« 空の玄関フランクフルトから==ドイツビール紀行2007(その3)== | トップページ | バンベルクでまず一杯!==ドイツビール紀行2007(その5)== »

2007年9月 3日 (月)

各駅停車からの夕陽==ドイツビール紀行2007(その4)==

前回の続き>>

Ic

フランクフルト空港駅にやって来たのはICEではなく、IC。
中央駅経由のせいか、客はほとんどいません。
駅員はこれでニュルンベルクまで行き、そこから快速でバンベルクまで行くのが一番早い、と言うのですが、ヴュルツブルクで乗り換え、そこからバンベルクへ行くルートを選択します。
距離が短いので、その分安いんですね。(笑)
案外ケチなんだねぇ>ポチっ

Wuerz

ICはヴュルツブルク>ニュルンベルクの順に停車します。と言ってもその間は一時間弱。
バンベルクは幹線から外れているため、どうしても乗り換えなければならないのです。

王道を行けば、ここヴュルツブルグで乗り換えて、バンベルクに向かうのですが、この時間は乗り継ぎが悪かったのです。
よって、時間的には20分ほど早くバンベルクに到着する「ニュルンベルク経由」を推薦された訳です。

ヴュルツブルクは美しい街です。
ただし、いつも乗り換えばかりで一度しか街を歩いたことがありません。参照1>>参照2>>

写真ではちょっと解りづらいのですが、裏の丘は全てブドウ畑になっています。
フランケン地方はビールのみならず、フランケンワインで有名なのですが、そのワイン産地であるのはウンター・フランケン(Unter Franken)と呼ばれるエリアであり、その中心都市がここヴュルツブルグなのです。
ランキングへ>>

Vonzug

各駅停車に乗り、バンベルクを目指します。快速ならもっと速いのですが仕方ありません。
「世界の車窓から」の如く、外の風景の移り変わりを楽しみます。
ブドウ畑が終わる頃、フランケンでもビールエリアである「オーバー・フランケン」「ミッテル・フランケン」に入ってきたようです。

続く>>

*******************
人気blogランキングへ
↑一読されましたら、是非クリックをお願いします。
ランキングのアップにご協力ください。

|

« 空の玄関フランクフルトから==ドイツビール紀行2007(その3)== | トップページ | バンベルクでまず一杯!==ドイツビール紀行2007(その5)== »

013 ドイツビール紀行2007」カテゴリの記事

コメント

ヴュルツブルクの「Wuerzburger Hofbraeu」行ってきましたよ。「Premium Pilsener vom Fass 0.5l 2.90ユーロ」と「Julius Echter Hefe-Weissbier hell 0.5l 3.10ユーロ」を飲みました。まあまあだったかな。

投稿: NORI | 2007年10月 1日 (月) 16時27分

NORIさん>
実はヴュルツブルクの「Hofbraeu」には行ったことがないのです。
写真などありましたら、提供していただけないでしょうか?

投稿: 小林麦酒 | 2007年10月 5日 (金) 06時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 各駅停車からの夕陽==ドイツビール紀行2007(その4)==:

« 空の玄関フランクフルトから==ドイツビール紀行2007(その3)== | トップページ | バンベルクでまず一杯!==ドイツビール紀行2007(その5)== »