« 昭和の風景 | トップページ | ドイツビール紀行2006〜Würzburgへ〜 »

2006/12/30

神田〜戸を開けたら、割烹着

Sanshuya01伊○の次に、そこから2分ほど歩いた所にある三○屋へ行った。
磨りガラスなので中が見えずちょっと不安だが、がらりと戸を開ける。

割烹着を着たオバサン達がテキパキと働いており、カウンターと数脚並んだテーブルはサラリーマンでほぼ満席。何とか奥の席に座れた。

Sanshuya02肉豆腐ではなく「鶏豆腐」。
鶏肉のあっさりとしたスープが美味い!

金宮の水割りを飲みながらいただく。
他に、あら煮、たこわさを注文し、神田の夜は終了。
(翌日の盛岡遠征前日、急遽金曜に都内出没したのでした・・・・)

*******************
人気blogランキングへ
「ブログランキング」に参加しております。
もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m

|

« 昭和の風景 | トップページ | ドイツビール紀行2006〜Würzburgへ〜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田〜戸を開けたら、割烹着:

« 昭和の風景 | トップページ | ドイツビール紀行2006〜Würzburgへ〜 »