« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/30

露出温泉???満願寺温泉訪問

R0015607

九州で立ち寄った満願寺温泉。
写真の様に丸見え温泉で有名な所です。(笑)

底から湯が湧き出ています。
ちょうど地元のオジさんが掃除をしていたのですが、掃除終了後にどんどんと湯が貯まっていきました。
(掃除の時はどうやって湯を抜いたんだ??)

R0015568

湯船からの目線はこんな感じです。

ガードレールがあるからそれほど気になりません。
もっとも、通りかかった人達は何も気にする様子は無かったです。

R0015566

満願寺温泉。華やかな黒川温泉の近くにあります。個人的にはこっちの方が素朴で好きです。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/29

垂井宿

Tarui

関ヶ原から車で10分ほど。垂井宿へ立ち寄ってみた。
もともと街道好きの僕。18切符片手に東海道本線の快速列車でこの地を通るたびに気になっていたのだが、この度念願が叶ったという感じ。

街並はというと、「特別に厚化粧をしている訳ではない街並」という感じ。
残っているものはそのまま。ただし、無理していろいろと金をかけて再建はされていない。
素朴な

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

天下分け目

天下分け目
関ヶ原古戦場にやって来ました。
今やのどかな田園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/27

丘へと続く道

R0015516

九州ツーリングで一番印象に残った道。
どこまでも、どこまでも。
いつまでも、いつまでも。走っていたいと思う道。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

ブラウマイスターと醸造所に入る==ドイツビール紀行2008春編(その61)==

Apendorf_meister001

ブラウマイスターに案内されて醸造所内に入ります。
100年以上前から使っている建物ですが、それ以上の古さを感じますので、おそらくこの一家が買い取る前から誰かがここでビールを作っていたのでしょう。

Apendorf_brauerei005

Apendorf_brauerei009

レンガの土台に据え付けられた釜。
重い荷を担いでこの階段を登るのが大変そうです。

続きを読む "ブラウマイスターと醸造所に入る==ドイツビール紀行2008春編(その61)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

0608ajisai

この季節、空はどんよりとしているのだが、ツーリング中の沿道は鮮やかである。
あちらこちらで自己主張している紫陽花。

以前からの疑問であるが、これって誰かが植えているもの?
国道沿いに植えられている紫陽花なんかは、実は国家の持ち物・・・ってことは寿分にありそう。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/24

馬曲温泉は霧の中

R0015864

黒姫まで行くと、必ずどこかの温泉に立ち寄る。
何と言ってもここは温泉天国。どこに行こうか迷ってしまう。

ここ何回かは山田温泉の大湯へ。
ちょっと進路を北へ延ばし、燕温泉へ行ったこともある。

そして、今回は馬曲温泉へ。
僕自身、3回目の訪問になるのだが、今回は初めての「霧の中」。
絶景温泉もこの霧では全く視界がなく、その風景も楽しめないのだが、実は新たな発見もあった。
それは内湯。

実は、この内湯に入るのは初めてだった。
今までは、絶景を眺めることに精一杯で、実は内湯の存在すら知らなかった(笑)
しかし、今回は「せっかくだからちょっと入って行くか・・・」となったのだが、

いやはや、これが実に良い感じ。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/23

外人ハウスで暮らした

完結していないのに最近さっぱり書いていませんが、
なぜかこのブログ「ビール文化研究所」で掲載していた
外人ハウス暮らし」というコンテンツが未だに人気があります。

「あれ、再開しないのか?」
という声も、何人もの人から頂きました。

そのうち再開します。

まだご覧になったことが無い方は、是非。(>>>「外人ハウス暮らし」

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

旅先の朝は、カメラを持ってGO!!

Dsc_2278

黒姫に限ったことではないけれど、旅先では朝が早い。
カメラを持って夜明けと共にウロウロするのが、これまた楽しいのだ。

冬にはスキー客で賑わうゲレンデへと行ってみた。
前回、秋に来た時には色づきかけた黒姫山を眺めることが出来たのだが、今回は、まぁいつも通りと表現するのが良いのだろう、黒姫山は雲の中。

それでも、朝靄が掛かった幻想的な風景が広がっており、しばし撮影を楽しむ。

ちなみに前回の訪問時こちら>>こちら>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

信濃ブルワリー、堪能。

Dsc_2275

先週の話であるが、ちょっと信濃ブルワリー@黒姫へと遠征。
仲間と共に、ビールで乾杯。

Dsc_2232

Dsc_2242

さて、ここはいつもの事ながら天気が悪い。
地形的に雲が溜まりやすいらしく、晴天に恵まれることなど稀な話。

天気が悪いと思って黒姫を離れると、下界は晴れ間が見えていたりする。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/20

80歳のブラウマイスターと最高レベルの雰囲気==ドイツビール紀行2008春編(その60)==

Apendorf_meister002

Appendorfという集落にあるFoessel Mazour(ドイツ語表記はFößel Mazour)という醸造所のブラウマイスターは80歳(2008年3月時)、という話を聞きやって来ました。
この集落は先ほど立ち寄ったStettfeldから数キロの所にあり、その人口は約200人。1890年創業のこの醸造所で醸される「Lager」のみで、瓶売り無し。
まさにこの集落のオジさん達のためだけに作られているビールです。

