« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/31

桜の話

0405oosuka001

毎年思うのだが、桜ってなんて素敵な時期に咲くんでしょうね。
3月の卒業。それに続く入学。
何だか節目節目に桜があったような気がします。

0405school001

桜に関しての歌もたくさんありますね。
最近は、iPodのプレイリストに桜関係の歌を集めては楽しんでいます。

さて、この桜。
はかない物なんだけど、それに合わせて旅をする、という楽しみもあります。
桜前線を追いかけて。追いかけて。

この春、あなたはどんな旅をしますか?

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/30

城壁の町へ==ドイツビール紀行2008春(その43)==

Sesslach_burg001

バスで向かった先はSesslach。Coburg郡に属するフランケン地方の小都市です。
はっきり言って全く無名の町なので、あまりマークせずにやって来たのですが、町外れのバス停から町へと至る道は、城壁に沿っています。
そして、グルリと囲まれた城壁の中には中世の町並みが広がっていました。
それも、観光用に整備されている訳でもなく、普通に市民が暮らす町並みです。

Map_sess

この町の写真を少し貼っておきます。
どうぞご覧ください。
なかなか素敵な町でしょ??
↓↓(毎度の事ですが、ブログトップの負荷軽減のために、「続き」より先に掲載します)

続きを読む "城壁の町へ==ドイツビール紀行2008春(その43)=="

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/29

櫻の木の下には

R0015218

まだ五分咲き程度であったが、お気に入りの桜並木のある身延線の某駅まで行ってみた。
来週末辺りだと、完全に桜が空を覆っていることだろう。

今週末のツーリングは、冬のツーリングだった。
山の近くでは、少しの時間だが、みぞれ混じりの雨に降られたし、グリップヒーターもオンの状態で走る時間も多かった。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/28

垂れ桜

垂れ桜
山梨県南部にて。

小さな神社に素敵な垂れ桜を見つけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/27

しぞ〜かの深夜は「あみ焼き弁当」!!

Amiyaki

おでんを食べたり、鰹を楽しんだりと静岡市内で飲む事があるが、最後に無視できないので両替町名物「あみ焼弁当」である。

深夜でもついつい買ってしまう。
そのまま電車の中で食べちゃうこともあるし、持ち帰って翌日の朝飯となることもある。
ただし、一緒に付いて来るサラダは、その日のうちに食べた方が良いみたい。
翌日だと、キャベツが苦くなっちゃう。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/26

バンベルクからコーブルク。さらにバスに乗って==ドイツビール紀行2008春編(その43)==

Zug003_2

さて、翌日。
バンベルク中央駅からショートトリップに出かけます。
行き先はSesslach。
直線距離はたいしたことないのですが、公共交通を使うとなると、一度Coburgまで行かねばなりません。
そこから田舎のバスに乗り換えてアクセスします。
一度チャレンジしたのですが、過去バス停が分からずに乗り遅れたことがありました。
今回は、前回の失敗からバス停の把握していたのですが。。。。

続きを読む "バンベルクからコーブルク。さらにバスに乗って==ドイツビール紀行2008春編(その43)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

石畳の坂道

Ishidatami

ヨーロッパの街は石畳が多いのだが、やはり首都クラスになるとそれはずっと少なくなるような気がする。
石畳であっても、ある程度しっかりと整備されており、フラットな路面は歩き良い。また自転車で走ってみてもデコボコ感はあまり感じられない。

写真はクロアチアの首都ザグレブでの一こま。
国会議事堂のすぐ近くの坂なのだが、このデコボコさである。

石畳を実感するには、最低でもこの位のデコボコ感がなければ!
っと思うのは、僕だけ?

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/24

バンベルクを歩くためのビールチケット

Bamberg_bierticket

実は、バンベルクにはこんな物があります。
川の右岸側と左岸側に5カ所づつある醸造所でハーフリッター1杯ずつが飲めるチケット。
これに、醸造所マップと特製ジョッキ、さらにリュックサックまで付いてます。
詳細は明日、加筆します。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

1536年創業の醸造所で楽しむ贅沢な寝酒@Spezial Rauch Bier==ドイツビール紀行2008春編(その42)==

Spezial001

朝、宿の引っ越しから始まった本日の行程。
一旦宿に帰ったら、なぜか寝ていました。
バンベルクにいて、夜をうつろうつろと寝ているのは、実にもったい無い!、と言う事で、近くにある醸造所Spezial Brauereiへと行ってみました。
よく考えてみたら、昨日の夜もこの店で飲んでいたような気がしますが。

まずは定番のラオホビールを注文します。
応援よろしくです。人気blogランキングへ

続きを読む "1536年創業の醸造所で楽しむ贅沢な寝酒@Spezial Rauch Bier==ドイツビール紀行2008春編(その42)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/22

ある醸造家を探し求めて、ドアをノックしてみた==ドイツビール紀行2008春(その41)==

Bamberg_landschaft002

バスを途中下車し、Stefensberg方面へと歩きます。
過去、何度も迷った道なのですが、今ではすっかりと歩けるようになりました。

ここにはラオホビールで有名なシュレンケルラ醸造所があり、またその裏山には幾つかの大きなビアガーデンが存在しています。
ひとつはバンベルクの中でも一二の規模を誇るWild Rose Keller
そして、僕が「世界で一番美しいビアガーデンのひとつ」と表現しているSpezial Kellerがあります。

ただし、この日は偶然どちらも休みで、残念ながらビールにはありつけず。

ただし、今回の目的は他にありました。
ある男を探していたのです。

続きを読む "ある醸造家を探し求めて、ドアをノックしてみた==ドイツビール紀行2008春(その41)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/21

常滑。再び。

常滑。再び。
ちょっと常滑にやって来た。
この前に来たばかりの気がするが、まあいいや。
週末、晴れ、と言うことで散歩道は結構な人出。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/20

夢咲牛

Yumesaki

ご当地ブランドがあちこちに存在しているが、これもその一つ。
地元の農協が発信する夢咲牛である。

あんまり肉については詳しくは無いけれど、美味いということは十分に分かった。
これを七輪で焼いてパクリ。
そして、ビールをゴクリ。

ウ〜ン、ううう美味い!!!!

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

バンベルク郊外Debringの小さな醸造所==ドイツビール紀行春編(その41)==

Debring003

続いてバスに揺られてやって来たのは隣の集落Debringです。
バンベルク郡下のStegaurach地区に属する集落で、その人口は500人ほど。
幹線道路B22号線沿いにあり、結構な交通量のある集落です。
目指した醸造所兼レストランBrauerei Müllerは、そんな幹線に面したところにありました。
創業は1699年です。こんな小さな集落にこんな老舗がゴロゴロしているのだから、フランケンのビール紀行は止められません。
そして、年間1000hlほどを生産するこの小さな醸造所のビールを飲めるのは、この醸造所に併設された店のみ、という「究極の地ビール」です。

<地図の下に続きあります>
人気blogランキングへの投票もよろしく

_map

続きを読む "バンベルク郊外Debringの小さな醸造所==ドイツビール紀行春編(その41)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/18

電熱線ビール!!==ドイツビール紀行2008春(その40)==

Mhlendf014

フランケン地方を歩いていると、よく目にするのは、何と電熱線。
ビールサーバーの横におかれているのです。

これ、実はビールを暖めるための道具なんですね。

Muehlendorfの醸造所Muehlenbraeuのカウンターにもそれは置かれていました。
ビールの注文が入るとこれをグラスに突っ込んでジジジジジジ。。。
どれほど熱するのかは不明ですが、ホットビールの完成です。

続きを読む "電熱線ビール!!==ドイツビール紀行2008春(その40)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

的矢の朝日

Dsc_1734_2

先日、携帯からもアップしたけれど、伊勢参りのついでに朝足を延ばした的矢。
雲がかかっていてあきらめていた朝日を見る事ができた。

湾内だけあって、波はとても静か。
朝、漁村に行くと活気があることが多いが、ここは牡蛎の養殖が多いためか、漁船が行き交うという風景は見られなかった。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

ビールを求めて路線バスの旅==ドイツビール紀行2008春(その39)==

_map

ZOBというのはZentral Omunibus Bahnhofの事で、訳すと中央バスステーテョンとなります。
さて、この日の午後はバンベルクのZOBからバスに乗り、ちょっと郊外の集落を目指しました。

バスの路線地図と醸造所マップを重ねながら見てみたら、グルリと周遊するバスの中には小さな醸造所がある集落を回る路線も多くあるのです。
一時間に一本の路線ですが、一軒でビールを一杯飲み、1~2時間後に来るバスに乗れば良いわけです。

今回の旅はMuehlendorfとDebringという共に小さな集落へ。市バス12系統に乗って出発します。

Bus

ZOBを出発したバスはまずは旧市街の細い路地をくねくねと走り、やがて郊外へと出ます。一方通行が多いため、かなり遠回りをしている感じ。
帰りも同じバスなので、じっくりとコースを見ていると、丘の上にある醸造所Gleifenklauなどの前も通っているではありませんか。
帰路の寄り道がこの時点で決定。

続きを読む "ビールを求めて路線バスの旅==ドイツビール紀行2008春(その39)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/15

的矢

的矢
牡蠣で有名な的矢まで、ちょっと写真を撮りに。

路地のいりくんだ小さな漁村。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/14

伊勢角にて

伊勢角にて
まずはペールエール!

ゆっくりビールを楽しみます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

浜名湖

浜名湖
東からやって来る親類と合流。

さらに西へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一路西へ

ちょっと西へと向かいます。
車です。
雨だから車にしたのではなく、最初から車です。(笑)

家族旅行なんですが、その行き先は。。。。

途中経過は順次アップしますのでお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/13

3月13日の朝○新聞にドイツの広告記事

Stephankeller

本日の朝刊にドイツの広告記事が。
文章はドイツ人の方が書かれていますが、実は、ヴァイエンシュテファンとソーセージの写真は僕が撮影した物です。

ビールの写真、ビールを飲んでいる人たちの写真、ドイツビールに関する記事など、ビール文化研究所へご用命くださいませ。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/12

「かき揚げ」という小宇宙

Kashima3

桜えびのかき揚げ。
言わずと知れたしぞ〜かの酒飲みの友。
これがまた美味いのだ。

そろそろ春漁の時期となり、生桜えびが出回るようになるが、由比出身の知人によれば、釜揚げやかき揚げと言った物の方をよく食べる、と言う。

まず生桜えびは、桜えびが偉い(笑)
それに対し、釜揚げやかき揚げはそれを加工する人の腕前による。

この匠の技を味わうのが、釜揚げやかき揚げの楽しみなんだとか。

ちなみに、酒は正雪。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/11

旅する力 深夜特急ノート

それが僕のバイブルと言うわけではないけれど、その後の旅に少なからず影響を与えた本であることは間違い無い。

僕が沢木耕太郎氏の「深夜特急」を手に取ったのは確か1995年の事。
シンガポールに駐在していた従兄弟の家に転がり込んでいた時、彼が差し出したのがこの本だった。

文庫本にして6冊。
これを僕はシンガポールのホーカーズセンターで読み、ジョホールを越えてクアラルンプルへと向かうマレー鉄道の2等座席で読み、リゾート開発が始まり掛けていたサムイ島のビーチで読み、メコンの流れの向こうにラオスを見渡す国境の街ノーンカイで読んだ。

そして、最後のページを読み終わったのは、バンコクの旅人街カオサンロードにあった「Dior」というゲストハウスのベンチだと記憶している。

マレー半島を旅しながら読んだ深夜特急。
話はここからインド、さらに西へ西へ、と続いていったのだが、少なからず僕は影響を受けたのだろう。
その半年後にはインド・ネパールを旅することになった。

あれから知らぬ間に15年が経っているようだ。
先日、本屋の一角に横積みされていたのが、同じ沢木耕太郎氏の作品である「旅する力〜深夜特急ノート」。さっそくジャケ買い。

それは、その旅を振り返ったようなエッセイのようであり、またこれから旅立つ人へのメッセージのような本であった。

ただし、彼と同じ様な旅に限った訳ではなく、ちょっと日常を変えてみないか、というもっとライトなメッセージである。
隣町であってもワクワクすることもあるし、通勤経路を変えるだけで新鮮な発見があったりする。

そう思うと、僕は毎日旅人でいられる気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/10

半島ツーリングの後、常滑でランチ。。。。

Kanda_2

知多半島ぐるっと一周ツーリングのゴールは常滑。
一番の目玉である「散歩道」には多くのクリエーターが集まっているが、友人達が様々な店を開いている。
よって、ツーリングの時のみならず、沖合に浮かぶセントレアを利用する際にも、時間の許す限り立ち寄るお気に入りのスポットだ。
今回は、友人夫婦が営む「神田百貨店」でランチ。
港町をぐるりと巡って来たんだけど、そのランチは。。。。

 

続きを読む "半島ツーリングの後、常滑でランチ。。。。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/09

久しぶりに居酒屋三昧

Kashima2

土曜日は友人達と静岡市内の居酒屋へ。
美味しい魚と静岡の地酒が楽しめる鹿○屋へ行ってきた。

まずは鰹!
これで酒が磯自慢、正雪、國香と揃っているから堪らない。
鰹を一切れ口に入れて、正雪の純米吟醸をチビっと。
う〜ん、美味い!!

続きを読む "久しぶりに居酒屋三昧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

沼津で満喫中。

沼津で満喫中。
タップルームに来ています。
美味しいビールを満喫中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

熱帯のタイガービール

R0013669

写真はハノイの街中で撮った一枚。
ベトナムといいつつ、ビールはシンガポールのタイガービールである。

このビールに限らず、熱帯の国のビールは暑い所で飲むと美味い!!!

その昔、東南アジアをフラフラと旅していた頃、毎晩の晩酌はタイガービールかタイのシンハービールだった。

露店のおばちゃんが作る辛い料理を、ビールでグビグビと流し込み、様々な国籍の旅人達と夜遅くまで旅の話をしていた。

インドの何処が良かった。
ネパールの何処に行ったらこの宿へ行けよ、安くて良いぞ。
なんて話を聞きながら、フムフムとメモを取ったりしてね。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

Kloster Braeu(クロスター醸造所)で楽しむ極上ビールと郷土料理==ドイツビール紀行2008春編(その38)==

Dsc_7488bierreise2008

5月のフランケンを旅する楽しみは、Mai Bock(マイボック=5月ボック)と呼ばれるシーズンビールを飲むことです。
ここクロスター醸造所でも4月から5月に掛けてはマイボックが登場します。
麦汁濃度が高く、よってアルコール度数も一般的なビールに比べて高い7%程のビールで、そのドッシリとした飲み口は空腹にエネルギーを与えてくれそうな感じがします。
今回注文したのはボックの中でも黒いSchwaerzlabock(シュバルツラボック)(0.5L/2.9Euro)。
朝一番のビールとして、相応しいか否かわかりませんが、良いんです。僕はあまり順番という物を気にしません(笑)
↓↓まだ続きます↓↓

続きを読む "Kloster Braeu(クロスター醸造所)で楽しむ極上ビールと郷土料理==ドイツビール紀行2008春編(その38)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/05

漁港の風景

Chita2

師崎というと、朝市と名鉄フェリーの乗り場などが思い浮かぶのだが、こんな町並みもあった。
細い路地に釣り船屋の看板。そしてやはり猫がいる。

Morozaki

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/04

じゃこソフト

Jyako

知多半島の先端、師崎港の近くで見つけたソフトクリーム、「じゃこソフト」。

御前崎に「シラスソフト」は既に知らすが練りこまれた物であるが、こちらは「じゃこ」と「じゃこせんべい」が載った物。

それも「じゃこ」は二段!!!
食べているうちに中から出てくる!!

 

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/03/03

美味しいレバーケーゼを発見

Wuerst

ドイツビール紀行で食べることが多いソーセージ類。
お土産として持って帰って来る訳にもいかず、話だけで終わってしまうことが多いのだが、最近は本場で修行したソーセージ職人が多く活躍しており、我々を楽しませてくれる。

うれしいことに、家から車で30分ほどの所に美味しいソーセージ工房ができた。
以前から噂は聞いていたのだが、今回初めて訪問。
ソーセージはもちろんだが、この店のレバーケーゼが絶品!!

レバーケーゼについては、こちらを参照。

美味しいヴァイスビアと一緒にぜひ食べたい!!

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

4年目の愛車BMW R1100GSで走る知多半島

1100gs_chita

旅の相棒であるBMW R1100GSがこの三月で4年目を迎えた。
大きなトラブルもなく、快適な旅を保証してくれる、まさに「旅するモーターサイクル」である。

1100gs_chita2

1100gs_chita3

さて、週末はその愛車を伴って知多半島を一周してきた。
静岡からだと遠いようで近い、近いようで遠い、小さいようでなかなか大きい知多半島は僕の好きなツーリングスポットの一つ。

今回の目的は、師崎港の朝市。以前昼過ぎに通ったときは片付けの最中だった。リベンジすべく向かったのだが、到着目標は午前11時と朝市目的の割には遅めなのは仕方ない。その様子は後日アップの予定。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/01

知多半島を南下中

知多半島を南下中
愛車BMW,R1100GSを駆っての半島ツーリング。

愛知県らしくコーヒーにモーニングが付いてきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »