« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

しまなみ海道を往く

このブログはドイツビール紀行家である僕が、ビールネタ、酒ネタを中心にアレコレと書くためのサイトです。
おかげさまで何故か好評いただいており、毎日多くの方が見に来てくれます。
で、アクセス解析を見ると最近の新規でこのブログに来てくれる方で圧倒的に多いのが「しまなみ海道」という検索ワードで来る方なんですね。

このページの右の方にある「アルバム」に「2004しまなみ海道自転車紀行」とありますが、これがちょっと中途半端になっています。
よって、もう一度再編集する意味を込めて、こちらに書こうと思います。

___________________________

Map

地図:瀬戸内しまなみ海道観光推進協議会HPより引用。
http://www.go-shimanami.jp/rental/index.html

「しまなみ海道」とは本州四国連絡橋の尾道今治ルートの別名で最近ではすっかり定着した街道、いや海道名になっています。この道は連なる島々を6本の橋で結んでおり、そこに併設されているのが瀬戸内海横断自転車道」です。

林芙美子の放浪記などで知られる広島県尾道から、愛媛県今治市へ。

この自転車道の最大のメリットは、自転車の乗り捨てが出来る、ということです。
よって、尾道で自転車を借りて島巡りをし、その後四国側の今治で返すという旅が可能となります。

この旅をしたのは2004年の正月。18切符の各駅停車旅です。(笑)

静岡から福岡へ。そこでビール仲間と楽しい夜。広島で年越しをし、元日に尾道までやって来ました。
ここから約60kmの自転車旅が始まります。

今度は自転車?オイオイ、このブログはどこへ行ってしまうのか?

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/30

家康の故郷を街巡り。黒い蔵と赤い味噌。

Okazaki02

岡崎は徳川家康の故郷として有名だが、味噌の町としても有名です。

八丁味噌とは赤い味噌で、岡崎城から八丁離れた八丁町(八帖町)で生産される味噌をさしているということです。(余談ですが、昨年ご当地登録商標の件でヒト揉めありました)

Okazaki03 行ったのは大手の「カクキュウ」。今日でも木樽で生産しており、重しは石です。
この組み方にコツがあり、地震の震度5までは崩れることがない、ということです。

水分がかなり抜けるのですが、八丁味噌は味噌の中でもかなり水分が少ないということらしく、南極観測隊でも使用されたという実績もあります。

なるほど、凍結への対策としては、水分が無いほうが良いですね。


Okazaki01

カクキュウ裏の八丁味噌通り。もっと蔵がズラリと並んでいるかと思ったら・・・・。まぁ都会でこれだけ残しただけでも立派でしょう!


名古屋赤味噌ラガー

↑↑この岡崎八丁味噌を使ったビールがこれです。
興味がある人は買ってみてください。


味噌もビールも発酵が命!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/29

街並み散歩、街道巡り。しかしやっぱり雨なんだなぁ。

ある旅の日、やはり雨でした。

Seki02

18切符があったので、三重県亀山市の関へ行ってきました。
古い街並み好きの僕ですが、この街はバイクで国道を通過しただけで歩いたことはまだありません。
国道を通過・・・と書きましたが、これによってこの街並が守られたのですね。
通過交通は皆無で、道幅を拡げる必要もなく現在までに至っています。

Seki03

東西2キロほどの街並みでしょうか。この街の良さは、普通の人が生活していることです。街道の面影だけでなく、実際に生活している人がたくさんいる、というのが関の最大の特徴です。
お土産屋がそれほど多くないも好印象。

Seki04
古い街道には寺院が多いです。
道を逸れた所に何気なく古い寺があります。
Seki05














_______________________________

古い街並みが好き、という方。ポチっと

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/28

「おしらせ」メインサイトの変更について

メインサイト「ビール文化研究所」のトップページをマイナーチェンジしました。
う〜ん、どこかで見たことあるような・・・・。と思われるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツビール紀行2006〜道端でビールを貰う?〜

>>前項よりつづく
ついでにポチっ>>

Forchheim_strasse_3

さて、もう一軒この通りの店へ行こう。
店を出ると強面酔っぱらい達が、
「もう行くのか!」
と言うので
「Brauerei Nederへ行かなきゃならないのです」
と答えて通りを歩く。
この醸造所が16番地、先ほどのHebendanzが14番地、そして今から行こうとしているBrauerei Nederは10番地だから30mほど歩くことになる。
14番地前のテラス席には、まだ先ほどのオジサン達が飲んでおり、
「Greifでは何を飲んだんだ?」
と聞いてきた。
まだいるのかと驚いたが、こちらがGreifに入ってから出てくるのに有した時間が15分ほどなのがちょっと早すぎるのだ。
先ほどちょっと話をした若旦那も店の前に立っており
「次はNederかい?あの角を曲がった所にはBrauerei Einchhornもあるよ。」
とニコニコと笑いながら話すと
「ちょっと待って・・・」
と店の奥からビールを2本持ってきた
「これはお土産だ。さっきはヘレスしか飲んでいないから、他の種類も是非飲んでみてくれ」
おお、ありがとう。密かにビール瓶が2本も入るバックなどを今持っていないが、ジャケットの大型ポケットになんとか押し込んだ。
「次はビアフェスタの時期に来てくれ」
と再会を約束して分かれた。隣の家に入るだけだが。

