« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/31

夏の奇行総集編2

Uni_0674白馬から一気に会津若松へ。
さらに北上し、水沢ICで東北道を降り、遠野方面への県道を楽しんだ。

快走快走。



Dsc_0048田園の中を走る。
こういう風景が大好き。





Dsc_0054_1荒川高原。
残念ながら馬は見れず。





Uni_0718盛岡冷麺万歳!!

これは「別辛」。
キムチを入れる前。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/30

ドイツビール紀行2006〜ここもやはり洞窟

Kreuzberg_keller042杯目のビールを買いに行く。
売り場にいるのは大男で、赤いエプロンをしている。セルフサービスのカウンターにはディズニーのキャラクターが置かれており彼とは対照的なオーラを放っている。


Kruezberg_kellner「中も撮れよ。ポーズはこんな感じか?」
ヘレスを注文した僕に対し、彼は笑顔でポーズを取った。大きな木樽の注ぎ口にジョッキを近づけ、ビールを注いでいる仕草をしている。壁に造り付けられた棚には1L入りの陶器ジョッキがズラリと並んでいる。
おお、良い感じだ。パシャパシャ。

「すまんがビールはSchnitt(シュニット)にしてくれ」
とビールを注文する際に頼む。
「Schnitt!?」

これは樽の口を空けて、直ぐに閉めることでビールを満杯にせず、半分くらい又はそれ以下にして客に出すことだ。もちろん安い。
大の男がシュニットとは何事か、と言わんばかりに目を大きく見開いて彼は僕の顔を見るが、
「ビアライゼは一日に何杯も飲むからな・・・」
と一瞬にして状況を察してくれた。

ただし、1Lジョッキのシュニットは、量が半分としても500mlあるので「少量」とは言えないのが辛い。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

夏の奇行総集編 その1

夏の「白馬〜東北奇行」で撮った写真の総集編です。

Dsc_0018_1明野のヒマワリ畑。







Dsc_0028_1同じくヒマワリ畑。







Uni_0593_1戸隠。













Uni_0640_1猪苗代湖から福島へ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

ドイツビール紀行2006〜Kreuzberg一軒目のビアガーデン〜

Kreuzbergこの丘にはビアガーデンが3軒あるのだが、ここの主役はビアガーデンではなく教会であることを一応示しておきたい。
山というか丘のてっぺんある小さな教会。これこそがKreuzbergの主役であり、象徴でもある。


Kruezberg_garten01この教会の門前に並ぶようにして3軒の店がある。
ここは醸造所ではないが、先ほど通ってきた集落Hallendorfにある2軒の醸造所と、その隣にある集落Schaidにある醸造所の直営ビアガーデンだ。


Kruezberg_bier01まず一番奥にあるRittmayer Kellerへ。
教会の真下にあり、規模的にも一番大きそうだ。通路に面した小屋には、「ビール」「食事」「ピザ」と窓口が別れており、全てセルフサービスとなっている。
夕方5時を回っているが、平日ということもあり客はまばらである。
スポーツスタイルの自転車でやって来た数人のグループと、マウンテンバイクでやって来た夫婦が別々のテーブルに2組いる。
僕が埃が立たぬよう、自転車を押しながらやって来ると、その強烈な視線が一気に注がれるのが解る。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/27

ちょいと行ってきます

行き先はドイツとクロアチアです。
クロアチア・・・・情報があんまりありません。
ケルン・ボン空港からLoyld Expressという航空会社でリエカまで行きます。
リエカ空港から市内までは「バスで30分」だそうです

たぶん、バスは市内のバスターミナルに着くと思うので、そのままロヴィニやプーラと言ったイストラ半島の街までのバスが出ていると予想しています。

宿はまだ取っていませんが、バスターミナルの近くにはたぶんインフォメーションがあると思うので、そこで探せばいいかな。。。

最近勝手を知ったドイツの街々村々ばかりを歩いていたので、久しぶりに旅人魂が復活です。(^_^)

・・・とかなんとか言いつつ、しっかりビール紀行もします。

ブログはタイマー設定で毎日更新されますので、皆さん引き続き見てください。
コメントの返信はあまり出来ませんので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

Long Way Round〜2006夏ツーリング:完結

Uni_0935福島県で雨が降ってきた。
レインコートを着込むと、その後食事などに苦労するため、PAに入り雨宿り兼情報収集、及び食事。ついでに給油もしておく。

しかし、宇都宮を越えたあたりから晴れてきた!

