開けてくれ、そこに自転車を横向きに置かせてもらいます。

バンベルク市内に入ると、そこは見慣れた風景でした。
よって、「ここで降ろしてくれ!!!」と声を掛けて下車します。
ここはバンベルクの丘の上・・・・。

もう10年、この町に通っているので裏道を知っています。
バス停から時々眼下に旧市街地を見下ろせる住宅地を通って約10分。

Bam_spezikeller011

「Spezial Keller」の文字が見えました。
Brauerei Spezialのラオホビアが飲めるビアガーデン。

僕が世界一美しいビアガーデンのひとつ、と絶賛している場所です。

Bam_spezikeller010

この丘はStephanbergという名の丘です。
実はここ、かつての「ケラー(Keller=貯蔵庫)銀座」で、道を挟んでズラリとケラーの入口が並んでいました。
ビールの貯蔵庫というばかりではありませんが、今日でもそれは使われています。
なお、この看板の目の前には、ラオホビールの名店であるシュレンケルラ醸造所があります。

Bam_spezikeller003_2

さて、丘へと続く坂道の途中に小さな門があります。
毎度のことながら、この門を潜るときはワクワクドキドキ・・・・。

僕が大好きなビアガーデン、Spezial Kellerです。
門をくぐって敷地に入り、200mほど坂道を更に歩いて行き振り返ってみると・・・
こんな風景が見られます。

Bam_spezikeller008

夕方のケラーには、多くの人が来ています。
特にここバンベルクは観光都市なので、地元民に混じって多くの観光客が来ています。
メニューも英語版が用意されている模様。

Bam_spezikeller015
初めて見たのですが、「ギター弾」がいました。
客のリクエストに答えながら、テーブルとテーブルを歩いています。(もちろん有料)


Bam_spezikeller002

観光客の多いエリアでありますが、一応「常連席 Stammtisch」が置かれています。
一番眺めの良い場所なので、その存在を知らない観光客が座ってしまうこともありますが、その都度店員がやって来ては移動させています。

常連さんならば、何もこんな眺めの良い場所でなくても良いのに、と思いましたが、
おそらくは以下の様な理由で置かれているのでしょう。

常連席には、常連さん以外に「常連さんに引率されてきた人」も座れる場合がほとんどです。
よって、バンベルクにやって来た友人知人親類を連れてきた常連さんの為の席ではないか、と推測します。

Bam_spezikeller012

Bam_spezikeller007
さて、僕はと言うと、その常連さんのひとりである友人と待ち合わせ、ビールを飲みながら食事をします。
今回は、ホイルで焼かれたジャガイモにSAZIKIと呼ばれるヨーグルトを掛けた物。
シンプルながらも、なかなかの逸品です。

次回へと続く>>

|

« 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== | トップページ | 朝のひととき==ドイツビール紀行2007(その46)== »

114 ドイツ南部」カテゴリの記事

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見慣れた風景とバンベルクの丘==ドイツビール紀行2007(その45)==:

« 「白鳥」と言う名の醸造所は14世紀創業の老舗!==ドイツビール紀行2007(その44)== | トップページ | 朝のひととき==ドイツビール紀行2007(その46)== »