« 夏の奇行総集編 その1 | トップページ | 夏の奇行総集編2 »

2006/10/30

ドイツビール紀行2006〜ここもやはり洞窟

Kreuzberg_keller042杯目のビールを買いに行く。
売り場にいるのは大男で、赤いエプロンをしている。セルフサービスのカウンターにはディズニーのキャラクターが置かれており彼とは対照的なオーラを放っている。


Kruezberg_kellner「中も撮れよ。ポーズはこんな感じか?」
ヘレスを注文した僕に対し、彼は笑顔でポーズを取った。大きな木樽の注ぎ口にジョッキを近づけ、ビールを注いでいる仕草をしている。壁に造り付けられた棚には1L入りの陶器ジョッキがズラリと並んでいる。
おお、良い感じだ。パシャパシャ。

「すまんがビールはSchnitt(シュニット)にしてくれ」
とビールを注文する際に頼む。
「Schnitt!?」

これは樽の口を空けて、直ぐに閉めることでビールを満杯にせず、半分くらい又はそれ以下にして客に出すことだ。もちろん安い。
大の男がシュニットとは何事か、と言わんばかりに目を大きく見開いて彼は僕の顔を見るが、
「ビアライゼは一日に何杯も飲むからな・・・」
と一瞬にして状況を察してくれた。

ただし、1Lジョッキのシュニットは、量が半分としても500mlあるので「少量」とは言えないのが辛い。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

|

« 夏の奇行総集編 その1 | トップページ | 夏の奇行総集編2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツビール紀行2006〜ここもやはり洞窟:

« 夏の奇行総集編 その1 | トップページ | 夏の奇行総集編2 »