« 自転車道と信号==ドイツ自転車事情その2== | トップページ | 暑い日のオートバイ »

2008/07/23

自転車置き場の考察

日本では、都市部における自転車置き場の不足が問題となっていますが、
それはどこも同じ。
ドイツでも、都市によっては街に自転車が溢れています。
ただ、その絶対数が違うのは、バス・トラムと言った自転車に変わる足が用意されているためだと思います。

Dsc_7380

ミュンヘンのど真ん中である「イザール門」の下。
自転車がグチャグチャに置かれております。
スタンドが貧弱、または全く無い自転車が多いので、こうなってしまうのでしょう。
もちろん、自転車を整理してくれるオジサンなんていません。

Dsc_6241

バンベルク、旧市街の入口。
バイクも普通に停めてあります。

Dsc_7145

Dsc_7065

スタンドが貧弱、または全く無い自転車があると書きましたが、
その理由がこれ。写真はベルギーのアントワープにて。
街の各地に置かれた自転車スタンドです。
前輪を差し込むのですが、その差し位置を隣と差がつけられているため、ハンドルはぶつかりません。

日本の自転車だと前カゴが付いている物も多いので、かなりの差を付けなければならないかと思いますが。

 

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

|

« 自転車道と信号==ドイツ自転車事情その2== | トップページ | 暑い日のオートバイ »

コメント

けいずさん>
ビール文化研究所へようこそ!
そうなんです、オッチャン自転車が多いです。
金髪の綺麗なお姉さんも、オッチャン自転車に跨って走っています。
それがまた絵になりますね。

暑い夏には、やはり熱帯系ビールですか。
僕も今から一杯飲みます。

投稿: 小林麦酒 | 2008/07/31 22:07

初めまして。
そうそう。懐かしいなぁ。
ベルギーと言ってもオランダとの国境近くのLommelに3週間ほど滞在したことがありますが、写真のようなおっチャン自転車ばっかりでした。自転車の国!みたいな先入観があって、友人(自転車おたく)と数件はしごしましたが、おっチャン自転車ばっかりしか売ってませんでしたね。毎晩ベルギービール!とは、仕事の関係上そうはいかず、なぜかcorona beerばかりでしたが・・・。
夏場でしたが、日本みたいに蒸し暑くて、冷えたBeerがおいしかった(^_^)

投稿: けいず | 2008/07/30 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/41954203

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車置き場の考察:

« 自転車道と信号==ドイツ自転車事情その2== | トップページ | 暑い日のオートバイ »