最近ビール紀行2006の更新ペースが遅くなりました

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

柿の種をチョコレートで

毎朝の日課

Kakichoko

僕がドイツに持っていくお土産の一つが「柿の種」。これってビールにあうのでドイツでも大好評です。
そのチョコレートバージョンがこの有名な「柿チョコ」。
初めて食べた時は、「なんじゃこりゃ?」だったけれど、今やすっかりと定番になったような気がします。
これはまだドイツ人に試したことがありません。

おいおい、柿の種にはやっぱりピーナッツだよ!という方はポチっと。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/26

新酒のお披露目(^o^)

今週もよろしくっす

Kaiun001_1 先週末の話だが、かつてのこの地にあった酒蔵の酒を復活させる一年かけたイベントの最終日としてお披露目会に行ってきました。

会場はその復活の醸造部門にご協力してくれた地元の酒蔵で、我が家からクルマで10分。(もちろん運転はしていません)

門に飾られた樽と熊手と看板と。









Kaiun002

抜群の天気下、地元で採れた食材を肴に、新酒をいただきます。
地元だけあって「おお、来てたの?」と友人知人同僚顧客、と知り合いばかりに会います。(笑)

この蔵の酒、好きだよと言う方。ポチっと

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/25

美容に良い?コラーゲンの「塊」。

今週もよろしくっす。

Tonsoku

僕の地元では「オモロ」と呼ばれているが、静岡の某店では「コラーゲン焼き」として売られているのは豚足。
ソウルの街では普通に露天で並んでいる。飴色の姿が何とも艶めかしい。

地元の店では足にかぶりついて手も口も油まみれになって食べるが、ソウルでは程良い大きさに切ってくれるため食べやすい。

もちろん、ビールにも合う!

「ちぃ〜っとオモロで一杯やらざぁ」って解る人

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

これって店だけの販売?〜アサヒ熟撰〜

Morioka015

3月中旬に盛岡の居酒屋さんで斎藤さん、疋田さんとご一緒した時に飲んだビールがアサヒプレミアムビール「熟撰」でした。

そういえば、このビールを飲むのは初めてかも。
サイトによれば、ある程度こだわりのある店にしか置いていないそうです。
(その判断は難しそう・・・)

プレミアムビールには珍しく、副原料を積極的に使おうっていうビールだそうです。
日本のビールは100何年かの歴史の中で、副原料を入れることで発展してきたのですが、それはそれで「ひとつのビール文化」なので麦芽100%にこだわることはないと思います。

さて、鴨をつつきながら、そして豊富な話題をお持ちのお二人との会話を楽しみながらの一席。とても楽しい時間でした。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/23

ビールに欠かせない!ソーセージの話

Sausage「本格ドイツソーセージ」とのコピーをよく見かけます。
ドイツで修行してマイスターの資格を取った方が日本にも多くおり、彼等を通じて本格的なドイツソーセージを楽しむことができます。

そこでいつも思ったのが「本格ドイツフランク」とか「本場のウインナー」という表現。
ドイツではソーセージという総称としては「Wuerst=ヴルスト」と言い、それぞれの種類にはその発祥である都市の名が付いています。
フランクフルターとかニュルンベルガー、ミュンヒナーなどなど・・・・。

その事からすれば間違いなんですが、ちょっと調べてみたら、日本の農林規格においてソーセージはその直径で名前が決められているんですね。
これはこれで、日本独自のソーセージ文化として面白い!!

オリジナルはドイツでも、その国々で独自の発展を遂げていく素晴らしい食文化に思えてきます。

魚肉ソーセージだって、人によっては「偽物だ」と言うかもしれませんが、あれをキャンプの時にラーメンに入れると美味いんだな〜。あの美味さは魚肉ソーセージでなければ出ません。(キッパリ)

写真はソウルの屋台で見かけた「ソーセージ」です。
串に刺さった状態で焼かれており、色々な種類が5本付いています。個人的にはカレー味が美味かったです。

ソーセージは、ソウルの街角ではやはり独自の進化を遂げていました。

ビールにはソーセージだね、と言う方。ポチっ

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2007/03/22

君と過ごした旅の日々

Bigmini

インド・ネパールをはじめ、ヨーロッパ、東南アジア、はたまた日本全国18切符の旅などで活躍したカメラはこれです。
「コニカ ビックミニ」。

当時、写真は好きだったけど旅に大きな一眼レフを抱えていくほどではなかったです。よって、このカメラをポケットに入れて、パシャパシャと撮っておりました。
あんまり意味ないけど、なぜかポジ入れて。(笑)

このカメラを買った理由は・・・
「カメラ好きの友達が勧めてくれたから」
よって、僕になんのこだわりがあった訳ではありませんが、ネットで検索してみると、結構評価が高いようですね。何となく嬉しいです。

デジタル以前は食事の写真を撮ることがほとんど無かったです。これが実に残念!

皆さん、フィルム時代にも食事写真撮っていましたか?

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/21

もうすぐ55555!!

もうすぐカウンターが55555になります。
ゲットした方にはビールをプレゼントしますので、まずは書き込みしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルカッタで甘〜いチャイ。

India001

今はコルカタとか何とかと呼ばれているらしいですが、僕にはやはり「カルカッタ」という地名がしっくりきます。
バンコクからインディアン・エアーという航空会社でやって来たのは夜。(エア・インディアではありませんよ)噂には聞いていたけど、入国したとたんに両替屋やら白タクやらに取り囲まれて「ちょっとアイドルな気分」に浸ります。

ハイハイ、どいてどいて!と彼等をかき分け、何とか正規タクシー乗り場へ。
ここでも何だかんだと料金交渉をし、真っ暗な道をサダルストリートへ向かいました。

ボロホテルにチェックインはしたものの部屋は無く、屋上にブルーシートで屋根を造っただけの場所に何とか眠ります。
雨が降ってきたが、幸いにして僕の上は漏水せずに安眠。

カルカッタかぁ、また行きたいなぁ。。。ポチっ。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

青葉横丁の夜、ビール仲間とおでんの夜

>>昨日のブログの続きです
ついでにこちらも、ポチ。

Aoba_tor

さて、静岡デビューの輪の吉さんを青葉横丁へご案内!
「取りあえずビール」やはりここでは言ってしまう。
「ハイ、赤星で良かったね」(赤星=サッポロラガー。黒ラベルにあらず)
8時過ぎて残っているとは驚きだ。いつもは7時過ぎには赤星終了となっている。

Uni_0996_1 隣の席に座っている人なんかとも「かんぱーい!」やりつつ・・・
ハス(蓮根)フライ、モツ焼き、カシラ焼き・・・そして目の前にある「おでん」を何本か。

(写真は別の日(^_^;))

念願が叶った輪の吉さんもご満悦の様で、こちらも嬉しい限り。

ちょっと写真が少ないぞ、と言いたい方、ポチっと。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/03/19

JR東海会長、リニア実現に意欲

Yahoo!ニュースより引用

 JR東海の葛西敬之会長は読売新聞のインタビューに応じ、東京―大阪間を約1時間で結ぶリニア中央新幹線について「国や自治体をあてにして前に進まないのは良くない。東海道新幹線で得た利益をリニア建設に使う」と述べ、同社が主導してリニア新幹線を実現する考えを示した。  リニア中央新幹線は、政府の「イノベーション25戦略会議」が、20年後の普及が期待される近未来技術の一つとして先月の中間報告に盛り込んでおり、具体化への議論が加速しそうだ。  JR東海は山梨県内の実験線を3550億円かけて2016年度までに42・8キロ・メートルに延伸する計画。葛西会長は「これで東京―名古屋間の7分の1、東京―大阪間の10分の1が出来る。実験で実用化のための技術的な確認を行い、実用化はさらに10年以上先になる」との見通しを示した。

バカ高い新幹線でそんなに儲けているならば、もうちょっと安くして欲しいです。

そう思うのは僕だけ???

| | コメント (2) | トラックバック (1)

イルカのお味は?〜〜またまた静岡居酒屋散歩〜

さぁ、新しい週の始まりです!

Takano_tor

サイタマより、バイク仲間兼ビール仲間である輪の吉さんが遠征してきたので、しぞ〜かで迎え撃ち。
いろいろと考えた結果、結局いつものコースにご案内。

まずは時間の関係で静岡駅近くの「たかの」へ。
市内で買い物をし待ち合わせの駅に戻る際、ちょっと覗いてみたらガランとしていたので席をキープせず安心していたが、合流した後に行ってみたら実はこれらが「予約席」となっていた!いや、ビックリ。
しかし、ラッキーな事にテーブルがひとつだけ空いており、無事に乾杯!

実は輪の吉さん、沼津のタップルームで既に飲んできているという。
そこであったO氏に僕と会う事を伝えると、
「『たかの』に連れて行ってくれると思うよ」と言われたという。
う〜ん、鋭い!

Takano_bier 海系の肴を中心に注文する。ビールはハートランド樽生、酒は静岡市の海の方にある地酒「萩錦」である。

いわしの刺身。
時期的にはそろそろ出始めた、と言う頃?









Takano_iruka

イルカの煮込み。いつもあるわけではないが、入っていたので注文。
その獣臭さは好きずきだが、僕は基本的に○。ちょいと脂身が多め。

Takano_sashimi

刺身・・・・どういう組合せにするか悩むので、「2人前。お任せで!」。
(ちょっと写真が下手くそだ)

まだまだつづく、しぞ〜かの夜。

イルカが気になる、と言う方、ポチっとな。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/03/18

香港世界の爆音

おはようございます

Kaitak001ギュオ〜ン!!!!

もう過去の話になってしまったが香港の「音」と言えば爆音だった。
言うまでもなく、かつて市街地のすぐそこに位置していた啓徳空港の事だ。

九龍を歩いていると、何分かに一回この「爆音」が響き上空、というよりも頭上を巨大なジェット機が通り過ぎていく。

どよんと亡霊の様に存在した九龍城は取り壊され、啓徳空港は無くなったけど、僕にとっての香港は、未だにこの界隈の雑踏である。

*******************


香港大好きと言う方、ポチっと

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/17

ヤキニクノクニ

旅は道連れ>

Yakiniku2

ソウルで焼き肉!と勇んでやって来る日本人は多いが、僕ももちろんその一人である。ただし、「この店のこれが・・・・」という程調べることもして来なかった。

旅は道連れ>

宿のオジサンに
「この辺で焼き肉食べるならば、どこが良いですか?」
と聞いたら暫く考えてから地図で書いてくれた店に行った。

年季の入った建物でも、豪華な建物でもない。普通の食堂みたいな店である。
「言葉が通じないかもしれないですよ・・・」
と宿のオジサンは心配してくれたが、それに関してはあまり気にせず。

一応日本語メニューはあったので何とか注文し、韓国のビール(Hiteだったと思う)で喉を潤す。
言葉は話せないものの、僕の手際が悪い食べ方を心配して、オバチャンが厨房から見ている。
いよいよ、その食べ方に我慢がならないのか、厨房から出てきて
「サンチュの巻き方はこうよ、こう!」というような事を言いながら指導してくれた。(笑)
旅は道連れ>
焼き肉が好きな方、ポチっとご協力を>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

ドイツビール紀行2006〜薄暗い部屋の片隅で〜

突然開店、「ビール文化研究所 書籍部」

>>前回の続き
ついでにポチっ>>

Greif_aus

さて二軒目に移ろう。
移るといってもそこは2兼隣にある醸造所なので、1分とかからない。
Brauerei Greifの前には、やはり椅子が数個ながらも一応テラス席が設けられており、そしてやはりちょっと強面のオジサン達が飲んでいる。
この街では目立つ東洋人の僕が隣の店から出てきて、そのままの足でこの醸造所に入って行こうとしているのを見て
「真っ昼間からハシゴかい?」
と声をかけてきた。

真っ昼間から飲んだくれているオジサン達には言われたくはないが、その通りであり異論はない。
「そういうあなた達こそ、1時間前からそこに居ますね。今何杯目?」
とこちらから逆に質問してみる。
「いや、まだ3杯だ」
と大きく笑いながら返事が来た。

Forchheim_02_bier ドアを開けると、やはりここにも廊下のような空間がある。
ひんやりとしたその空間には、畳一畳ほどの大きさのサッカーゲームやピンボールが置かれ、オジサンが一人熱中して玉を弾いていた。

ビール販売用の窓から店内を覗いてみた。
窓の向こうにはしっかりとしたレストランスペースがあるのだが、昼食時間が過ぎているため誰も居ない。ビールの樽に口は付いているものの、それを注いでくれる人が見あたらない。

ホテルのレセプションにあるようなベルが置いてあるので大きく鳴らすと、
「すまん、すまん」
といった感じで主人が出てきた。

「樽から飲めるビールはなんですか?」
といつもの質問をすると
「今日はヘレスとヴァイスビアだよ」
と嬉しい答えだ。何を隠そう僕は樽出しのヴァイスビアに目がない。
もちろんヴァイスビアを注文し、そのままお金を払って椅子に座る。
先ほどの店と同様、立飲み客用に背の高いテーブルがビール窓の前に置かれているが、ゲームに熱狂しているオジサンしか客がいないのでテーブル席に座った。飾り気の全くないテーブルだ。

*******************
まだビール紀行2006かいな!と言う方、ポチっとご協力を>>
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

ミシュランガイド東京版

Yahoo!のニュースによると、「ミシュランガイド東京版」が出るそうだ。
あの詳細な地図で東京を走れというのか?と思ったら、「食」のほうだった。(笑)

BMW R1100GSにミシュラン・アナキーを履かせているので反応してしまった。(笑)

どんな基準で選ぶのかは知らないが、ヨーロッパ人の感覚で「ローカルなビール」が評価され、多くこのガイドに載ったら地ビール業界の活性化になるのかなぁ。。。

老舗の居酒屋も対象?

しかし、影響力のある「食ガイド」ってのは、編集する方も大変だろうな。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盛岡自転車散歩

朝のポチっと>>

Morioka008

前から思っていたのだが、盛岡は本当に自転車サイズの街だと思う。
観光マップをグルリと回るのに、抜群の機動力だ。

Bearen_1

・・グルリと回ると言いながら、言った先は「ベアレン醸造所」。

今回で3度目の訪問である。(写真は夏に撮影)

Bearen001_1 ちょうどビターが発売された時で、一杯飲む。
営業の嶌田氏と話しをしていたら、醸造責任者のイヴォ氏が来た。実はお会いするのは初めて。
いろいろとお話してが、ケルン出身だということで、僕の住んでいたドルトムントのビールに関しても詳しい。昨年の春と秋に行った時に仕入れてきた最新情報(醸造所の合併など)を伝えると驚いていた。(マイナスの意味)

Bearen002

Bearen003

偶然にも、自転車を返しに行った場所の前がバー「Brut」だったので、ベアレンシュヴァルツ、ビターと樽でいただく。

神社前の着物のオジサンが気になった方。ポチっとご協力を
 

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/14

盛岡冷麺という芸術

朝の日課。。ポチっと
 

Morioka012 盛岡に来て、一番の楽しみは「冷麺」!!!
冷麺は冷麺でも「盛岡冷麺」と呼ばれている、当ブログでも何度も登場している冷麺である。

その元祖である大通りの一本裏手にある「食道園」さんへGO!


Morioka005

まずは焼き肉!盛岡流に生卵を付けて食べる。
食べているうちに焼き肉のタレが生卵に混ざり、これをご飯に掛けて食べると美味い!
標準の食べ方かと思ったら、違うらしい・・・・・(^_^;)

Morioka004

そして〆に冷麺登場!!!!!!
カクテキが別皿で出てきて自分で辛さを調整する「別辛」。写真はカクテキを入れた状態。

ちょっとビールを飲み過ぎた。量は少ないもののマッコリもいただき・・・早い時間に沈没・・・・。

ブログ「ビールを巡るドイツ旅行」もよろしくっす。

「ドイツ関連の情報収集はこちら」

「冷麺食べた」「冷麺食べたい」と言う方はポチっとご協力を!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/03/13

バイク雑誌にベアードビール!?

先日発売されたオートバイ・ツーリング雑誌「アウトライダー」の「通信員ページ」に、なんとベアードビールの「タップルーム」@沼津が紹介されています。

ちなみに書いている人は僕です(爆)

今までは、バイクだと通り過ぎるだけのベアードビールだけど、瓶売りをして一番喜んでいるのはライダーですね。伊豆への行き帰りにあのビールが買えてしまう。
旅先で、または帰宅後に(ちょっと落ち着かせてから・・)エールを飲める幸せ。

沼津によく寄るライダーさんは、ポチっとご協力を!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛岡の週末(その1)〜減クルマ市民大会編〜

盛岡にはバイクで何度か行っているが、今回は12月に続き新幹線での訪問でした。
いやはや、新幹線ってのが速いのなんの、早朝にしぞ〜かを出発し、昼過ぎにはもう盛岡駅ですからね。こりゃ宮沢賢治もビックリです。

この盛岡で3月10〜11日に開催された「減クルマでまちづくり 市民大会」において、「生活の中のLRT」と題し公共交通ネットワークの先進国であるドイツの事例についてを短い時間であったが発表する機会をいただいた。

Morioka017

Morioka014_1 駅から会場入りし、まずはパレードに参加。
自転車、人力車、ベロタクシー(サイクルタクシー)、馬車、そして電気バスとエコな交通機関で商店街を一周。新聞社、テレビ局のカメラも何台か来ており、ちょっと緊張(笑)。
旧岩手銀行前に置かれた馬車。ここだけ見たら何ともユーロピアンだ。

そして人力車に乗ったお二人の衣装・・・・あぁ大正浪漫。

翌日は「プラザおでって」にてフォーラムに参加。

Morioka003 僕は「事例紹介」ということで、30分ほどお時間をいただき、ドルトムント、デュッセルドルフ周辺における交通ネットワーク、及びチケットシステムなどをお話させていただいた。

基調講演は「自転車ツーキニスト」として何冊もの著書を出されている疋田智氏。僕自身、氏の本は何冊か持っているので、今回同じ舞台に立てて嬉しいっす。

Morioka007 会場にはテレビカメラも2台。
聴いて下さっている方々には、大学教授や専門家も・・・・。

う〜ん、本当に僕でいいのかい?(爆)


Morioka011 そんな中、しっかりと「ビール文化研究所」の名前が!!(爆)

公共交通の話なのに、なぜかビールを飲みに行った話や、サッカーの話が入ってしまいます。
しかしですねぇ、サッカーと公共交通ってのは密接な関係なんですよ、これが。


Morioka002_1今回の主催団体のひとつである「盛岡自転車会議」の代表であり作家の斎藤純さんと再会。
オートバイを通じたお付き合いがあり、夏のツーリングで昼食のソバを食べながら話した事が、そのまま今日の話のテーマに。(笑)
雨男二人が揃い、天気が心配されたが何とか持ちこたえてくれて「ホッ」。

Morioka018さすがに斎藤さんは慣れた様子で、パネルディスカッションのコーディネーターを堂々とこなしています。
時間を知らせる南部鉄の鈴が、会場の緊張感を和らげているのもよかったです。

取りあえず、今回はフォーラムに関してのご報告まで。
次回は盛岡の「グルメ」や「ビール」に関してご報告します!

「美味いもん見せろ!」と言う方、ポチっとご協力を!!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/12

このブログ、最近の傾向は「しまなみ海道」

ビールを巡るドイツ旅行が、20個しか記事を書いていないのに「Yahoo!セカンドライフ」に掲載されたことは先日書いた。
ビールネタを完全分割した訳ではなく、こちらにもっと自由な記事を書けるように、またあちらはビールブログとして成長させていこうという思惑もある。

最近、こちら「旅の手帖」に関するアクセス解析をみると「しまなみ海道」に関する検索から訪問頂いていることが多い。

このページの右列を少し下へずらしていくと「マイフォト」に「しまなみ海道自転車紀行」とリンクがあるが、それが検索に引っかかるらしい。

これは2004年正月にひとりで尾道から今治まで、しまなみ海道全線を自転車で走った記録のつもりで独立したページにしたのだが、実はまだ途中の段階で止まっている(汗)

毎日書いていても、ネタがあれこれと泉のように出てくるためなかなか更新できないでいるが、需要があれば書きたい!ということで、ぼちぼち再開したいと思う。

「そうだ、さっさと更新しろ!」と言う方ポチっとご協力を!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/11

バス停のある集落の風景

盛岡に行ってきました。
その様子は後日アップします。

Sado_bus


地方に行くと、バス停、それも終点でほのぼのとした風景に出会う。
写真は佐渡島の某集落。
ここに3日ほどキャンプをしていた時の一コマ。
この時、僕は両津港から反時計回りに徒歩旅行を試みていた。まぁ結果的には一日で歩くのは止めてしまい、ヒッチハイクで島を回っていたのだが。


バスは終点で折り返す。その時間、運転手さんが地元の人と談笑していた。
ただし、ここからバスに乗る人がいないのだな、これが。
みんなクルマで街へ行くのだろう。
もう10年以上前にパシャリと撮った写真。


あの時、「おい、これで一杯やらんか!?」
と自分で捕った魚を持ってきて、かつ目の前でさばいてくれた爺さんは元気だろうか?
見知らずの学生がテントを張っているのをみて、「公民館を開けておいたから、トイレは自由に使ってくれや」と声を掛けてきた婆さんがどうしてる?

この時はすでに海外旅行もイロイロしたけれど、日本の美しさ、素晴らしさ、暖かさを再認識した旅でもあった。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/10

ガンジスまたはガンガー、そしてクミコハウス

Venales01_1

クミコ・ハウスという旅行者の間では結構有名な日本人宿に泊まっていた。
客のほとんどが日本人で、旅をしている雰囲気が味わえない、とか批判されることもあるが、泊まってみると結構面白かった。
何が面白いかって、やはり同じような旅をしている人がたくさんいて、いろいろな情報交換が出来る。

Venales02

「オハヨウゴジャイマス。アサデス、フネ ノルヒト オキマショウ。ノラナイヒト ネマショ〜」という階段下から響くご主人の声で起こされたのが懐かしい。
僕が旅をしたのはたしか1994年。知らぬ間に10年以上の年月が経っているが、最近のクミコハウスはどうなっているのだろうか。

そんな事を考えてフト検索してみたら、こんな著書があった。「クミコハウスってなんぞや?」と言う方はゼヒ。

泊まったことあるよ、という人はポチっ。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/09

富士山!

もう一つのブログが、「Yahoo!セカンドライフ」で紹介されていました。
まだ20個くらいしか記事書いてないのに(笑)

02_fuji001

富士山をバックに快走。ただし、そんな時に限って雲が掛かってくる(T_T)

富士宮、富士五湖間には国道と県道71があるが、それらを繋ぐ横道に入ると結構面白い。富士山もちょうどバック、または目の前に入るので視覚的にもグッド!

ただし、距離は長くないので
・・・・何回か往復してしまうのだな、これが。(爆)

02_fuji_udon002 焼きそば食べた後なのに、「吉田のうどん」はまだ食べたことがない。というH氏の声で、「2度目の昼食」。

「ゆもり」・・醤油で自分で味付け

を食べる。


オイオイ、ダイエットしろよ、と言う方、ポチっとご協力を>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/03/08

ドイツビール紀行2006〜店を立ち去るその前に・・・〜

突然開店、「ビール文化研究所 書籍部」
前回の続き>>
ついでにランキングもポチっ>>

Forchheim_01_gast

 

ビールを飲んでいるとオジサン達の興味はこちらのビアライゼになった。
こんな街をよく知っていたな、どこどこのケラーには行ったか、あそこのビールは最悪だ、などと先ほどの強面はどこへ行ったのか、よく話すこと話すこと。
不味い不味いと言いつつ、週に一度は通っているんだから、それはそれで一概に悪口ではないらしい。

さて、この店を「シュニット」だけで終わらせ、次の店に行こうと思った。何せ、この通りだけでも3軒あるし、もう一軒はここから徒歩3分ほどの距離にあるからそのインターバルが短く、体にも負担がかかる。
そろそろ失礼しよう。
Forchheim_01_gast3 立ち飲みスペースではなく、店内をちょっと写真を撮らせて貰った後、グラスを返しに行くと、何と目の前にビールが置かれた
「あのお客さんが君へのプレゼントだそうだ」
と青年は言う。


常連席シュタムティッシュに座っている二人のオジサンが陶器のジョッキを掲げて笑っている。彼等は日本からビールを飲みにやって来た僕に、ビールを御馳走してくれたのだ。

Forchheim_essen 次の店へ行こうとしている所だが、ビールを出されて「飲めません」などと言うことはできないので、もう少しこの店にいる覚悟を決め、彼等と飲むことにした。
ついでにメシも食べてしまおう。


「プロージット!」
乾杯してからビールを飲み始める。先ほどの同じヘレスだが今度はシュニットではなく、この醸造所で言う「小ジョッキ」0,5Lである。

*******************
まだビール紀行2006かいな!と言う方、ポチっとご協力を>>
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/07

「ガツ」をガッツリ・・しかしビールは我慢。

Gatu

昨日のブログに文字を載せたけど、画像が載っていなかった「ガツ」。

豚の胃袋を茹でた物。
臭みが全くなく、何となくコリコリとした食感がなかなか良い。

生姜醤油で食べるのだが、う〜んどう考えてもビールが欲しい。
しかし道路交通法上、我慢ガマン。


Bikes_2

富士山には雲が掛かって消え、消えては掛かりの繰り返し。
なぜか写真を撮ろうとすると掛かっていく。
(T_T)

つづく>>

「おお!内蔵系には目がないの」と言う方!ポチっとご協力ください>>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/06

今週末は盛岡へ!

Morioka 3/10〜11と盛岡に遠征します。
盛岡はバイクや列車で昨年も数回行きました。今年は「初」の盛岡です。
今回は「”脱クルマ”でまちづくり市民大会」へ参加するための訪盛です。
何と「ドイツにおけるLRT事情」について、ちょっとお話させていただくことになりました。

う〜ん、僕で良いんだろうか?(爆)



盛岡といえば「ベアレン醸造所」。

春の定番ビール「ビター」が販売されるようです。

何と今日まで送料無料予約受付中!だそうです。

そして、そして、やっぱり盛岡冷麺!!!!!
Uni_0718_1












*******************
「おい、オマエで大丈夫かいな?」と心配な方、ポチっとご協力を>
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

桜と富士宮焼きそば・・・ビールは我慢ガマン

Yui_sakura

日曜日、ちょっと花粉が気になったが、何とかツーリングへ。
行き先は「富士山周辺」。
遅刻もなく(?)やって来たHさん@浜松にビックリしながら出発。
R1の渋滞を避けるため、一部分東名を使いながら清水へ。今回は由比から県道76号線を通り山越えをして富士宮に到着した。
(これで東名代と西富士道路代をかなり節約した(^_^)v)
場所によっては桜満開でビックリ。

02_fujimiya_yakisoba_1 ちょうど昼飯時だったので、「富士宮焼きそば」を食べようとなった。
市内を通り越し、県道71号線入ってすぐ右奥にある「天神橋」の看板を見つけ潜入!

広〜い駐車場に驚いたが、雲の上に突き出た富士山が見えたにもっと驚いた。
「近っ!」


02_fujimiya_yakisoba2

焼きそばは、店の中央の鉄板でオバチャンが焼いてくれるシステム。シンプルで美味しい。
サイドメニューには焼き鳥類がズラリと並びかなりそそられたが、今日はもちろん飲まない。しかし、「ガツ」と呼ばれる豚の胃袋料理400円を思わず注文。

つづく>>

焼きそばデビューしたい方!ポチっとご協力ください>>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/05

ギネスからの贈り物

突然開店!「ビール文化研究所 書籍部」

Guinness正確にはサッポロからと言うべきか・・・。

ちょっと前の話だが、突然の宅急便。
楽天でもアマゾンでも注文はしていないので、何かと思ったら「おめでとうございます・・当選しました」通知と共にメッセンジャーバックが入っていた。

見たところによると完全防水仕様である。(実際は?)

記憶を辿っていくと、確かグラス付きでギネスを売っていた時に、2ケース買い、そこに貼られていたシールを送ったようだ。

う〜ん、何だか嬉しいぞ。

ギネスを最近飲んだなぁ、または飲みたくなったなぁ、、、という方、ポチっとご協力を!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/04

ちょっと一杯、静岡の夜

Mikawaya_1

先週は先々週に続き静岡にて飲んだ。
最近ゴールデンコースになりつつある、「青葉横丁」>>「多○能」コースである。

集合は三河屋前、しっかり席は確保してあったので無事に着席。
静岡ではあまり目にしないサッポロ赤星をシュポン!
おでんは「しのだ」「牛すじ」「厚揚げ」とお気に入りを皿に載せてもらい鰹節と青のりをパラリと掛けて「頂きます!」

ハス(れんこん)フライとサイコロステーキ(串焼き)も貰おうか。

ビール3本でお勘定。

Takano_1

そして通ると通過できない「多加○」へ。
青葉では刺身が食べられないので、ここでは魚を楽しむ。
それにしても、4人で行くと「お通し」だけで飲めちゃう(笑)

刺身を適当に盛ってもらい、もう一度乾杯!


*******************
静岡で「おでんデビュー希望」という方ポチっと協力を!

***************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/03/03

食の街ソウルで屋台三昧

突然開店「ビール文化研究所 書籍部」

Roten001_1

ソウルって街はもちろん首都なのだから当たり前なのだが、妙な活気がある。
街中に溢れる屋台は、その活気の理由の一つだろう。

人の集まるところにはあれこれと屋台が出現し、営業を始めてしまう。繁華街の夜なんてもの凄い数が出てきて道を歩けないほどだ。

Toppki そんな屋台で買い食いするのが、ソウル歩きの最大の楽しみだ。
写真はトッポギ。モチの様な物に甘辛いタレが掛かっており、屋台料理の定番なのだが、基本的には「子供のおやつ」としても食べられている。
これ僕の好きなんだけど、店によってはかなり辛い!
子供の頃からこんな辛い物食べていれば、超辛党になるのは当然か?

この紙コップに入っているのは「おでんの汁」。

Oden_1 「おでん」はそのまま「おでん」と言うのだが、真っ黒汁のおでんに幼き頃から親しんでいる我らしぞ〜か県民にとっては薄いものの、串に刺さったその様は、その大きさの違いはあれどしず〜かに共通する物がある。


こんな物を食べていたら、昼間からビールが飲みたくなった。
そんな折にオジサンが一人入ってきて、焼酎を一杯注文し、クイっと飲み干して出て行った。その間約1分。よくみると、アイスボックスにはビールなんかもしっかりと入っているではないか。

ソウルの屋台は、日本にはあまりない「100円、2分間で酒が楽しめる店」でもあるようだ。

辛党を自他共に認める方!ポチっとご協力ください。

*******************
人気blogランキング
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/02

「白いかもめ」絶滅させるな 新幹線反対の鹿島市長 長崎線存続の象徴に

Yahoo!のニュースより。

 九州新幹線西九州(長崎)ルート着工の前提条件である並行在来線(JR長崎線)の経営分離に反対している、佐賀県鹿島市の桑原允彦市長は1日、定例市議 会で、長崎線を走る白い車体の特急「かもめ」を動植物の絶滅危惧(きぐ)種に例えて「『白いかもめ』を絶滅させてはならない」と述べ、存続運動のシンボル にする考えを示した。
 このアイデアを桑原市長に提案した市民グループは、「白いかもめ」を掲載した「鹿島市版レッドデータブック」と称する存続運動の啓発パンフレットも作製予定。市は、東京などでの要望活動に活用する方針。

 JR九州の運行案によると、博多‐長崎間の特急は経営分離後、博多から肥前鹿島までとなり、便数も5分の1以下に激減。肥前鹿島‐諫早(長崎県)間は経営を引き継ぐ第3セクターが普通列車を運行する。

以前からおかしいと思っているのが、新規に新幹線を建設すると在来線は廃止されるということ。まぁその辺はいろいろと事情があるのだろうから僕は何とも言えないが、実際車社会になってしまっていたら誰も各駅停車に乗らないのだから
「それも仕方無し」
ということだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから一年が過ぎました・・・

R1100gs_002三月でGSに乗り換えて1年となりました。
距離的には1万キロちょっとと、走ったようで実はそれほど距離は伸びていません。

写真は諸氏からの「早く公開せい!」とのプレッシャーに押され、アップする写真を撮るためだけに5時半に起きて走りに行った御前崎です。(笑)
R1100gs_001_1







Nishi_izu001 その後、西伊豆アウトライ●ーごっこツーリング。GO!>>
静岡>福島>茨城一泊二日(笑)。GO!>>
雨の会津ツーリング。GO!>>
白馬のついでに盛岡・秋田ツーリング。(爆)GO!>>
冬の雨、西伊豆ツーリング。GO!>>

R11gs_1 Gs_3














R1100gs_sagara01_1Kawane002_1








1万キロか〜、甘い甘い!と言う方>>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/01

牡蠣づくし、とくればコレでしょ。コレ。

002 先日、地元の仲間と「牡蠣を食べよう」となった。(この冬?最後の牡蠣かな)
岡山と浜名湖の牡蠣を取り寄せての牡蠣づくしである。
そして登場したのが「いわて蔵ビール」(岩手県一関市)の「三陸牡蠣の黒ビール 」である。

牡蠣鍋を食べつつスタウトを堪能するM氏。
ヒゲ面に綺麗な泡を付けながら
「う〜ん、美味い!」

この写真を見る

001

普段は「黒いビールはちょっと・・・」と言って直ぐに日本酒に移ってしまうO氏も、「本当にこのビールって牡蠣が入ってるだ?」と遠州弁で質問しながらずっとビールで通した。

ある人は「え?この色はオイスターソース?」って言ったが、そんな訳ありません(笑)

■以下パンフレットより抜粋
19世紀から20世紀の変わり目に、イングランドのコルチェター・ブルーイング社が「オイスターフィースト・スタウト」というビールを醸造し、毎年オイスターの季節に売り出したのが始まりです。その後いくつかの醸造所で生産され、一時はイギリスからアジア・アフリカ・アメリカにまで輸出していました。しかし、1960年代後半に生産が中止され、約30年間は製造されていなかったのですが、最近アメリカ等で復活していました。
また黒ビールと牡蠣の取り合わせが美食家に流行りだしたのは1759年に「ギネススタウト」が生まれてからです。オイスターのデリケートな潮の香りとスタウトの強い麦芽風味は口の中で誠に絶妙なハーモニーを奏でるため、この2つは酒と料理の組合せがもっとも理想的なサンプルになったからだそうです。
___
003 ん〜なるほど。
英国のオイスターバーなんかでみんなが嬉しそうに牡蠣をつつきながら飲むのにベストなビールなんだな。
そのビールを楽しみつつ、牡蠣もフライ、そして牡蠣飯が登場し、最後はラーメンを入れて〆。

三陸牡蠣の黒ビール <-購入サイトへ


「へぇ、牡蠣入りのビールですかい!」と驚いた方>>

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
ランキングがアップにご協力を!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »