« 横手焼きそば | トップページ | 乳頭温泉郷の最奥部へ »

2007/07/24

横手、その自動ドアの先には・・・

Yokote005_1「どうしても連れて行きたい所があってね・・・ムフフ」と微笑むK大王氏に連れられて来たのは、「横手市ふれあいセンターかまくら館」

「ささ、ここ、ココだよ」
と入場料100円を払って奥へ。
そこにあるのは「二重の自動ドア」。もの凄い音を立てて開閉するシロモノである。

「はい。これ着て!」
と大王に渡されたのは、赤いちゃんちゃんこ。
「??????」

何でこんな物を着るんだ???
そして、二枚目の扉が開くと・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

Yokote004

何と、「かまくら」が現れた!!
本物である。
ガラス張りになっており、外からも見えるこのかまくら。見れるだけでなく、かまくらの中に入れるのだ。
滑り防止のために、マットは引かれているものの、サンダル足に雪は冷たい。
ちゃんちゃんこは着て正解だった。氷点下10度以下の冷凍庫に入ると、背中の汗が氷りそうだ。

「ムフフ。どう?」

む〜ん、驚きだ。
横手が豪雪地帯ってのは知っていたが、それを冷凍庫に保存してあるとは驚きである。

Yokote001 他にもミニかまくらに仕込まれた3DのCG。

ボオっと光り輝く子供達が、かまくらからヒョコヒョコ出てきてアクションを起こす。

「おおお〜〜〜〜」

と驚く僕をみながら大王氏もご満悦である。

かなり以前からこのCGは造られていたらしい。

100円でこれだけ楽しめるとは、なかなか凄いぞ、横手。

K氏は雪が恋しくなるとここへ来るとか、来ないとか・・?

*******************
人気blogランキングへ
↑一読されましたら、是非クリックをお願いします。
ランキングのアップにご協力ください。

|

« 横手焼きそば | トップページ | 乳頭温泉郷の最奥部へ »

コメント

男前の雄さん>
それは凄い会ですね。
これはオープンな会なんですか?

投稿: 小林麦酒 | 2007/07/25 20:04

先日 相原恭子さんと お会いしました

貴方ブログでのご紹介の 彼女の本を2冊購入してからのご縁で デーメンズ・ミュンヘンのブラウマイスターの方と 3人で 「ドイツビールの愉しみを語る会」を開催し 3時間ほど ドイツビールオタクの私にとって 超有意義な「ひととき」を過ごしました

また この「語る会」を続けて行きたいと 思います

投稿: 男前の雄さん | 2007/07/24 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/15862454

この記事へのトラックバック一覧です: 横手、その自動ドアの先には・・・:

« 横手焼きそば | トップページ | 乳頭温泉郷の最奥部へ »