« アップ情報と、ちょっと日本酒のネタ | トップページ | 静岡の日本酒!そしてビール! »

2007/10/02

コルカタ(カルカッタ?)の闇の思い出

「ガンジス河でバタフライ」がドラマ化された。
ドラマは10月5、6日の2日間に渡り放映され主演の長澤まさみ初めイロイロと話題を振りまいているが、あまりそちらには興味がない。

先日放映された「『ガンジス河でバタフライ』ができるまで」というシナリオハンティングへ行ったドキュメンタリーは面白かった。

原作者のたかのてるこ氏は、71年生まれというから、世代的には僕とあまり変わらない。
大学在学中に旅に目覚めたらしいので、ウロウロしている時期としては被っている。

僕がインドへ行ったのは95年頃だと思う。
たかの氏が番組中に話す当時のコルカタ(当時はカルカッタと言った)の様子や、サダルストリートの話はまさに僕が見た時代の話である。

僕がカルカッタに着いたのは、夜9時頃だと思う。
出発時に持っていたチケットはバンコク行きで、カオサンロードにある旅行代理店でインディアン・エアのカルカッタ行き航空券を買った。

一番早い便で一週間後しか取れなかったので、そのままカオサンの「ディオール」という後にクレームがついて「ディオ」に改名したゲストハウスの独房・・いや、シングルルームに泊まり、バンコク市内をウロウロしたり、ちょっとアユタヤまで足を延ばしたりしていた。

今は無きドンムアン空港からカルカッタへ。
初めてのインド。夜に着くと到着ロビーからタクシーの客引きに取り囲まれてあれこれと勧誘を受ける。

宿探しもしなければならないのだが、「サダルに行けば何とかなる」というバックパッカーの「お約束」があったので、同じく客引きに囲まれていた一人旅同士が3人集まり、タクシーをシェアして街へ出た。

街と言っても「闇」だった。

タクシーから見える風景は「闇」以外無し。

結構な時間が掛かってサダルに到着した。
最初に交渉した料金とは全く違う金額を言ってくるタクシードライバーと適当に協議し、最初の金額を座席に置いて「バイバ〜イ」。

何軒かある安宿は、ほぼ満室状態。
夜10時近かったので無理はないが、「何とかなる」と言われている通り、何とかしてくれた。

通されたのは「屋上」!
屋上に簡易的なシート製の屋根が付けられており、そこにマットレスがズラリと並んでいるではないか。

何とか自分の寝床を確保した時に、ザーっと雨が降ってきた。
ひえ〜!!

*******************
人気blogランキングへ
↑一読されましたら、是非クリックをお願いします。
ランキングのアップにご協力ください。

|

« アップ情報と、ちょっと日本酒のネタ | トップページ | 静岡の日本酒!そしてビール! »

コメント

ひまじんさん>
はい。インドです。

投稿: 小林麦酒 | 2007/10/04 09:30

あー、間違いなくインドだ。

投稿: @ひまじん | 2007/10/03 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/16641364

この記事へのトラックバック一覧です: コルカタ(カルカッタ?)の闇の思い出:

» 沖縄一人旅をしたことはあります [沖縄一人旅、してみませんか?]
沖縄一人旅をしたことはありますでしょうか、沖縄一人旅が最近流行っていて、自分だけの沖縄を発見する旅を満喫しているというのです。沖縄一人旅の目的は皆さんそれぞれでしょうが、みどころ、食べところ、体験、シマンチュ(島民)とのふれあいを肌で感じるには一人旅があっているような気もします。この店には毎回必ず行っています。沖縄の何度も一人旅する人の多くは、それぞれのお気に入りのお店が何件かあるようです。沖縄一人旅の楽しみは、やはり「食べる事」なのでしょうか、新規開拓しながらも気に入ったお...... [続きを読む]

受信: 2007/10/03 02:22

» ガンジス河でバタフライ! [広島ではたらく石材店二代目のブログ]
今夜から二夜連続で放送される長澤まさみ主演の 「ガンジス河でバタフライ」楽しみですね〜。 ※公式サイトはコチラ⇒http://www.nagoyatv.com/ganges/index.html 僕もはじめての海外旅行で世界一周したとき、 このドラマの舞台であるインドが一番のメインでした。 ラジャスタンエクスプレス(だったかな?)という ニューデリーからカルカッタを横断する 特急列車で2週間くらいかけて放浪の旅をしました。 このドラマの ... [続きを読む]

受信: 2007/10/05 13:04

« アップ情報と、ちょっと日本酒のネタ | トップページ | 静岡の日本酒!そしてビール! »