« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

冷麺!!!

盛岡での最大の楽しみは、これ!

Reimen

この一杯のために盛岡までやってきました。

Yakiniku

まあそのほかにも、焼き肉、ご飯(2杯)など。。。。。
これで2008年も無事年が越せます。
また来年も食べにくるぞ!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ビアパブ ベアレンへ

R0014914

開店以来なかなか足を運ぶことができなかった盛岡の「ビアパブ ベアレン」。
食事の前の散歩がてら、いってみた。

ここで盛岡在住の小説家であり、オートバイを通じて僕に東北の良さを教えてくれた、斉藤純さんと合流し乾杯。(年末のお忙しいなか、ありがとうございました)

続きを読む "ビアパブ ベアレンへ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/30

東北道、北上中

東北道、北上中
一路、北へ!

鳴子温泉は雨でしたが、高速道路に乗ったら晴れてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/29

一路、北へ。

一路、北へ。
現在地、安達太良パーキングエリア。

四時間程仮眠しました。
さあ、出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/28

朝、マック

Mac_morning_2

朝、一番に行うことはマックを開くことかな。
コーヒーのみながら写真の整理をしたり、ブログを書いたりと、なかなか充実の時間。

これぞ、朝マック(笑)。

ちなみに、コーヒーは袋井にある「まめやかふぇ」で毎度購入している物。

ミルで豆を挽きながら部屋を暖め、ゆっくりのんびりと淹れるコーヒー。
休日の朝はここから始まる。(平日も変わらないか・・・・)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/27

大海原

Dsc_1312

西伊豆、宇久須港を見下ろす仁科峠近くの牧場の家。
ここからの眺めも好きな風景の一つ。

特に冬はすっきりとした空の下、対岸まではっきり見える。
その対岸、すぐ手に届きそうなんだけど届かない。

我が家は対岸の山のすぐ後ろなので直線距離は短いのだが、ここから帰宅まではまだまだ数時間を要するのだ。

夕日なんて見た日には、フェリーも終了して真っ暗な山道を延々と走ることになる。(笑)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/26

進まない!しまなみ海道自転車紀行。。。。。

Shimanami014

2003年の年末に行った「しまなみ海道自転車紀行」が途中のままです。

ちょっと整理してみると、以下の物が途中のままになっている模様。。。

・ドイツビール紀行2006秋(クロアチア紀行の続き)
外人ハウス暮らし ・・・このシリーズはなぜかとても人気があったんですね(笑)

まだ読んだことが無い方は、↑をクリックしてお進みください。
文字だけなので、軽いです。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/25

遠い遠いブリュッセルの記憶を辿る==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その23)==

Dsc_7375bierreise2008

初めてブリュッセルを訪れたのは、10年ほど前の事。
まだドルトムントに住んでいた頃に、遊びに来たデュンケルと共にビールを飲みにやって来たのです。

その時は、今日ほど情報もなく、ガイドブックに載っていた醸造博物館を見学していたのですが、そこで出会ったオジサンが
「美味しいビールが飲める店を教えてあげよう」
と僕等を外へ連れ出しました。

まぁ、博物館の人とも親しそうに話をしていたので、怪しい人とは思わなかったのですが、連れて行かれたところがちょっと怪しかったのです。

続きを読む "遠い遠いブリュッセルの記憶を辿る==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その23)=="

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/24

クリスマス@BAMBERG

Bamberg_dom

写真はバンベルクの大聖堂。
バンベルク近郊に住んでいる友人は、毎週日曜日にここを訪れて祈りを捧げているというが、彼とその家族は今頃ミサへと向かっているに違いない。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/23

一杯のビール

Bam_herrenpils

バンベルク市内のBrauerei Keesmanにて。
一杯のピルスナーをゴクリ。

フランケン地方はバイエルン州の北の端。
また、チェコとも国境を接しているせいか、ピルスナーを醸造している所も多い。

飲み飽きしない、一杯のビール。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/22

英語の授業を英語で、ということらしい

こんなニュースがありました。

賛否両論ありそうですが、実は僕、英語ではなくドイツ語の授業をドイツ語で受けていました。
なかなかイメージが湧かないかもしれませんが、初日のABC・・・の時から日本語一切無しの授業です。

カードを使ったり、イラストや絵本など、やっていることは子供と一緒。
当然先生もドイツ人ですから、間違った発音で覚えることはありません。(多少の方言はあれど)

これは日本国内の語学学校での話ですが、ドイツではもちろん全てドイツ語。
上のクラスになってくると、「母国語の辞書の持ち込み」は禁止となり、「独独辞典」を片手に勉強をするのです。

さて、こんな勉強を続けて得たことはというと。
「ドイツ語を話している時は、頭がドイツ語の思考回路になる」ということです。
つまり、いちいち日本語に翻訳なんかせずに会話するようになります。
(ただし、僕は通訳さん達のレベルでは到底ありませんが・・・・)

そして、最大のデメリットも!
「和文独訳」「独文和訳」が上手く出来ません(笑)
そうです、このトレーニングというのを一切やったことがないんですね。実は。

要点を訳してまとめる。
結局は日本語力に頼ることになります。

だから、国語の授業が重要であることは、間違いないでしょう。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/21

道を歩く

Weg001

海外旅行に行くと、やはり都市部を巡ることが多いせいか、田園地帯を歩くということが無い。
ヨーロッパなんかだと、大体どの街も、少し町外れに出るとそんな田園風景の真ん中に放り出される感じなので、実に楽しい。

何にも無いような道なのに、なぜか犬の散歩をしている人がいる。
どこからとも無く、自転車を漕いでいる人がやって来る。

あちこちにベンチが置かれているのは、その需要が高いからであろう。
僕もベンチに腰掛けて、水を飲むし、時々昼寝をする。


*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/20

見学の後に、ビールを試飲@カンティヨン==ドイツ・ベルギービール紀行春(その22)==

Dsc_7372bierreise2008

ランビックの醸造過程を一通り見学した後に、試飲コーナーでビールをいただきます。
酵母が住み着いた空間で、このビールを飲むのだから、何だか全身でビールの美味しさ、ありがたさを浴びる感じがします。

ただ、ここはパブではないので、ガブガブと飲むわけには行きません。
一人、ノンビリと一杯のビールを楽しませていただきました。

そうしていると、見慣れた顔(?)が。

続きを読む "見学の後に、ビールを試飲@カンティヨン==ドイツ・ベルギービール紀行春(その22)=="

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/19

Cantionへやって来た(追記、加筆のコメント多数お待ちしています)==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その21)==

Cantion2

アントワープから首都ブリュッセルへ。
実はここブリュッセルに来るのは3回目なのですが、あんまり醸造所巡りみたいなことはしていませんでした。ちょっとその辺のカフェでビールを楽しむ程度です。

しかし、今回は久しぶりのブリュッセルと言うこと、情報をしっかり持っていたこともあり南駅から一路カンティヨン醸造所に向かいます。

カンティヨンはランビックで知られる名門醸造所。
もっと郊外の村にあるかと思ったら、下町情緒溢れる場所だから、驚きです。

続きを読む "Cantionへやって来た(追記、加筆のコメント多数お待ちしています)==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その21)=="

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/18

冬の北海道

Hakodate_eki

何年か前の年末、北海道へ行った。
元旦限定で全ての列車に乗れる切符を使って、朝一番の東北新幹線で八戸、そして函館へ。

久しぶりの北海道上陸。
北海道ってところは広い大地だから、函館に行っただけでは、文字通り「上陸」。
ただし、青函トンネルを通って来たのだから、上陸っていう表現はちょっとおかしいかな。

Hakodate_kirch002

寒かった。
ただし、曇っていたので本来の寒さではないかもしれないけれど、温暖な静岡育ちの僕には充分に寒かった。
そんな中・・・・・


続きを読む "冬の北海道"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/17

アントワープで空振り!!==ドイツ・ベルギービール紀行(その20)==

Dsc_7309bierreise2008

翌日、アントワープ市内をフラフラと散歩。
スッキリと晴れた青空に、大聖堂の白い大理石が眩しく映ります。

黒ずんだ迫力のあるケルン大聖堂を見慣れているせいか、白亜のドームに最初は戸惑いましたが、街のどこからでも見えるこの「白」は、慣れてくるに従ってその美しさに溜め息が出ます。

続きを読む "アントワープで空振り!!==ドイツ・ベルギービール紀行(その20)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

アントワープで楽しむ高濃度ビール==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その19)==

「Huisbrouwerij T’Pakhuis」の続き。

Web7167

さっそく、この醸造所でビールを楽しむことにします。
多種多彩なビールが揃うビール王国ベルギーですが、この店のビアリストに書かれているのは、以下の三種類。

Antwerp Blond(ブロンド)
Antwerp Bruin(ブラウン)
Nen Bangelijke

一枚目の写真は「ブロンド」

続きを読む "アントワープで楽しむ高濃度ビール==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その19)=="

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/15

ひっそり温泉。

1206nisiizu

僕のツーリングの基本は「温泉巡り」。
温泉を求めてモーターサイクルを駆る、オフローダーならぬ「お風呂ダー」ってやつです。

その中でも好きなのは、地元の人々で賑わう共同浴場。
ちょっとお邪魔します、って感じで入るのが、何とも異邦人な感じがして良いですね。

伊豆半島には温泉は星の数ほどありますが、その中でも共同温泉色が強い、と勝手に思っているのが土肥港そばにあるこの温泉。
海辺の路地に、ポツンとある地元衆管理の温泉です。

何年か前から何度か足を運んでいるこの温泉。
このひっそり感が好きなんだけど、フト思いました。
「夏はどうなんだ?」

実はここ、海水浴場の真ん前です。
夏はさぞかし賑やかな事でしょう。
混浴でもないのに「水着での入浴禁止」と書かれているあたり、マナーの問題もあるかもしれませんね。

僕が伊豆へ行くのは秋から春にかけての寒い時期なので、夏の伊豆を知りません。
静かな共同湯を楽しめるというのも、冬の伊豆の楽しみでしょう。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/12/14

ウイリー式、自転車置き場

R0013054

ドイツはバイエルン州、フランケン地方のZeil am Mainという街で見かけた自転車置き場。
前輪をグイっと上げるスタイルで、場所を取らない。
なかなか名案ではないか。

R0013094

ちなみに、この日はこの街からバンベルクまで、30kmをツーリングしながらの醸造所巡り。
途中までは自転車専用道。畑の中を真っ直ぐに伸びる快適な道。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/13

アントワープの町外れ。すごく分かりにくい場所にある醸造所==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その18)==

Web7258

しばらく途切れましたが、春のビール紀行の続きです。
____
旧市街から少しトラムを乗り継いで訪れたのは、醸造所に併設されたパブ「T.Pakhuis」です。
この様なスタイルのパブをドイツ語では「Haus Brauerei」と言いますがオランダ語(ここアントワープはオランダ語圏)では、「Huisbrouwerij」。
何となく語呂が同じなのでわかります。

海に近い湾岸エリア(?)の様な街並みの中、あるべき所にあるべきこの醸造所がありません。
やっと発見したのは、写真のような小さな看板一枚。
この狭い通路の向こう側に中庭があり、そこが「T.Pakhuis」の入口です。

続きを読む "アントワープの町外れ。すごく分かりにくい場所にある醸造所==ドイツ・ベルギービール紀行2008春(その18)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/12

富士山と駿河湾フェリー

Webr0014849

先週は伊豆ツーリング。
最近すっかり忙しくなったため、金曜の帰りも遅く、また一週間の疲れもあり出発も遅くなってしまった。
そんな時、とても便利なのが清水から土肥を結ぶ駿河湾フェリーである。

時刻表を見るためにサイトを開いたら
「強風のため出港の一時間前の運行を決定します」
とあるではないか。

これまた横着して東名で清水への移動中、電話で出港を確認して、Hさん、ハッピーさんと港で合流。

それにしても、凄い風!!

Webr0014854

寒い日なのえ富士山は綺麗に見えるのですが、揺れが凄く甲板に立っていられないほど。

館内アナウンスが入り、甲板は危険のために出ないでください、と言っている。

う〜ん、確かに揺れる!
窓を見ると、なぜか海面が見えているほどに揺れている。

しかし、その揺れのおかげか、それとも疲れのせいなのか、すぐに眠りに落ちた。

 

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/11

居酒屋@ホーム

0527athouse

最近忙しくてまともな時間に帰宅していません(笑)
先日、9時頃に帰ってきたら、随分と早く感じました(爆)

そんな訳でブログもちょっと短めですが、何とか続いています。

写真はかなり前に撮った物ですが、日常で飲んでいる酒をバックに肉じゃがをパシャ。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/10

港町、朝の風景とカブ

Minato001

小さな港町。
この町にこれほど似合うオートバイがあるだろうか。
スーパーカブ。

前と後ろのカゴの他に、前カゴの両側に取り付けられた竹筒は何なのだろう?

釣り竿入れ?
生け花運搬用?

この日は一日、この訳の分からないパーツが頭から離れなかった。(笑)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/09

0.5Lの喜び

Dsc_7445bierreise2008

ミュンヘンのビールというと、1Lジョッキの印象が強いのだが、
実際には、ビアガーデンと、一部のビアホールを除いては、0.5Lで出されるのが基本である。

この0.5Lグラスというのが、何ともまぁ持ちやすいというか、飲みやすいというか。
底に行くにしたがって、だんだんと細くなっていく形が、掌にスッポリと収まる。

Dsc_7394bierreise2008

中にはジョッキ型のグラスもある。
写真からは見えないが、ビールジョッキと同様に持ち手が付いている。
個人的には、持ち手無しのほうが好きなのだが、

皆さんはどちら派??

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/08

ベルギーのスーパー

Super001

3月に立ち寄ったベルギーはアントワープ。
その街角にあるスーパーの一角がこれ。

当たり前といえば当たり前だけど、ベルギービールがズラリ。
これも当たり前の話だけど、それぞれが驚くほど安い価格で売られている。

ただし、基本的にどれも見たことがあるものばかりで、「???」という物があまり無い。
(あまりベルギービールには詳しくはないのだけれど)
これが酒屋などに行けば、もっと凄いことになっているのだろう。

続きを読む "ベルギーのスーパー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

富士山。絶景。

Web1339

この週末は西伊豆へ。
いつも通り天気もよく、富士山もこの通りクッキリ。
大阪からやってきた友人をモデルに仕立てて、久しぶりに走行写真会。

Web1330_2

GS乗りのHさんもモデルに。
気分よく走った一日であった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/12/06

駿河湾フェリー

駿河湾フェリー
ちょっと海が荒れていそう。

富士山が綺麗!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/05

「海とオートバイ」==読書な日々よ、いずこへ==

Minami_izu001

最近すっかり読書する時間が減った。
以前の職場は「待機時間」などが多々あり、この時間をボーっと過ごさずに、一週間に5冊以上、多い週は10冊くらいのペースで片っ端から読んでいったのだが、最近は週に1冊もままならない状況。

月にかなり使っていた本代が余り支出されないのに、手元に残る金額が少ないのは摩訶不思議。

そんななか、ちょっと前に買った本を、少し読み返してみる。
「海とオートバイ」内田正洋著
BMW(二輪のほう)関係の雑誌に連載されている記事をまとめた物だから、こんなタイトルが付いているし、またBMWに跨って日本中を旅する記事なのだが、文章を読む限りただのオートバイ乗りではないことに気付く。

海洋ジャーナリストである氏は、カヌーイストとしても有名な存在であり、日本中の海辺を海の上から眺めてきた。
島国ニッポンは、当然古くから海辺の集落に文化が興っていたのだが、それらを地名や地形から読み解く解説がオートバイ乗りでなくても興味をそそる。

この本を読むと、海辺へツーリングに、ドライブに行きたくなることと思う。
(週末はちょっと西伊豆へ行って来ます)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

自転車のカゴの話@ドイツビール紀行

R0013097

基本的に、ドイツ紀行の際には自転車を使います。
集落に点在する醸造所を巡るのには、これしか方法がありません。

自転車は友人宅で借りたり、自転車屋さんで借りたり・・・。

どこに借りるにせよ、共通していえることは、カゴが付いている事。それも後ろ。

ドイツでも、オランダでも、その傾向はあります。
この後ろのカゴってのは、スゴク便利なんですね。

何しろ、多少重い物を入れてもハンドルがぶれないため、安定して走れます。

ただし

後ろにカゴがあるため、乗り降りするときに足が引っかかります。
僕なんか、荷物にズボンが引っかかり、街の中で転けました。(笑)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/03

日付変更線

R1100gs_003

最近、毎日日付変更線を越えています。
う〜ん、週末は走るぞ!!

 

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/02

どこかへ行きたい・・・

Nishiizu_skyline

最近、激務です。
ちょっと写真のみのアップになります。
継続はしていますので、応援していただけると、嬉しいです。↓↓

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

ワッフル

Dsc_7084bierreise2008

アントワープで食べたワッフル。
シンプル イズ ベストな味わい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »