« 袋小路の最奥にある醸造所Brauerei Wernsdoerfer==ドイツビール紀行2007(その39)== | トップページ | 列車での移動(特急編) »

2009年7月19日 (日)

バイエルン・ミュンヘンのジョッキがズラリ==ドイツビール紀行2007(その40)==

>>前回の続き

テーブルにズラリと並んでいるコーヒーカップを並べているのは、この醸造所のお子さん。
お母さんはというと、ケーキを切っています。
ビール屋さんなのにコーヒー(またはビール?)とケーキ。

この時、この店の前にある教会では、集落の誰かのお葬式が開かれており、その後この店でティーターをするということなんですね。
実は、小さな集落にある醸造所は「冠婚葬祭」の会場になっていることが多いんです。

Schoen_wernsdf_gast_2

さて、そんな日でも一部座席は常連のオジサン達の場所としてキープされています。

左のオジサンが手にしているのは、ミュンヘンの名門「バイエルン・ミュンヘン」のビアマグ。
もちろん、オジサンはバイエルンの大ファンだということです。
聞けば、この店はこの集落の「バイエルン・ファンクラブ」の事務局(?)も兼ねており、テレビ中継のある日はみんなで応援。
同じフランケン地方でプロチームがあるニュルンベルクや、時にはミュンヘンまでバスツアーを企画してみんなで行くこともあるといいいます。
冠婚葬祭だけではなく、こういう意味でも「地域の中心」なんですね。

Schoen_wernsdf_bgh04

「そうか、オマエさんもサッカーが好きか!まぁ、乾杯!!」
オジサンは美味しそうにビールを飲み干し、お代わり!

「で、君もバイエルンのファンなんだね??」

「え〜、それがですね・・・」

と言いながら、我が愛するボルシア・ドルトムントのキーホルダーをチラリ。

その瞬間、
「Oh! Mein Gott!!(オー!マイン・ゴット)」
「それを知っていれば、さっきドアを開けなかったよ!!」
(もちろん冗談)

Shoenbrunn_keller2

さて、店の裏山には何があるかというと、ケラーがあります。
このブログでも、またメインサイト「ビール文化研究所」でも何度も登場している「ケラー=地下室」です。(6月末に発売されたムック「もう一杯!極上のビールを飲もう!」にコラムを書きました)

地下室への入口が階段の横に見える扉、そして階段を上がるとビアガーデンになっているのです。

Shoenbrunn_keller

ビアガーデンの存在を示す看板です。
フランケン地方ではビアガーデンや醸造所とハイキングコース、サイクリングコースがリンクされており、これらの看板に沿って行けば美味しいビールにありつけるという仕組み。

(この辺の話、誰かどこかで書かせてくれませんか?)

Scho_amp_weg

さて、次の集落に向かいましょう。

次回へと続く>>

|

« 袋小路の最奥にある醸造所Brauerei Wernsdoerfer==ドイツビール紀行2007(その39)== | トップページ | 列車での移動(特急編) »

312 フランケン地方」カテゴリの記事

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン・ミュンヘンのジョッキがズラリ==ドイツビール紀行2007(その40)==:

« 袋小路の最奥にある醸造所Brauerei Wernsdoerfer==ドイツビール紀行2007(その39)== | トップページ | 列車での移動(特急編) »