ビール都市探訪 Bierreise in Deuschland

※このページは常に最初に表示されるように設定されています。
最新記事はこの下にありますので、申し訳ありませんがスクロールしてください。
「ビールは醸造所の煙突で見える範囲で飲め」
ビール王国ドイツで言われている諺を忠実に守るが如く、ドイツ各地の醸造所を訪問しています

Kulmbach_kommun008_1 ドイツには現在約1300軒の醸造所があり、巨大なビール工場から、家族経営の小さな醸造所まで多種多彩なビールを生産しています。
そんな醸造所には、敷地内やすぐ側にビールを楽しませてくれる店が併設されている事が多く、ここではフレッシュなビールを楽しむことができます。

小さな醸造所の中には、敷地内でしかビールを販売をしていない所もあります。

そんなビールを飲みたい!

Trbgast_005 これらのビールを飲むための唯一無二の方法が「実際に足を運ぶ」ことです。
その思いからビール紀行(ビアライゼ)を始めてそろそろ10年になります。

直営店での樽出しビールのみ。瓶売り無し。
そんな「究極の地ビール」を探して、僕はまた旅にでます。




■ビール紀行(ビアライゼ)について■
醸造所巡りは97年から99年にかけての在独中から始まり、帰国してからも毎年の様にドイツへ出かけてはコツコツと続け、現在350軒ほどの醸造所を訪問し、大小様々な醸造所のビールを味わいました。
それらについては「ビール文化研究所」にまとめてありますが、訪問当時の「旅の記憶」をこちらのブログ機能を用いて書きためていきたいと思います。

■カテゴリについて■
左にドイツを東西南北に分類していますが、おおよその区分でありますのでご承知ください。

201〜のカテゴリは複数の醸造所が存在しており、かつ観光地として名前も知られている都市です。
311〜のカテゴリは小さな都市や集落をまとめてあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

旅の終わりにProst!==ドイツビール紀行2012(その36・最終回)==

>>前回の続き

Dscn5349

バンベルクからフランクフルトへは、直通の列車がほとんど無いため、一度ヴュルツブルクへと向かい、そこからICE(ドイツの高速鉄道)に乗り換えます。
ICEを利用してフランクフルトまではの所要時間は1時間強。席が混み合っている時は、無理に空席を探さずに、食堂車へと向かいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

バンベルクの仕上げにシュレンケルラ==ドイツビール紀行2012(その35)==

>>前回の続き

Dsc_3605

醸造所博物館から出て来ると、さすがにビールが飲みたくなります。
受付のオジサンが言う通り、この街には多くの歴史的な醸造所レストランがありますので、バンベルクを去る前にランチタイム。
市内に住む友人、フランクとベルトラムも合流してシュレンケルラへと向かいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

フランケン醸造所博物館==ドイツビール紀行2012(その34)==

>>前回の続き

Dsc_3666

バンベルクの丘、Michaelsberg(ミヒャエルスベルク)の醸造所博物館にやって来ました。
写真の様な何の変哲もない建物に、小さな看板があるだけの醸造所。

Dscn5311

MUSEUM GEOFFNET(開館中)の看板が出ていますが、実はこの開館時間が僕にとっては微妙・・・・。

水曜日から金曜日は13時から17時。
土日祝日は11時から17時。
多くの場合、僕はバンベルクに宿泊して、日中は9時頃から18時頃まで周辺の集落を巡ります。土日は帰国の途に付くことが多いため、昼頃にはバンベルクを去るのです。
よって、ココの訪問は10年ぶり位・・・・。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

バンベルクの朝==ドイツビール紀行2012(その33)==

>>前回の続き

Dscn5305

ちょっと飲み過ぎた感じの朝。
宿の近くにある老舗パン屋へ「Bamberger Horn(バンベルクのホルン)」と呼ばれるパンを買いに行き、共同キッチンで朝食を摂ります。
ドイツビール紀行2012もこの日が最終日。フライトは夜なのですが、時間的な余裕を持って14時頃の列車でフランクフルトへ向かいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

旅の最後は「Spezialナイト」==ドイツビール紀行2012(その32)==

>>前回の続き

Dsc_3561_2
「遅れるなよ!」
とバンベルク在住の友人から前日に言われたにも係わらず、遅れました。笑

MemmelsdorfからBamberg市内へ、さらに旧市街を突き抜けて丘の上にあるSpezial Keller(シュペツィアル・ケラー)へと向かいます。ケラーとはビアガーデンの意味。
ここは、僕がほぼ毎年訪れている場所で、ビール文化研究所の「定点観測地」のひとつです。

遅れるなよ、とはこのケラーの見晴らしの良い場所を確保するのが難しく、そこをキープしておくから遅れるな、という意味でした。
空席のままにしておくと、もちろん誰かに席を譲らねばならないからです。
幸い、一緒に飲む友人の数が多くて、ギュウギュウ詰めだったため、遅れてもそれほど罪にならず。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トークイベント「ビール都市探訪」