そしてこの醸造所、僕が350軒ほど巡ったドイツの醸造所の中でも最高レベルの雰囲気がありました。

Apendorf_brauerei008

手前の建物が食堂兼民宿(Brauerei Gasthof/ブラウエライ ガストホフ)で、道を挟んで奥に見えるのが醸造所です。

先日は、ここでブラウマイスターの80歳を祝うパーティーがあったらしく、近隣のビール関係者も多く訪れたとの事です。

Apendorf_brauerei005

ここは正にドイツの田舎街にある昔ながらの醸造所。
小さな醸造所の横には地下室「Keller(ケラー)」が掘られ、ここでビールが貯蔵されています。
<続きは下をクリックしてください。写真が多いとトップページ表示に時間がかかるため、分割しています。ご理解のほどを。>

続きを読む "80歳のブラウマイスターと最高レベルの雰囲気==ドイツビール紀行2008春編(その60)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/19

阿蘇、グルリ

R0015510

阿蘇を南から東周りでグルリと一周。
広域農道を走っていたら、途中でこんな風景に出会った。

R0015513

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

地鶏を食べる@阿蘇

R0015502

5月1日。

昼食に入った店。
「混み合って来ましたら相席になりますけど・・・」
店内は座敷のみで全てが囲炉裏席。
ここで狩場定食なるものを注文。

R0015500

メインとなるのは地鶏。これを目の前にある囲炉裏で焼く。
その他に名物の団子汁なども付いて1800円くらい。
ジュウジュウと音を立てている地鶏を食べつつ、焼酎を引っ掛けたくなるのだが、ライダーはさすがに飲めない。

R0015503



*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/17

火の国は水の国

Dsc_2176

5月1日は阿蘇を満喫。
阿蘇山を観た後に南下し、地獄温泉を楽しんだ。
阿蘇の南側を走る325号線を東に走っていると、あちこちに水源の文字が見えてきた。

なるほど、ペットボトルでも販売されているが、南阿蘇エリアは名水のが多いらしい。

そのうちのひとつ、白川水源へ。
ひっそりとした森の中かと思いきや、駐車場では何人もの交通整理がおり大混雑。

Dsc_2172

しかし、水汲み場は蛇口ではなく川そのままなので、特に並ぶこともなく持参の水筒に給水。
温泉の後に飲む水を確保。

大きな地図で見る

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

Adler Braeu で賄い飯を頂く==ドイツビール紀行2008春編(その59)==

Stettfeld_adlerbraeu

続いて訪れたのは、隣村StettfeldにあるAdler Braeu(アドラーブロイ)。
アドラーとは「鷲」の事で、あちこちで店名に使われることが多いのですが、系列店と言う訳ではありません。

Stettfeld_adlerbraeu007

この醸造所の創業は1730年。確かに古い店なのですが、先ほど寄ったZeil am MainのGoellerは1514年創業と、ここ周辺にはこの程度の古さの店はゴロゴロしています。
写真の右半分がおそらく醸造所として使われていたスペース。

続きを読む "Adler Braeu で賄い飯を頂く==ドイツビール紀行2008春編(その59)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/15

現在、富士山静岡空港

現在、富士山静岡空港
ちょっと夕涼みに来ました。

19時半の福岡からの到着便が最終のようです。

閑散としてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/14

飯山にて

飯山にて
蕎麦屋で一杯。

地酒が充実した店。
ストライク!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

現在、信濃ブルワリー@ 黒姫

現在、信濃ブルワリー@<br />
 黒姫
今年初めての信濃ブルワリーです。
ただいまビールを堪能中!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/12

阿蘇周遊

Dsc_2134
GWの九州ツーリングの続き>

何と珍しことか、阿蘇はスカッと晴れました(笑)
一日かけて阿蘇周辺を走ります。
どこを走っても何だかとっても美しく、ついついバイクを停めて写真をパシャ。
こっちで停めて、あっちで停めてパシャ、パシャ、パシャ。

Dsc_2145

草千里。
ここだけ見れば、延々と続く荒野のようですが・・・・。
それを差し引いても美しい風景です。

続きを読む "阿蘇周遊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/11

嬉しいことに、日本では本格的なドイツビールが飲める!