Uni_0936渋滞気味の首都高を抜け、海老名に到着。
心配された雨にも降られないあたり、やはり今年の僕は違う!

しかし、東北からの帰り道の首都高は地獄の様だった。パニアがあるので、すり抜けも出来ず。







Uni_0937無事に帰宅。
走った都県は・・・
静岡、山梨、長野、新潟、福島、宮城、岩手、秋田、栃木、埼玉、東京、神奈川。

走行距離2400km。
充実した5日間ツーリングであった。

おしまい。

ツーリング中、お世話になった方々に厚く御礼申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/25

朝食を食べるということ

Bei_klaus_2_1写真はドルトムントに住む友人宅にて。

「朝食会」
友人達を招き朝食を食べる会。
いつもの朝食はパン(ブロッヒェン)とハムと簡単なもの。会の時は基本的にハムやチーズの種類が増える。

日曜の朝食会が多いが、人が集まりだすのは11時頃から・・・。
食事に一区切り付くとビールを飲み出し、終わるのが遅いときで午後10時(笑)。

はやい話、ただの飲み会である。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

ケルンへ。

今週末より、ちょっとドイツへ行って来ます。
まずはフランクフルトに着いて、そのままケルンへ。

翌朝ケルンからクロアチアのリエカへ飛びます。その後、ザブレグからケルンへ戻ってきて、そのままドルトムントへ。

ちなみに、何とか2日間だけフランケンに行く時間を作りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/23

Long Way Round〜06夏ツーリング〜なぜか二本松で・・・

Uni_0921東北自動車道を南下。
途中のPAで天気予報を見つつ、何故か二本松で降りる。
雨が降るときは降るので、まだ降っていないうちはちょっと下道を楽しもう、とライダーらしい決心をしたのだ。(笑)

近くに広域農道を見つけたので、そこをフラフラと走る。一応方向的には東京方面に進んでいる。

Uni_0925途中で鳥居の並んでいる山を発見。
登る時間は無かったが、しばし休憩・・。













Uni_0930稲荷神社らしい。
何とも霊気漂う空間。






Uni_0934福島市内で給油中。降ってきたぞ。遂に!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/22

これ無しで、しぞ〜かは語れない!

昨日の昼飯は「げんこつハンバーグ」だった。
しぞ〜か人の心のメニューと言おうか、何と言おうか、これはやはり我々のソウルフードの一種だろうか?
「さわやか」の超人気定番メニュー。

休日に行くと何時でも満員。平日でも時間によっては満員御礼。

サッカーの試合の帰り、仲間4人で毎回「さわやか」へ行った。
「ご注文は〜?」
と来ると、メニューも見ずに
「げんこつハンバーグ・オニオンソースとライス大盛りを4つ」
と誰かが必ず即答していたっけ。

静岡最強のチェーン店のひとつであろう、この「さわやか」。
両横に大手全国チェーンが来ようと、格安回転寿司やラーメン店、牛丼チェーンが来ようと関係なし。いつも満員。

そういう意味でも凄い店である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/21

ドイツビール紀行2006〜Kreuzbergへ登る

Fahrad_band2「Kreuzberg>>」
やっとこの看板を見つけた。看板の横にジョッキのマークが書いてあるあたり、さすがフランケンである。
右手に羊の群れを見ながら登るゆるやかな坂道が、森の中に突き刺さっている感じがする。
これを今から登ることになる。

Kreuzberg_str02所々にベンチが置かれた道は緩やかだが確実に登っている。普段の運動不足が祟ったのか、汗が噴き出しTシャツはびしょ濡れになった。
暫く走ると視界が開けた。谷の向こう側には小高い丘が続き、白いテレビ塔が見える。



Kreuzberg_baum手前にある一本の木。開花間近の菜の花畑の真ん中にポツンと立つ大樹が何とも存在感を醸し出しているので暫く見とれていると、自転車で下ってきたひとりの中年男性が声を掛けてきた
「あの木は200年ほど前から立っているらしいよ」
彼の顔はちょっと赤い。

「上にはビアガーデンが3軒あるんだ、みんな美味いぞ!」

「知っているよ。そこでビールを楽しむために自転車漕いでやってきたんだ」

「うひょー!それは凄い!じゃ、存分に楽しんでくれ!」
と男は自転車で坂を駆け下りていった。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

オクトーバーフェスト in ドイツ学園!

Okt_fest01 2週間ほど前の話。

オクトーバーフェストへ行ってきた。それも横浜にあるドイツ人学校での話。

本国では2週間も行われるフェスタであるが、ここでは一日だけ。

それでも本国を偲ぶのか、父兄達は気合いを入れて盛り上げている様子がわかる。

Okt_fest02 これは普通の学園祭であるが、完全に主役はお父さん達。
グリルでソーセージを焼き、不慣れな様子でビールサーバーを扱う。

何年か前は、空輸されたHOLSTENの樽ピルスナーだったが、今年は国産の地ビールメーカーのオクトーバーフェストビールで、個人的には嬉しかった。

ただし、紙コップは残念。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/19

Long Way Round-2006夏ツーリング*杜の都

Uni_0917仙台市内のYHを早朝に出発。
朝から「クリーン作戦」らしく、横断歩道にはゴミ袋を持った団体さんが連なる。

さすが、クリーン仙台、杜の都。

Uni_0918

仙台南ICから高速に乗る、今日は帰るだけなので、何となく寂しいねぇ。

おまけに台風が来ているので、雲行きも怪しい・・・。

晴れ男伝説もここまでか!

まだつづく。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

冷蔵庫の話

昨日見た「伊東家の食卓」より。

冷蔵庫の普及に一役買ったのが「冷えたビール」だったという。
なるほど。

その前はわざわざ店に行って冷えたビールを飲んでいた、と言うのだが。

これってドイツの田舎に似ているぞ。

家では飲まず、醸造所で飲む。

ちょっとケースは違うかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

何と!友人が大陸横断レポ

Kawane002 以前、スウェーデン人の友人とのツーリングを書いた。

その友人エリックがユーラシア横断に旅立ったが、こんなコラムの掲載が始まっていた

僕らは元々旅好きで、長さの差はあれど、バックパック担いで旅をしていたという共通の話題があった。「旅の足」としてバイクに乗り始めたというのも同じである。

再会後、メールでキャンプ道具の事を議論したり、旅の話をしたりとやり取りが続いたが、意外とあっさり出発していった。
北欧の人ってのは、人生の転機に旅をするのは習慣なのかな?

出発間近に行われた彼の誕生日パーティーにも行けず、結局一緒に「両国ポパイ」で飲むこともなかったのが残念だが、出発間際に

「コラムを見てくれと」

このアドレスの付いた短いメールが来た。

僕のドイツビール紀行に同行したいと言っていたので、次に会うのは、多分ドイツかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/16

秋のビール紀行

オクトーバーフェストがあるため、ドイツへ行く人も多いが、日本でも最近オクトーバーフェストが増えてきた。
地元でも秋祭りがあるが、これだってオクトーバーフェストである。

ドイツ式のオクトーバーフェストが主流だが、日本式のオクトーバーフェストが誕生すれば、これまたおもしろいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

入笠山でキャンプ

Shinshu003 先週、ポッカリと時間が空いたのでビーナスラインを走ったのだが、前日は入笠山でキャンプをした。

湿原の横にあるキャンプ場は以前も来たことがあるが、最低限の設備で直火可能なサイトが魅力的。

Shinshu005 ただし、朝は寒かった!

氷点下まで下がったらしく、テントは凍っていた。

ちなみに、テントが凍るくらいの時期が、僕にとってのキャンプシーズンなんだが・・。

(虫がいない、人が少ない)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/14

Long way Round 2006夏ツーリング:牛タン!!!

Uni_0911 何軒目かのYHで「満室です」と言われた後、

「台所でも居間でも良いから泊めてください」

と言ってみる。普通の宿なら×だが、YHではこのセリフが通用する場合がある。

「ちょっと待って・・・・」

と電話口のオジサンが受話器を置いて一端消えた。

2分ほどして帰ってくると、

「狭いけど良い?」

何とか部屋に押し込んでくれた。今、その部屋に居る人に狭くなる事を了承してもらってきたということだ。

ベットのYHだと本当に居間になってしまうが、ここは畳にフトンのYHなので、こういった事が可能なのだ。

Uni_0889 仙台市内を迷いに迷ってチェックイン。友人に場所を告げると直ぐにやって来た。

さぁ、牛タンである。前回は彼も飲んだが食べ損ねた経緯がある。

Uni_0899 牛タンの握り!!

Uni_0900 牛タンコロッケ!!

Uni_0903 そして酒!!酒!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/13

ドイツビール紀行2006~Kreuzberg手前のケラーへ!

Hallendorf_keller05 Schaid方面に登っていく坂ではなく、住宅地の方へ向かっている道に進む。

この先に今日の目的地であるKreuzbergがあるのだが、その前に寄りたいビアガーデンがあるのだ。

先ほど閉まっていたLittmayerのビールを扱うビアガーデンだが、ここの地下室がまた素晴らしいという情報を掴んでいた。

Hallendorf_keller04 地下室を持つビアガーデンは、坂の上にある(山に穴を掘るため)。
何本も通っている坂道を間違えた場合、悲惨な目に遭うのはわかっているので、ちょうど道路工事をしていた体格の良い青年に聞いてみる。

どうやらこの道を登った所に間違いないらしい。

しかし、まだ早いのではないか、と彼の同僚がちょっと離れた所でスコップを担ぎながら言ってきた。

時間的には午後3時半過ぎである。

その時、一台のスズキ・ジムニーが坂を登っていく。

「あれだよ、あれ!あの車がビアガーデンの主人の物だ。ラッキーだな、直ぐに開けてもらえよ!」

ちょうど良かった。開店準備のためにご主人がやって来たらしい。

Hallendorf_keller02 このビアガーデンは一番上に駐車場とトイレがあり、客席は下方向へ雛壇状に拡がっているのだ。

山の斜面に造られた小屋の鍵を開け、老夫婦が準備をしている。

駐車場の高さから、一段下がった所にあるのが2階部分の入口。ドアを開き、というか外し、そこに腰の高さほどの板をはめて即席のカウンターが出来た。

壁にはメニューが掲げられているが、基本的には「Brotzeit(ブロートツァイト)」と呼ばれる「切って盛るだけ」の軽食である。

家で仕込んできたらしい大きなタッパーが幾つも運ばれているが、この中にはポテトサラダやザウアークラフト(キャベツの漬け物)が入っているのだろう。

Hallendorf_keller01 小屋の横の階段を降りていくともうひとつのドアがあった。

ここも2階部分と同じように即席のカウンターが造られている。

オジサンが準備しているのはビール。木の樽に注ぎ口を打ち付けて、台の上にドンと置いた。

なぜ、2階が料理で1階がビールなのか。

それはこの斜面という地形が大きく関係している。

この小屋の1階部分からは、真横に向かってトンネルが出来ているのだ。もちろん、このトンネルはどこかに通り抜ける物でもないし、そしてハリーなんて名前が付いている訳でもない。何を隠そう、これはビールを貯蔵するために掘られた横穴なのだ。

Hallendorf_keller03 1階部分から奥へ入れてもらう。

石枠で型取られた入口があり、そこから奥へと繋がっているトンネルには、ビールの樽がゴロゴロと転がり、ワインやソフトドリンクのケースが並べられている。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

ブラジル移民

第一回移民の生存者のニュース

最後の生存者が亡くなったというニュースを読んで思い出した。

僕がドイツで学生をやっていた頃の体験で、印象に残っていることのひとつが「日系人」との付き合いである。

日系人だから顔つきは日本人そのままだが、その生活環境によって彼等の言語環境は違っていた。

同じクラスにいたクリチーバ出身の女性はエレナとかマリアとか言う名前だった。彼女は両親とも日系人(2世)で祖父母とも同居していたため日本語が出来る。

学校ではポルトガル語だが、家では全て日本語で育ったからだ。

彼女の旦那さんもやはり日系人であった。彼の両親もまた日系人(2世)だが祖父母とは同居していなかったという。よって、家庭でもほとんどの会話がポルトガル語でなされていたため、日本語が話せなかった。

僕が彼女と話す時は日本語だが、旦那さんと話す時はドイツ語。(旦那さんはドイツ留学経験有り) そして夫婦間での会話はポルトガル語。

誰かが「ワールドカップではブラジルと日本どちらを応援するか?」(当時は1998年フランスワールドカップ)と質問をすると

「ブラジルに決まってるよ。私はブラジル人。」

ときっぱりと言い切ったことがとても印象に残っている。

また、「KAZUは日系人の誇りだった」とも言った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

ビーナスライン!

Vinusline02 週末、ちょっと時間が出来たのでビーナスラインまで走りに行った。

何と、何と、もの凄く良い天気。

これで完全に「晴れ男宣言」が出来るハズだ。

連休最終日で晴天ということで、結構混んではいたが、クラッチを握る手が痛くなることはなく、写真の様に快適に走れた。

Vinusline01

八ヶ岳はもちろん、遠く富士山まで見渡せる。

デジタル一眼で撮ろうとしたら、何とメモリーが入っていない!

コンパクトデジも持っていて良かった!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/10

Long Way Round~2006夏ツーリング:七夕の街

Uni_0881 吹上温泉のキャンプ場に泊まろうかと思っていた。ここには極上のキャンプ場の他、たしか地ビールがあると思った。

一人キャンプでも、食事は隣のブルワリーってのが良い。

しかし、台風が接近している関係でより南下しておきたいと思い、今回はここを断念。やはり当初の予定通り仙台を目指すことにした。

学生時代の友人が仙台にいるので、電話をする。

「なんでオマエはいつも急なんだ!」

と言うものの、今夜ヒマとの事で飲みに行く約束をする。

Uni_0885

「時はぁ~め~ぐ~り~、また夏が来て~、あの日と同じ~七夕ま~つり~♪」と青葉城恋歌の2番を口ずさみながら仙台を目指す。

途中、楽天トラベルから宿を検索するが「満室」表示がズラリ。
「まぁいいや。YH(ユースホステル)にでも泊まろう」
と言うことで、仙台市内についてからYHに電話する。ツーリングマップルの巻末には、YHの電話番号が掲載されているので便利。
4号線でうっすらと暗くなったが、仙台の街には19時頃着。

「すみません、今日泊まれますか?」

「満室なんです。」

まぁ、そんなこともあるさ。次のYHへ電話。複数ある街は良い!

「すみません、今日泊まれますか?」
「満室です。」

何?!じゃ、次!
「すみません、今日泊まれますか?」
「満室です。」

げ!そんな馬鹿な!
「ホテルもYHも全部満室なんだけど、今日なんかあるんですか??」

「あんた、今日は七夕の最終日だよ。」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/09

瓶酒

Uni_1066 先日、ちょっとしたお酒のイベントへ行ったのだが、こんなお酒を飲むことが出来た。

秋晴れの空の下、サンマを食べながら飲む冷おろし。

ん~っ、美味い!!

普段はそれほど飲めないのだけれども、この日は昼間からチビチビ、そしてガバガバと飲み続け、夕方には就寝。酒の夢を見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

町中に銀行が増えた!

こんなニュースを読んで思い出した。

町中に銀行が増えている。
そう「Soft Bank」であるが、もちろんその実体は携帯電話屋。

日本を旅行している外国人にとって、両替の問題が結構深刻らしい。
外為法が改正され、どこでも両替屋が開けても良いはずが、どこにも無い。
銀行で両替をしようと思えば、

「●●支店へ行ってください」

そして色々と書類を書いて云々・・・。

ソフトバンクの看板を見て

「おお、銀行がある」

と両替に入る外国人旅行者も居るんじゃないかと思った。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/07

●福の餃子を

P1000026ちょうど本店前をお昼に通りかかったので、餃子を食べた。

先週末、浜松では「餃子まつり」なるものが開催されていたが、しぞ~か西部では餃子をよく食べる。

宇都宮が町おこしとして餃子に熱狂するまでは、消費量が全国一だったらしい。

そして、その事を気にも留めないのが、何とも遠州人らしいではないか。

市内をフラフラしていると、確かにそこら中に「持ち帰り専門店」がある。

ちなみに、真ん中に盛られている物が「もやし」。

学生の時、都内で初めて食べた餃子に「もやし」が付いていないのはビックリだった。(笑)

ただし、その何日か前コンビニで初めておでんを買った時に

「すみません。鰹節と青のりはどこにあるのですか?」
と質問し恥じをかいたので、何も言わなかった。(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/06

ハスフライでビールをゴクリ

Uni_0973蓮根フライ、すなわちハスフライが大好きという人は結構多い。

どかんと大きなハスフライをハフハフ言いながら食べ、ビールをゴクリとやるのが良いのだ。

静岡市内の麻機沼では古くから蓮根栽培が行われていたらしく、今でも静岡市内ではよく蓮根を食べる。

Uni_0996

焼いても美味い。

次にブレイクするのは「ハス」か??!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/05

Long Way Round 2006夏ツーリング*ひと風呂あびる

Uni_0878 R108号で鳴子温泉方面へ走る。
共同浴場又は鄙びた一軒宿系が好きな僕としては、ひとつくらいは温泉に入っておきたい。

ここは温泉天国東北。

マップルを見ていると、「秋の宮温泉郷」とある。
おお、ちょっと寄ってみよう。

その中でもちょっと外れにある「湯の又温泉」行くことにした。

国道から分岐する道。なんだか秘湯の雰囲気が漂う。

Uni_0876

「オンロードバイク」のGSで坂をぐいぐいと登って行く。ダートになったらどうしよう・・・と臆病になったが、幸い舗装路のまま温泉へ着。

Uni_0865

坂道を降りていくと、雰囲気の良い一軒宿が現れた。

庭では家の人が薪割りなんてしている。
そして洗濯物がヒラヒラ。

「こんにちは~」と挨拶すると

「お風呂ですか~。どうぞどうぞ」

岩から染み出ているのか、深い湯船には蛇口が無い。
しかし、なかなか熱い温泉が満杯になっている。

廊下からは小川のせせらぎが。いつかは泊まってみたいと思いつつ、出発!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツビール紀行2006~小集落Hallendorfの醸造所に潜入。

Hallendf_cheff「今の時間、ここでビールは飲めないが、この先300mほどの所にあるDorfkeller(ドルフケラー)や、さらにKreuzbergにあるKellerでビールが飲めるよ」 木製の樽はほとんど使われていないようで、その代わり、やはりステンレス製の樽が積み上げられている。

「もし時間があるようならば、中を見ていくかい?」

もちろん、おじゃますることにする。

Hallendf_innen01_1この醸造所も長い歴史を持っている。外観はその貫禄が充分に感じられるが、中に置かれている設備は結構近代的で、ステンレス製の物がほとんどだ。

Hallendf_innen02_1階段を降りた所が貯蔵庫で、100Lタンクがズラリと並んでいる。以前は丘にあるケラーで貯蔵していたのだが、設備の発展により夏期でもここで貯蔵できるようになった、ということだ。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

刺身を肴にチビチビ

P1000024 東京から源さんがやって来たので地元で飲んだ。

「とにかく美味い魚を食べたい」

と言うので近所の居酒屋へ行った。
徒歩1分。
御前崎から毎日運ばれる魚が楽しめる店で、この日は鰹を出してくれた。

P1000023 もうひとつ。太刀魚の刺身。

ビールをグビリと飲み短時間で退散。

隣町の大衆酒場でちょっと飲んだ後、「さんぱち屋」へ。

源さん、さんぱちデビューで大はしゃぎ。

しかし、互いに酔いが早く銘酒3種類を飲み退散。

開運の「ひやおろし」と「御日待家」、そして喜久酔と静岡銘酒3本締め。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

ビール文化と豆腐

Frauendorf_br01 僕がよく出没しているドイツ・フランケン地方では、点在する小さな集落に、家族経営の小さな醸造所が点在しており、未だ煙突の見える範囲でビールが楽しまれている。

地元で生産されたビールを地元で消費する。

何だか凄い事に聞こえるが、日本酒だってそれに近い状態にある。

我がしぞ~かにも数十軒の造り酒屋が存在している。僕の住む町にも一軒あるし、何年か前までは二軒だった。

Tatsu003 最近気が付いたのは豆腐
我が町には2軒の豆腐屋があり、店頭売りはもちろん、地元の小さな八百屋から進出している大手スーパーでも売られている。そして良く売れている。

先日、夜スーパーに行ったら大手スーパーのブランドで売られている安い豆腐はあっても、ちょっと高い地元の豆腐の方は完売であった。

(仕入れ量の違いはありますが・・・・)

「●●さんトコのお豆腐が一番美味しいらぁ」

多少高くても地元の物から先に売れていく。

何だか、ビール文化の理想論みたいな話が、豆腐屋さんが達成しているのは凄いなぁ。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/02

Long Way Rouond~2006夏ツーリング*牧場で・・・

Uni_0821 迷走快走の仁賀保にて、蕎麦を食べる。
暑い暑いとウェアーを脱ぎ、冷たい蕎麦を頂く。

「冬は氷点下の中を走るのさ」つむじ風さんが言う。

「モスクワでは冬のナイトゲームで氷点下20度でサッカーっすよ」と僕が言う。

暑いからか、なぜか氷点下ネタ。

その隣で、さいとうじゅんさんはかき氷をシャカシャカと食べている。
(写真:道を空けてくれた瞬間)

Uni_0860 牧草地でオフロード走行を楽しむ・・・訳ではなく、写真を撮るためにバイクをゆっくりと置く。

高原の風景、信号の無い道、鉄塔の無い空。

思わず「いつも、こんな道ばっか走っているんですか!んんん!!」と唸ってしまう。

途中のGSで給油。
走った道を地図上で追っている僕に給油を終えたつむじ風さんが一言

「無駄無駄!がははは」

幼稚園時代、絵本代わり地図を眺めていた僕でも結局この日のルートは把握出来ず。
(T_T)

Uni_0863 朝7時から午後2時頃まで、200km以上を走った。

湯沢ICでつむじ風さん、さいとうじゅんさんとお別れ。お忙しい中、お付き合い頂き、ありがとうございました!

Uni_0864 再びソロ・ツアラーとなった僕は、湯沢から仙台方面を目指す事にした。

東海地方では台風による悪天候であったが、その雲は東北まで未だ来る様子がない。
しかし、翌日帰宅することを思うと、少しでも南下しておきたかった。

我がR1100GSと共に、一路仙台へ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/01

はんぺんを食べた

Uni_0994某ビールメーカーのCMでもハンペンを食べているが、やはりおでんにハンペンは欠かせない。

鰹節を掛け、パクリ。

先日、大手が出した物を食べたが、まぁ雰囲気は出ているものの・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »