« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011/02/28

銀世界

0224akayu

先日通りかかった赤湯近辺の画像。
10年ほど前は、この道を山形方面から南下してきました。

結構時間が掛かったと記憶していますが、あれれバイパスのおかげで結構スンナリと山形まで着くのですね。
日本列島は少しずつ、確実に短くなっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/27

ビール紀行2010更新しました。

Dsc_4680

2010年のビール紀行を更新しました。
ドルトムントからブレーメンへと向かいます。

最近、フランケン地方ばかりに行っていて、北ドイツの方は数年間足を踏み入れていませんでしたので、「これではいけない!」と勝手な使命感(笑)からの訪問を決意したのです。

アーカイブの関係から、こちらでの掲載になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/26

ドイツ語のコツ

ドイツに移籍したばかりの某サッカー選手が、
「ドイツ語の男性名詞、女性名詞に苦労している・・・」
とテレビでコメントしていました。

冠詞。
ドイツ語を学ぶ者がまずブチ当たる壁です。

これを克服するコツは・・・・。

適当に流す事です。(試験が大前提でない場合)
ここで思いきり時間を掛けてしまうと、先に進まないどころかドイツ語そのものを止めてしまう人も多いようです。
ドイツで仕事をしなければいけない彼の場合の様に、止めるに止められない状況ですと、どんどんと進まねばならないので、自然と「流す」ことと思います。

変換の表だけ頭の中に叩き込み、それを確認しながら勉強していると自然と身について来る・・・・・様な気がします。(笑)

以上、実体験より。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/25

福島盆地

福島盆地
東北道を南下中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/24

雪原

雪原
暖かい日ですが、風景は雪国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/23

安達太良山

安達太良山
現在東北道を北上中。山形へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/20

ドイツビール紀行2010更新Recklinghausen

R0018230

Recklinghausenという、あまり聞きなれない場所へと向かいました。
場所的には、現在内田篤人選手が活躍しているシャルケ04があるゲルゼンキルヒェンの北の方になります。
このエリアは炭鉱労働者が多かったためか、産業革命以降ビールの消費量が増大したエリアです。そんな時には蒸留酒を造り続けていたのがこの店でした。
アーカイブの関係で、こちらへの掲載となります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/19

ブランデンブルク空港

Berlin_tor280

asahi.comのニュースより
ベルリンに新空港が来年完成

遷都から既に10年が経とうとしているドイツの首都ベルリン。
新しい空港が完成するらしいです。
現在のシェーネフェルト空港を拡張する形での、新空港でその名も「ブランデンブルク空港」。

フランクフルトをハブに使っているルフトハンザにとって、ベルリンはあくまでドイツ国内の空港でしかありません。
冷戦中、まだ壁が存在していた頃には、西ベルリンが連合国の占領下という事で、ルフトハンザの就航が無かった、というのだから、ベルリン路線を持ってまだ20年も経っていない、と言う事になります。

この事実を差し引いても、ルフトハンザがフランクフルトを離れる事はまずないでしょう。
何度もドイツに行くと分かりますが、フランクフルトの立地は、正にパーフェクトです。
ドイツのど真ん中、どこに行くにも充実した鉄道網のおかげで苦労しません。

取り敢えず、フランクフルトまでの航空券を押さえておけば、旅の当日までじっくりと旅日程を考えることができます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/18

35歳以上が、回る回る

今年で3回目の憂鬱が終わりました。
健康診断です。

炭酸飲んで、気持ち悪いのを堪えながら、真っ白いバリウム飲んで・・・・。
技師さんの指示で台の上で回ったり、回されたり・・・。

密室なので誰に見られる事でもないのですが、情けない姿ですなぁ。

こんな光景が、全国のあちこちで繰り広げられています。
誰か何とかしてください。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/02/17

スクエア フォトス

R0019508

僕がサブで使っているカメラはリコーのGX100。
もう発売から2年ほど経っているので、これよりもずっと高機能のカメラは幾らでもあるんですけどね。まぁ、それは触れないとして・・・。

機能のひとつに「1:1」というのがあります、早い話、真四角に撮れるっていう機能です。

これは名機ハッセルブラッドがスクエアフィルムなので、その雰囲気で撮れますよ、と言う物。
実際撮ってみると、う〜ん、何となく作品チックですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/16

ドイツビール紀行2010更新しました

Dsc_6279

ドルトムント郊外にある、Castrop-Rauxelという街の醸造所を訪れました。
友人宅で飲んでいたら、なぜか「行くぞ」となったので、夜7時からのスタートです。

もっとも、距離的にはかなり近く、また飲んでいない友人の車で移動だったので、
2軒ハシゴしてもまだ10時前に帰ってきました。
アーカイブの関係で、こちらへの掲載になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

雪の都内

朝から雪でした。
まぁ、雪国に行く機会が多いので、大したことないと思っていたら・・・。
やはり雪質が違いますね。

雪国では気温が低いため降った雪はしばらくそのままサラサラですが、
千葉のそれは、ほとんどの場所で既にベチョベチョ。
それでも、日陰の部分は凍結もあります。

駅までの道のりは、ベットタウンらしくアップダウンの繰り返し。
基本、フラットな雪上しか歩いたことがないので、特に下り坂は気を使いながらの歩行でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

新千歳空港

新千歳空港
1日遅れで帰ります。

幸い風邪は引きませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/11

札幌大通り

札幌大通り
夜、ちょっと大通りを散歩。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/10

なう羽田空港

なう羽田空港
労働に励みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

TOKYO REAL ALE FESTIVAL

毎年一度、すみだリバーサイドホールで開催されるエールのイベントです。
2月の3連休の中日が、すっかり定着した感じがあり、僕にとっては冬から春への風物詩となっています。
完全チケット制で、毎年前売り段階で完売となっています。
オンラインでの販売は既に終了しているため、後は協力店での販売分のみになります。
未入手の方は、WEBサイトをチェックしてみてください。

なお、ずっとボランティア参加でしたが、今回は仕事の都合でお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/05

パンあれこれ

R0012618

これはバンベルク市内の小さなホテルでの朝食。
実は、この近くの宿に泊まろうと電話したら、オーナー氏が「う〜ん、取り敢えず来い」と言いました。
そして、行ってみたら
「すまん、やはり一杯だ。キャンセルが出るかと思ったら、出なかったよ。ははは」
と言う事で泊まった近くのホテルです。

宿泊客が少なかったのか、パンが並んだ大きなバスケットはなく、一人用の小さなバスケットに取り敢えず一通りのパンが入れられていた。
ゼンメルと言われる丸パン×2、黒パンのスライス×2、そしてクロワッサン×1。
クロワッサンは何となく形が「バンベルガーホルン」と呼ばれるパンに似ている。

ネタが無いときは、こんな話が続きます・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

The Beatles 'If I feel'

桑田佳祐と竹内まりあのデュエット。

う〜ん、凄い組み合わせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

中華街

中華街
近くを通ったのでちょっとランチタイムに寄ったら、何だか混雑気味。

考えてみれば、今日から春節ではないですか。

中国人で溢れた中華街でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/02

フォントのふしぎ

フォントのふしぎ  ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

勤務先前にある書店は、何故かデザイン関係の書籍・雑誌が充実しており、入口横が常にデザイン・芸術系のコーナーになっています。
そこで手にして購入したのが書体デザイナーの小林章氏の著書「フォントのふしぎ」。
サブタイトルは「ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?」。

僕がフォントを意識したのは10年ほど前。WEBサイト「ビール文化研究所」を立ち上げた時です。(www.bierreise.net)

ブログやTwitterなどがまだ無い頃、WEBサイトと言えば自分でデザインしながら創った時代です。この頃のライダー仲間や旅仲間は、自分の経験したことを表現するべく手段として、自身のWEBサイトを持っている人が多くいました。

ソフトを買ってきたり、頑張ってタグ打ちをしたりと、今日のオンライン上で完成してしまうサイトの様にスッキリしたデザインって訳ではないですが、それらは個性あふれるサイトでした。
僕もそんな一人になろうと、集めてきたビールの情報を整理・公開するためのサイトとして、ビール文化研究所を創りました。
そのデザインの課程で意識したのが「フォント」です。

当時から使っていたのはMacで、かなりの数のフォントが既にインストールされており、それらを色々と試しながらデザインしていました。
その時思ったのが、
「フォントひとつ替えるだけで、なぜこんなに雰囲気が違うのか?」
と言う事でした。

例えば、TOPページにあるこの画像。

Bar_top

クールに見えるデザインにするため、文字をあれこれと入れ替えた記憶があります。
ちなみに、このロゴは全てのページに共通で使用しており、コンテンツによって背景が変わっています。

Bar_braeu1

Bar_reisen

Bar_essen

右側に固定されているのは、3つのグラスとビールです。
黄色いビール、茶色いビール、黒いビールと、ビールも様々な色なんだと言う事を表現した当研究所のシンボルです。

本書の著者は、書体デザイナーとしてドイツで活躍されている小林章氏。
我々が街で目にし、頭に何となく残っている各ブランドのロゴを、専門家の目で解説しています。
そこに使われているフォントの由来、実は微妙にフォントが入れ替わっていたブランドなど、読みながら「へぇ〜、そうなんだ」を繰り返すこと間違い無です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/01

長友 インテルへ

長友、伊強豪インテルへ移籍!!
なかなかビックなニュースが飛び込んできましたね。

80年代に奥寺から始まった海外移籍。
ビッククラブ、それも超ビッククラブへの移籍は、これが初めてではないでしょうか。

ただ、移籍するだけでは意味がありません。
そこでコンスタントに出場し、活躍することです。

それは一流アスリートである長友本人が一番分かっていることだと思います。

若い彼ならば、彼の地で更に飛躍してくれることでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »