« EKUの街、Kulmbach(クルンバッハ)へ | トップページ | 街道外れの小集落Trebgast »

2006/07/26

街外れの小さな醸造所〜KommunBrauhaus〜

>>前回の続き

Kulmbach_kommun007駅周辺から旧市街にかけて、EKUの看板を掲げた居酒屋やレストランを何軒も見かけた。
街中に地元のビールが溢れるってことが、さすがビール王国ドイツを思わせる。

その醸造都市の片隅に、小さな醸造所があるので行ってみた。

Kulmbach_kommun008ここは数年前まで蒸留酒を生産していたそうだが、設備を投資してビールの生産も始めた。
Kommun Brauereiという名は、どちらかというと地元の醸造連合と言った意味合いが強いが、ここはそのような形態ではない。


Klumbach_kommun002生産量の少ないビールは基本的に近所で消費されている。
ちょうど友人の結婚式に行くのだ、という青年がビールを買いに来た。

開閉式の栓が付いた1L瓶が、木の箱に入っている。
もちろん、箱も瓶も簡単にリサイクルができる。
もらった友人は、空けた瓶を持ってこの醸造所に来ては、新しいビールを交換していくのだろう。

Kulmbach_kommun003昼間からビール漬けの近所のオジサン二人。
何も食べずひたすらビールを飲み続ける。

ちなみに、ここのビアガーデンは、陶器でなくガラスのジョッキであった。




Kulmbach_kommun004_1暑い暑い。
この5月のドイツは暑かった。
オジサンも思わず新聞紙を頭に載せ避暑。

ビールはグビグビと進む。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

続く>>

|

« EKUの街、Kulmbach(クルンバッハ)へ | トップページ | 街道外れの小集落Trebgast »