« 焼き鳥の煙に誘われて、観音様を通り過ぎ・・・ | トップページ | ドイツにはたくさんの「レーベンブロイ」が。 »

2007/04/06

老舗中の老舗で熟撰@名古屋

Daijin名古屋に来たら無理をしてでも立ち寄りたいといつも思うのが創業明治40年の居酒屋「大甚本店」。(月刊グリ参照)
日曜は休業なのでここ何回かは寄れなかったが、この日は無理も何も・・・・そのために来た(爆)

16時の開店から少し経った頃に入ったが、そこから10分もすれば席は満席。
建物自体は昭和29年の建築というから50年ほどの歴史がある。ちょっと黒ずんだ内装に相席テーブルがずらり。


真ん中のテーブルには小皿がズラリ。
これは学食のシステムを参考にしているらしい。客は好きな物を取って各自テーブルへ持っていく。

入口に置かれた賀茂鶴の樽。この酒が一本一本燗にして「大甚」の名の入った徳利で出される。
こだわりのある店にしか置かれていないというビール「アサヒ 熟撰」も置かれているのはさすが。

僕はまず「熟撰」を頼み、その後日本酒へ。
ショーケースに入っている魚を煮物にしてもらい、数点の小皿をあてにゴクゴク、チビチビ。

ズラリとならんだ客は、ほぼ人生の大先輩方ばかり。その飲み方も実にスマートだ。
まだまだこの店の風格には足りない僕であるが。
すみません、店内の写真は無し。<(_ _)>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

|

« 焼き鳥の煙に誘われて、観音様を通り過ぎ・・・ | トップページ | ドイツにはたくさんの「レーベンブロイ」が。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71913/14574913

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗中の老舗で熟撰@名古屋:

« 焼き鳥の煙に誘われて、観音様を通り過ぎ・・・ | トップページ | ドイツにはたくさんの「レーベンブロイ」が。 »