« 公衆電話フォーエヴァー! | トップページ | うどんは腰が命!!・・・に反旗を翻すのか? »

2006/09/12

ドイツ・ビール紀行2006〜Rossdorfで昼食を

Rossdf_karte「食事もしたいのだけれども、表に書いてある黒板のメニューが読めないんだけど・・・」
というと
「どれどれ・・・・」
と店から出て黒板を読み始めた。
概して、ドイツ人の書く文字は日本人には読みにくい。みんなくせ字が凄く、一見象形文字のようにも見える。







Rossdf_essen「これはウィンナーシュニッツェルだ。えっと、あそこの人が食べてる」
と客を指さす。

「これは牛のステーキ。あのパラソルの下で一人で座っているオジサンが食べてるヤツだ」
「これはソーセージプレートで・・・・」
とビアガーデンを見回していると
「オレが食べてるよ!」
と客のほうから声を掛けてきた。






Rossdf_bierビールを飲みながら席で待っていると、オヤジさんがシュニッツェルを運んできた。
「Gute Apetit!(さぁ、召し上がれ!)」

<*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
よかったらクリックしてください。

/p>

|

« 公衆電話フォーエヴァー! | トップページ | うどんは腰が命!!・・・に反旗を翻すのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・ビール紀行2006〜Rossdorfで昼食を:

« 公衆電話フォーエヴァー! | トップページ | うどんは腰が命!!・・・に反旗を翻すのか? »