« 花より団子?遠州ツーリング。 | トップページ | 老舗中の老舗で熟撰@名古屋 »

2007/04/05

焼き鳥の煙に誘われて、観音様を通り過ぎ・・・

焼き鳥は日本が誇る食文化ですねぇ

Kadoya

大都市の魅力のひとつが、まだまだあちこちに「地元密着型」の商店街が多いということだ。
東京でも大阪でも、そして名古屋でも、地元の人々が普通に夕飯の買い物にやって来るような「●●商店街」「●●銀座」なんてのが点在している。
郊外型の大型ショッピングセンターもあるものの、完全なクルマ社会ではない都会では、その移動時間と手間の方が大きい。
大須観音で地下鉄を降り、アーゲード商店街を越えてサッサと歩く。自分の意志ではない、煙に誘われて・・・。

角●は以前も来たことのある焼き鳥屋で、その美味さといい雰囲気といい、すっかりファンになってしまった。
店先に置かれた炭火の上で、次々と焼き鳥が焼かれ、そしてすぐに売れていく。
奥のカウンターに奥様らしき女性が仕切っている。
客からの注文を聞くと、焼いているご主人にしっかりと声が届くようにと、天井からぶら下がっている拡声器で「とり玉2、心臓2〜」と注文を繰り返す。この光景が何とも良い!

ビールは瓶ビールのみ。サッポロをあけてもらい一通り焼き鳥を注文。
名古屋では「つくね」と言わず「とり玉」?それともこの店だけ?
隣に座っていたオジイサンはここから10分ほどの所に住んでおり、週に3〜4回ここに来ては酒を飲んで串を10本ほど食べるという。

近所にこのような店があって羨ましい限り。

誰でも身近にお気に入りの焼き鳥屋があるはず

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

|

« 花より団子?遠州ツーリング。 | トップページ | 老舗中の老舗で熟撰@名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/14559928

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥の煙に誘われて、観音様を通り過ぎ・・・:

« 花より団子?遠州ツーリング。 | トップページ | 老舗中の老舗で熟撰@名古屋 »