« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/29

ドイツビール紀行2012更新

Dsc_2660

ドイツビール紀行2012を更新しました。
あれれと言う間に2013年を迎え、あららと言う間に2013年も半分過ぎようとしています・・・・・。

アーカイブの関係で別ブログでの更新となります。
こちらからお入り下さい


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/23

WEBサイト切り替えに伴うご連絡

しばらくWEBサイト「ビール文化研究所」のメインアドレスwww.bierreise.netが表示されなくなります。
週末にできたら切り替え作業をします。

http://homepage3.nifty.com/bier2000/
こちらは有効です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/18

「ドイツビール紀行で見つけた『凄い醸造所』セレクション」

【満員御礼】
おかげさまで、満員御礼となりました。
また次回もよろしくお願いいたします。


「ドイツビール紀行で見つけた『凄い醸造所』セレクション」


来る2013年6月9日に横浜市は桜木町でイベント開催します。

日時 2013年6月9日(日曜) 17:00から(16:30開場)
場所 ビアバー『ブーシェル』
   横浜市西区宮崎町40−2
   TEL:
045-262-0081

行き方 JR京浜東北線桜木町より徒歩5〜10分
会費  6000円(ビール、食事込)
定員  28名(先着順)(残り少し)


参加ご希望の方は直接ブーシェルさんへ
nikunomaruyama(あっと)mvi.biglobe.ne.jp
(あっと)を@に書き換えてお送りください。

今、メニューの打ち合わせをしていますが、なかなかすごい内容です。
僕のトークはともかく(笑)、そちらだけでも価値あるイベントと言えるでしょう。

シュナイダーヴァイスオリジナル樽
ラーデベルガーピルス樽
50リットル飲み放題!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/17

岳温泉の桜並木

0428fukushima1
GWは一日だけモーターサイクル・ツーリングへ。
行き先は磐梯吾妻スカイライン周辺と決め込んで、朝5時に船橋の自宅をスタート。
休憩を2度取りながら、二本松ICまで常磐道経由で辿り着き、岳温泉方面へ。

そこでみかけた桜並木です。
ちょっと葉桜になっていますが、まぁそれも良し。

その後、磐梯吾妻スカイライン方面へと標高を上げていくと・・・・。

続きを読む "岳温泉の桜並木"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

海辺の街、出雲崎

0423izumosaki5

出雲と言っても、ここは新潟県の出雲崎。
先日たまたま通りかかったのですが、何だか格式ある雰囲気を感じて道の駅へ。
資料を読むと、この出雲崎は良寛の生誕地としてだけでなく、佐渡金山から荷揚げ港、北前船の寄港地としての役割もあって、かなり栄え、江戸時代には天領地だった、とのことでした。

美しい街並みと美しい海。
世界に誇りたいニッポンの風景ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/03

青函トンネルを抜けて

0415hokutosei03
北斗星での札幌紀行続き。

青函トンネルの通過は特に意識していなかったのだけど、目覚めました。
時間的に五時過ぎだったので、いつも起きる時間なんです。
窓の外を眺めてボーっとしていたら幾つかのトンネルを通過し、そのまま長いトンネルに。
新幹線用に造られただけあって、とても静かに走りますが、とにかく長い。そのまま二度寝。

そして目覚めたら列車は北海道に上陸して、津軽海峡を眺めながら走行していました。

続きを読む "青函トンネルを抜けて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/02

運河の街のビール

0417otaru14

先日、小樽に行ったついでにビールを少々。
小樽ビールは運河沿いの倉庫街にあるなかなかナイスなロケーション。
ここで、ビールをドイツ人のマイスターによってビールが醸造されていました。

0417otaru15

店内は大きな釜を中心にレイアウトされています。
ベルリンで体験しましたが、これが稼働している時だともの凄い熱気が店内に立ち込めます。
この日、それは無かったのですが、そういう状況も居合わせたお客さんは、ビール作りの現場に直面するいい機会になりますね。(営業中にやるか否かは不明ですが)

0417otaru17

運河を眺めながらビールをグビリ。
入口付近には気軽に飲める席もあったので、地元の方もふらりと来ては飲める環境にあるのかな?



| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »