« バイエルン・ミュンヘンのジョッキがズラリ==ドイツビール紀行2007(その40)== | トップページ | ヴュルツブルクの町外れにある「Wuerzburger Hofbraeu」 »

2009年8月29日 (土)

列車での移動(特急編)

一般的なビール紀行では、やはり鉄道を使う事になります。
ドイツの鉄道はDB(Deutsch Bahn)。かつての西ドイツ鉄道と東ドイツ鉄道が1994年に統合された際に、民営化された会社ですが、まぁ、実態は完全な国鉄です。

さて、ドイツの都市間を移動する際は、やはりこのDBにお世話になることでしょう。そこで、知っておくと何かと便利な情報を記しておきます。

下の写真はホームにある案内版。ここに出発時間や列車名、さらには編成内容などが書かれています。
同じ時間、同じ列車名が並んでいるのは、曜日によって編成内容が変わるからです。ちなみに、曜日は以下の通り。
Mo=月曜日、Di=火曜日、Mi=水曜日、Do=木曜日、Fr=金曜日、Sa=土曜日、So=日曜日。そしてFe=祝日。

R0011985bierreise2008

下に続きあります。

R0011978bierreise2008

さて、この表のある赤い○には、「Standort」(現在地)と書かれています。
そして、A、B、C、D、E、F、G...とアルファベットが。
これはどの車両がホームのどの辺りに停車するのかを示しています。
日本の列車の場合、下り列車の一番前から順番に「1号車」「2号車」。。。と順番になっているのですが、ドイツの場合は違います。
「203」「208」。。。。などと各車両番号が付けられています。
よって、もし指定席なんかを取っている場合、どの辺りに自分の車両が停まるのかを知っておく必要があります。
「ドイツのくせに、合理的じゃないね」と最初は思ったのですが、途中で分割やら連結を繰り返す事が多いので、「1号車」「2号車」。。。と言った連番を振り分けることは物理的に不可能なんだな、と思うようになりました。

Fraport

R0011982bierreise2008

自分の車両がどの辺りに停車するのか分かったら、そのアルファベットが書かれた地点に移動します。停車時間は1〜2分ありますが、荷物の多いドイツ人が乗り降りするのは時間が掛かるし、彼らが降りて来た後のホームはごった返すことが多いので、列車が着く前から待機しているのがベストです。

*****************
人気blogランキングへ
ランキングアップに向け、一日一度のクリックをお願いします。
m(_ _)m

|

« バイエルン・ミュンヘンのジョッキがズラリ==ドイツビール紀行2007(その40)== | トップページ | ヴュルツブルクの町外れにある「Wuerzburger Hofbraeu」 »

002 必読!旅の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 列車での移動(特急編):

« バイエルン・ミュンヘンのジョッキがズラリ==ドイツビール紀行2007(その40)== | トップページ | ヴュルツブルクの町外れにある「Wuerzburger Hofbraeu」 »