« 地下壕でヒンヤリ==ドイツビール紀行2007(その12)== | トップページ | 裏庭のビアガーデンと「お犬様」のビール==ドイツビール紀行2007(その14)== »

2007年10月15日 (月)

な〜んにも無い、ただビールがあるだけの村==ドイツビール紀行2007(その13)==

前回の続き>>

Schruefer_priesendf006

Map_proesendorf Brauerei BeckがあったTrabelsdorfはマイン川からひとつ丘を越えた内陸にある集落です。
ここからはフラットな道がずっと続くため、のんびりとしたビール紀行が楽しめました。
2〜3キロの所でPriesendorfに到着。
ここで2軒目の醸造所Brauerei Schrueferに立ち寄ります。(住所:Haupt str 31. 96170 Priesendorf)


Schruefer_priesendf007

創業は1890年。親子4代に渡って続く典型的な「Familie Brauerei」で、この集落の位置的にも文化的にも中心にあるような店です。

一番目の写真のように、赤い建物が通りに面してあります。ここは醸造所の創業前から食堂としての営業をしていたようです。

写真の様に中庭は駐車場になっており、その裏手に醸造所がありますが、この様な小規模の醸造所では、毎日ビールを造っている訳ではなく、残念ながら、この日は休醸日。

Schruefer_priesendf001

店内に入ると、ガランとしています。
時間的には午後2時過ぎなので、昼のピークが終わった頃か・・・と思いましたが、周辺は農家ばかりなので、昼に食事を摂りにやってくる人はいないでしょう。

逆に朝から営業しているのが不思議でなりません。

ビールは一種類のみ。ここでは「Vollbier(フォルビア)」と呼ばれていました。
早い話、「デュンケル」です。デュンケルもヘレスも「フォルビア」の一種なので間違いではありませんが、紛らわしいことは確かですね。

フランケンの田舎にはこうして一種類しか造っていない醸造所がかなりあります。
ちなみに、この醸造所では店内での樽出しを楽しめるものの、瓶ビールを他へ卸していません。飲みたければこの醸造所に来るしかない、という「究極の地ビール」です。

食事は何かできますか?とオーナー氏に聞くと
「元々、冷たい食事(Kaltes Essen)しかないよ」
との事でした。

Schruefer_priesendf003

Kaltes Essen(冷たい食事)とは基本的に加工食品を切って盛るだけの物。
これらをBrot Zeit(ブロートツァイト)とも言うことをメインサイト「ビール文化研究所」及び「旅の手帖」でも何度か紹介しています。

「ウチのPresssack(プレスザック)は自家製で美味しいよ」
とオススメしてくれたのでそれを注文します。

「君は中国人かい?」
オーナー氏が興味深く聞いてきます。
「いや、日本人です」
バンベルクではよく見かけるけど、さすがにここまで来る人は居ないようで、
「20年ほど前、ブラウマイスターの修行を終えて帰ってきた頃に、一度日本人が来たことがあったなぁ・・・」
天井を眺めながら呟いています。

続く>>

*****************
人気blogランキングへ
ランキングアップに向け、一日一度のクリックをお願いします。
m(_ _)m

|

« 地下壕でヒンヤリ==ドイツビール紀行2007(その12)== | トップページ | 裏庭のビアガーデンと「お犬様」のビール==ドイツビール紀行2007(その14)== »

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: な〜んにも無い、ただビールがあるだけの村==ドイツビール紀行2007(その13)==:

« 地下壕でヒンヤリ==ドイツビール紀行2007(その12)== | トップページ | 裏庭のビアガーデンと「お犬様」のビール==ドイツビール紀行2007(その14)== »