« 「焼く」か「茹でる」か・・・深刻な問題? | トップページ | 奈良田温泉へ »

2008/01/31

マグマ大使?==いや、日本列島の背骨

Fossa01_2

先日、ちょっと奈良田温泉@山梨県に行った時の話。
早川町にあるこの温泉へは、R52号とR300号の交差点の信号から、延々と一時間ほど走る。
富士川の支流「早川」が、右に左に蛇行するのに付き合いながらの一本道である。

時々現れる集落、なぜか人里離れた川縁にある役場など、なかなか楽しい。

そして、トンネルとトンネルに挟まれた空間に「マグマ」への入口があると書かれているではないか。そこで笛を吹けばどうなるのか・・・・。

よ〜く読んだら「マグマ」ではなく、『フォッサ・マグナ』。

20080121232902

赤いメッシュの部分がフォッサ・マグナ。

かつての助手(?)に調べさせたところ(?)によれば、日本列島を二分しているプレートが重なり合っている場所を指すらしい。
その西側の青い線が「糸魚川静岡構造線」と呼ばれる部分。

フォッサ・マグナ(Fossa Magna)とはラテン語らしく、「大きな溝」という意味。
糸魚川から静岡にかけての溝・・・・ん〜ん、確かに大きい。

ここで、もう一度一番上の写真を見てみると・・・。
なるほど、確かに岩盤が岩盤の上にのし上がっている!
これが活動しているとなると、このエリアには地震があるわけだ!と納得。

Fossa02

おお、ここが日本列島を形成している線の一部か!
と思ったら、何だか感動してしまった。

そして、諸処の情報が書かれた石板が割れている。
暴走族がやって来てイタズラでもしたかと思ったら、これは「意匠」だった・・・これにも何故か感動。

そして、地図を眺めていたら、プレートの青い線の南端は御前崎・・・・
・・・・・おい、原発があるぞ。

これには絶句。

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

|

« 「焼く」か「茹でる」か・・・深刻な問題? | トップページ | 奈良田温泉へ »

コメント

らりるレイドさん>
初めまして(?)
文面を見る限り、何となく顔見知りのような・・・(笑)

原子力行政は、各首長の思惑が重なっており、地域住民の安全が置き去りにされている気がしてなりません。
「顔を立てる」とか「予算の都合」とか言う訳のわからん理屈は捨てて、
「ここは安全なのか」を真剣に議論してほしいと思います。
もしもの時には、「顔」など立てている場合ではないのですから。

投稿: 小林麦酒 | 2008/02/01 20:43

 いい所を見てきたね。
そんな上にある浜岡原発、心配だよね。

ところで「プルサーマル計画」菊川は受け入れ容認らしいね、去年の御前崎町に続いて。
各分野で安全確保が充分でない事が世間を賑わしている今、この件での議論は充分なされているのだろうか、これも心配。
「地震対策」も含めて安全の根拠判断を適当な機関に丸投げして(県か?国か?)片付けられたら大変な事になるよね。

 

投稿: らりるレイド | 2008/02/01 04:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/17906897

この記事へのトラックバック一覧です: マグマ大使?==いや、日本列島の背骨:

« 「焼く」か「茹でる」か・・・深刻な問題? | トップページ | 奈良田温泉へ »