« スクエア フォトス | トップページ | ブランデンブルク空港 »

2011/02/18

35歳以上が、回る回る

今年で3回目の憂鬱が終わりました。
健康診断です。

炭酸飲んで、気持ち悪いのを堪えながら、真っ白いバリウム飲んで・・・・。
技師さんの指示で台の上で回ったり、回されたり・・・。

密室なので誰に見られる事でもないのですが、情けない姿ですなぁ。

こんな光景が、全国のあちこちで繰り広げられています。
誰か何とかしてください。(笑)

|

« スクエア フォトス | トップページ | ブランデンブルク空港 »

コメント

ゆんさん
源さん

バリウムが残り続ける大きな理由の一つが、
「高額な設備の減価償却がまだまだ終わらない」
というのもあるそうです。

こうしている間にも、誰かが屈辱的な仕打ちを受けているんですねぇ。笑

投稿: 小林麦酒 | 2011/02/26 07:21

私も昨日バリウム検査してきました。大腸のですが。
アッー!
肛門にチューブを挿入されバリウムと空気を注入されながら拷問台の上でのたうち回る様は屈辱以外の何物でもありません。
検査技師が綺麗なお嬢さんでしたが、めでたくもありめでたくもなし。

未だにバリウム検査が主流なのは、人数をこなすのに都合がいいからじゃないでしょうかね。

投稿: 源 | 2011/02/22 12:54

毎日ぐるぐる。

自治体の検診だと胃カメラが選択できる場合がありますね。
我々が老人になる頃にはバリウムは過去の遺物で
胃カメラが標準になるかも…?

費用の問題だけじゃなくて
胃カメラは時間もかかるからなぁ。

投稿: ゆん | 2011/02/21 20:12

ゆんさん>
そうそう、こちらも酒が翌日に残るんですよ。
折り返しですね。

それより、何万という人がバリウム飲んで毎日ぐるぐる回されているかと思うと、もっと医療技術を何とかしてくれ、と思いませんかい?(笑)

投稿: 小林麦酒 | 2011/02/20 08:24

特定年齢以上の検査。
我々もそういう年齢になってしまったのですね(笑)

なんかね、最近、徹夜や連日短時間睡眠の後
回復するのに時間がかかるのですよ。

やっぱり35歳が肉体の折り返し地点なんですかね。

投稿: ゆん | 2011/02/19 13:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 35歳以上が、回る回る:

« スクエア フォトス | トップページ | ブランデンブルク空港 »