« かつての渓谷鉄道駅構内。柱時計もそのまま〜Isarbraeu@ミュンヘン | トップページ | ビアガーデンでバイエルンの超定番を飲む!!==ドイツビール紀行2007(その16)== »

2007年11月 3日 (土)

ただの酔っぱらいにあらず!情報収集に成功==ドイツビール紀行2007(その15)==

前回の続き>>

Map_trossenfurt

PriesendorfからTrossendorfと続きます。ここまで来るとマイナー路線まっしぐらと言った感じですが、その通り。普通は行かない場所です。
ちょっと地図で紹介をしますと上のような感じになります。

 

朝バンベルクを出発して、峠をひとつ越え、Trabelsdorf、Priesendorfと醸造所を巡ってやってきた訳です。もちろん、ここにも醸造所があります。

Trossenfurt_roppelt02_2

Brauerei Roppeltは1701年創業の老舗で、ずっとこの田舎集落で営業しています。
ちなみに、現在のRoppelt家が1889年から営業を引き継いでいます。
ドイツでは、結構醸造所そのものの売り買いがあるらしく、「創業年」の他に「一家による始業年」も示されているところをよく見かけます。

Trossenfurt_roppelt01 昼間っからビールを飲んでいるのは、もちろん僕だけではありません。オジサン達も昼から赤い顔をして飲んでいます。

この日はちょうど終戦の日。
彼等はこの事を知っていたらしく、盛んにその事について話しています。
「日本とドイツは一緒に戦ったんだ!」
爺さんはなぜか拳を挙げて声を上げます。
戦争を肯定する気はさらさらありませんが、なぜかここで乾杯!

このオジサン達は、こんな所で飲んでいるだけかと思ったら、あちこちのビールに詳しく助かりました。
この先、Zeil am Main方面への道沿いにある醸造所を訪れようと思っていましたが、彼等が

「あぁ、あそこは今旅行に行っているから休みだよ」
「う〜ん、確かあの店の主人は体調を崩しているので、閉店中だ」

何ともまぁ、よく知っていること!
非常に有意義な情報を収集させてもらった。

Trossenfurt_roppelt03

ここのビールは「醸造所」と「直営ビアガーデン」のみの販売となっている。ただし、瓶ビールを周辺の家庭に届けてくれることはあるらしい。そういう意味では「準・究極の地ビール」。

この日、Lager、Dunkelの2種類のうち、Lagerのみが樽に繋いであるということなので、それを飲む。
Lager(ラーガー)とは、Helles(ヘレス)のこと。フランケンを初め、バイエルンでは「ヘレス=ラーガー」という店が多い。しかし、たまに「ヘレス=デュンケル」という店もあるからややこしいこと極まりない。

続く>>>

*****************
人気blogランキングへ
ランキングアップに向け、一日一度のクリックをお願いします。
m(_ _)m

|

« かつての渓谷鉄道駅構内。柱時計もそのまま〜Isarbraeu@ミュンヘン | トップページ | ビアガーデンでバイエルンの超定番を飲む!!==ドイツビール紀行2007(その16)== »

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

初めて訪問させていただきました^^
それにしても旨そうなビールの画像☆超旨そうっすね~♪
今すぐ仕事から帰って飲みたくなっちゃいました^^;
応援ポチっす!!
自分、酒だらけのブログやってます☆
http://namabi-ru777.seesaa.net/
是非遊びに来てくださいね^^

もしよろしければ、相互リンクをお願いしたいです。
実はもうリンクを貼らせて頂いてます^^;
承認していただけると有難いです!!

またおじゃまします!!
失礼しました^^

投稿: むーみん | 2007年11月 8日 (木) 16時01分

むーみんさん>
ようこそ!
このブログはドイツビール飲み歩きの記録と記憶です。
美味そうなビール画像満載です。

また遊びに来て下さい。

投稿: 小林麦酒 | 2007年11月12日 (月) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただの酔っぱらいにあらず!情報収集に成功==ドイツビール紀行2007(その15)==:

« かつての渓谷鉄道駅構内。柱時計もそのまま〜Isarbraeu@ミュンヘン | トップページ | ビアガーデンでバイエルンの超定番を飲む!!==ドイツビール紀行2007(その16)== »