僕がドイツビール紀行をするのは、ビールを飲むことよりもむしろそれを取り巻く文化環境に対して興味があるためです。
ビールはもちろん美味しいのですが、はっきり言って美味しいドイツスタイルのビールは日本製でもたくさんあります。

そんなビールの中のひとつが盛岡のベアレン醸造所。
地域に根付いているところなんか、まさにドイツの小さな醸造所と同じです。

毎年何種類も発売されるビールの中で、僕が特に楽しみにしているのがこれ。

夏のヴァイツェンが来た。

【6月22日以降発送】ベアレンビール2種6本詰め合わせセット  【送料無料】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

Zeil am MainからStettfeldへの畦道(?)と城跡==ドイツビール紀行2008春編(その58)==

Ebelsbach004

Zeil am Mainからは自転車でバンベルク方面へと走ります。
途中の村々には、小さな醸造所がポツポツと点在していますので、これらでちょっとずつビールを味見(たくさんは飲みません)し、醸造家達と話をしながら進みます。

Ebelsbach003

写真はZeil am MainからStettfeldへと向かう途中にある村「Ebelsbach」。
ただ通りすぎただけの村なのですが、何と何と・・・

続きを読む "Zeil am MainからStettfeldへの畦道(?)と城跡==ドイツビール紀行2008春編(その58)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

大観峰からの夕陽

Dsc_2119

出水から一気に阿蘇へ。
途中、部分開通している高速道路が無料。さらに熊本インターを五時数分のところで出たため通勤割引が適用されて半額。
夕陽に間に合うかな、っとちょっと心配だってのですが何とか間に合いました。

場所は阿蘇観光のハイライトとも言える大観峰。
一日の終わり・・・にはならず、ここから宿へカルデラ内を移動・・・

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

みんなにこんなに感謝された日

昨日の記事の通り、週末は箱根に行っていました。
そこでみんなが僕を笑顔で迎えてくれます。

人によっては握手なんてしてきて。

「いや〜小林君。バイクで来なくて本当にありがとう!おかげで晴れたよ!!」

実は、会社の皆さんもこの日はゴルフだったらしく、今日出勤したら
「いや〜小林君。君が週末バイクに乗らなかったから晴れたね。実に気持ち良い週末だったよ!」

あちこちで皆に感謝された日でした。(笑)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

芦ノ湖

芦ノ湖
年に一度の芦ノ湖。
仲間との再会。大いに飲んで笑って歌った芦ノ湖でした。

バイクで行くのを止めたら、天気はどんどんと回復し、皆さんに感謝されました。
何だか複雑な思いです(笑)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/06

棚田

棚田
近くにある棚田の風景。
だんだんと緑に覆われて行く様子を見るのが楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/05

ちょっと変わったビールグラス@Zeil am Main==ドイツビール紀行2008春編(その57)==

Zeilammain

フランケン紀行もやっと最終日。
この日は自転車を列車に載せてバンベルクから30kmほど離れた町へと移動。
そこから集落を巡りながら帰って来る、という予定です。
実は、このルート上には(・・と言うよりも何処でも)小さな醸造所がある集落が多いのです。

まず訪れたのはZeil am Mainという小さな都市。
2001年に訪れたことがある醸造所、Brauerei Goellerへの再訪問となります。

前回は友人の友人でZeil在住の人に連れられて行ったのですが、今回は自力。
駅からの道のりは如何に?と思っていたのですが、何とまぁ親切な看板がありました。

Zeil_state002

これを辿って行けば、醸造所へと導かれます。
そして、無事に到着。

Zeil_goller002

5


続きを読む "ちょっと変わったビールグラス@Zeil am Main==ドイツビール紀行2008春編(その57)=="

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/04

足下からコンコンと

R0015441

温泉に詳しいビール仲間のもるとゆさんから教えてもらった温泉。
出水にある湯川内温泉。
県道を離れた一本道を走ると行き止まりで、そこにある一軒家がそれ。

湯船の底からコンコン、ポコポコと湧き出て来る温泉。なんだか足下がくすぐったい。
ビックリしたのはそのお湯の美しさ。
山の中だけどマリンブルー!!

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/03

何を食べるか、食べれるか?

Dsc_1363

ドイツビール紀行に限ったことではないが、旅先で何を食べるか、というのは重要な話。
ドイツ旅行だと、余程意識しないとソーセージやシュニッツェルのオンパレードになってしまう恐れが多いにある。

メニューを読むのが、または解読するのが面倒くさい、というのがその理由だが、小さな食堂なんかだとソーセージしかない、なんて事はよくある。(笑)

写真はそんな旅の途中で出会った食事。
よく見るとチキンが串に刺さっている。
つまり、焼き鳥だった。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/02

ビアジョッキ ラック

Muehrendorf_krug

あちこちの醸造所に置かれているジョッキのラックを見て回るのも面白い。
写真はバンベルクの南、10数キロの所にある集落の小さな醸造所のカウンター中。

ニョキニョキと突き出た棒に刺さるジョッキの数々。
ほとんどが蓋付き。

これらは常連さん専用ジョッキ群で、デザインも様々なんだけれど、大きさも様々。
会計時はどうするんだ??

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

川内高城温泉へ

Dsc_2091

九州に行く前から、ちょっと気になっていた温泉がここ。
川内高城温泉。

なんだか鄙びた感じが、何とも僕の好み。
阿久根に泊まった翌日、ちょっと戻る形になるが立ち寄ってみた。
ここで、なぜか関東在住のもるとゆさんと「合流」(笑)

続きを読む "川内高城温泉へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »