« GSとの二年!! | トップページ | 九鬼水軍 »

2008/03/21

夜行列車とビール紀行

Dorf

ドイツビール紀行から帰ってきたばかりですが、まだ2007年版が未完なので、そちらをまずアップします。
基本的にはフランケンでの行動範囲は変わっていません。
2007年の紀行は、ビール紀行歴の中で初めて「フランケンのみ」に絞った9日間でした。

Cnl

今回はフランケンは数日間で、その他にドルトムント、デュッセルドルフ、アントワープ(ベルギー)、ブリュッセル(ベルギー)、ミュンヘンにも立ち寄ったため、移動が多かったです。

ただ、この移動というのが、実は嫌いではないのですね。
夜行列車での移動なんて、好んでしています。
まぁ、寝てしまえば車窓も何も関係無いのですが、寝ている間に移動というのは良いものですね。
時間と費用の短縮になります。

しかし、この夜行列車が次々と姿を消していくのが我が国ニッポン。
夜行列車は「寝ている間に移動している」というメリットよりも、「高い」というデメリットの方が大きいようです。

Cnl2

今回僕が使ったのは、寝台車ではなく「簡易寝台(クシェット)」と呼ばれる物です。
ドイツ語では「Liegen Wagen」その名も「横たわる車両」。

4人と6人のコンパートメントがあるのですが、カーテンの無い寝台が並んでいるだけ。
一応、毛布はあるので横たわって休めます。
まぁ、プライバシーも無いので、座席よりマシという程度ですけどね。
それでも、何だかワクワクしてしまうのです。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

|

« GSとの二年!! | トップページ | 九鬼水軍 »

コメント

酒乱さん>
あります。たくさんあります。
寝台車にも4人コンパートメント、2人コンパートメントがあります。
他人と一緒になるんですけどね。こちらは男女別。
基本2人用の壁を取って4人にしています。

投稿: 小林麦酒 | 2008/03/23 01:01

ヨーロッパはまだまだ寝台列車健在なのでしょうか?

モナコGPを見に行った時、ローマからニースまで
4人タイプの寝台コンパートメントに乗りました。(確か2等だったと思う)
その時確かこの3段タイプの寝台車も見ました。
カーテンもないのですね。。。

来月は「ゴロンとあけぼの」に乗ってくる予定です(笑)
ブルトレ世代としては、なくなる前に富士で九州行きたいです。

投稿: 酒乱 | 2008/03/21 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜行列車とビール紀行:

« GSとの二年!! | トップページ | 九鬼水軍 »