« Brauerei Leichtでソーセージを食す=ドイツビール紀行2007(その26)= | トップページ | ニュルンベルクを歩く!!==ドイツビール紀行2007(その28)== »

2008年4月 9日 (水)

夕陽の当たる丘を走る==ドイツビール紀行(その27)==

>>前回の続き

Pferdsfd_weg

Pferdsteinの集落の出口。(振り返って撮ったので、入口側が写っています)
ここから台地の上をStaffelsteinまで走ります。

この周辺はフランケン地方の中でも丘が連なるエリアであり、かつ、「フランケンのスイス」と呼ばれている山岳地(?)の端っこなので、岩山が見えたりします。

Dorf2

牧草地の草を集める農夫。
木になっている赤い実は・・・・リンゴです。

Weg_franken03

丘の上の一本道。
ここを自転車でキコキコと走っていきます。
その先に見えるのは、修道院。そこでもビールの醸造が行われています。

Weg_landschaft


以前は、自転車でこの山に向かって走りました。(笑)
その裏側に点在する多くの集落にも、醸造所があり、これらを片っ端から訪問していきました。

Staffelstein_adamrisa

Staffelsteinは温泉で栄えた古い街です。
あちこちに「Adam Lisaの街」との謳い文句が掲げられていますが、彼はこの街出身の数学者。
僕は知りませんでしたが、ドイツでは有名人だそうです。

この街から列車に乗り、バンベルクに戻ります。
長い長い一日が終わりました。

>>続く

*****************
人気blogランキングへ
ランキングアップに向け、一日一度のクリックをお願いします。
m(_ _)m

|

« Brauerei Leichtでソーセージを食す=ドイツビール紀行2007(その26)= | トップページ | ニュルンベルクを歩く!!==ドイツビール紀行2007(その28)== »

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕陽の当たる丘を走る==ドイツビール紀行(その27)==:

« Brauerei Leichtでソーセージを食す=ドイツビール紀行2007(その26)= | トップページ | ニュルンベルクを歩く!!==ドイツビール紀行2007(その28)== »