« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

サイクリストよ!

国道一号線を走っていると、学生の夏休みと言うこともあり、自転車で一号線をひた走る姿を目にする。

ロードバイクはもちろん、ママチャリで旅する人も多く、いつも敬意を持って「減速しての追い越し」をしている。

(バイク乗りの立場からすると、自分の足の力でキャンプ道具一式の載った自転車を漕ぐ彼等は尊敬に値する)

さてさて、稀にいるのがバイパスを走っている人達だ。

路肩がほとんど無いバイパスを走っていて「走行が危ない」と言うことに気が付かないかなぁ・・・、と思うが、しっかりした標識が掲げられていない、または掲げられていても小さく申し訳なさそうに建っているのが問題だ。

一号線は旧東海道に沿って通っているが、もちろん旧道の面影が有るわけではない。しかし、ちょっと道を外れると松並木や宿場町の街並みなどが残っているので、そういった情報をしっかりと道路上に示せば、彼等ももっと安全に、かつ風情を感じながらの旅が出来るのでは、と感じる。

(それらの街並みは、国道からの格下げにより県道ないしは市道と化している事が多いので、「一号線走破」が目的の場合はちょっと考え方が異なる。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール紀行2006〜Geiefeldでローカルビールを楽しむ〜

Geisfd_krug_br_1Brauerei Krugへ向かう。この店は車両進入禁止の細い路地にあり、さっきのオバサン宅の直ぐ裏手にある。鉄製のライオンを象った看板が見事で、その向こうには教会の屋根が見える。
一見農家の様にも見えるが、敷地の奥の方にもテーブルが並んでおり、庭全体をビアガーデンとして使っているようである。

醸造所のドアは閉まっているが、台所からは笑い声が聞こえている。玄関に掲げられている案内を見ると、どうやら夕方からの営業のようだ。数枚の写真を取り、次の醸造所へ向かう。

Gaisfd_giess_1次の醸造所といっても小さな集落内なので、自転車で一分で着いた。路地を出て、集落を貫く道路を数十m走っただけである。
Brauerei Griessは集落の外れに美しいビアガーデンを持つことで知られている。ここもやはり平日は夕方からの営業であり、残念ながら今は閉まっている。醸造所横の居酒屋もやはり閉まっている。

Gaisfd_keller_eingg困ったなぁ、と店の周りをウロウロとしていたら、経営者の家族らしき車が買い物から帰ってきたので、声を掛けてみる。
「店内では飲めないのかなぁ?」

すると、
「瓶で良ければ出すわよ。何がいい??」

店が開いていないのだから当然ビール樽も繋いでいない。しかしせっかく着たのだから瓶ビールでも飲みたい。
お言葉に甘え、瓶ビールを頂くことにした。
「では、一番売れている定番ビールをください」

Gaisfd_garten愛想の悪いオバサンだが、瓶入りのヘレスと陶器のジョッキを持ってきてくれた。
裏庭のビアガーデンに腰掛けてジョッキに注いだビールをグビグビと飲んでいると、コースターを2〜3枚持ってきてくれた。



せっかくなので、ビアガーデンの話を聞いた。
オバサンが言うには、夕方からの営業であるが開店と同時に地元の人達がゾロゾロとやって来て、いつも大盛況だという。
今日は時間的に開店を待っている訳にはいかないが、この地域に何日か滞在しているので、数日以内に寄ると約束する。

ちなみに、先ほどの瓶ビールはオゴリであった。
「その代わり、ビアガーデンには顔を出してね」

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

足跡帳 第二弾!!

おかげさまで当ブログの足跡帳に多くの方々の書き込みを頂きました。

何時でも書き込めるようにしてありますが、一番下まで降りなければ書き込めないので、新たな足跡帳を設けます。

皆さん足跡をよろしくです。

浜松のHさん始め、書き込みを躊躇していた方も、これを機会にどうぞ!!

| | コメント (55) | トラックバック (0)

2006/08/29

居酒屋にて・・・

Augen目玉煮を注文。

美味い美味いと説明しても皆食べず。。。。

ちなみに酒は磯自慢。
う〜ん、デリシャス!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/08/28

美味い物、ここでしか食べられない物

後で詳しく書くが、ドイツ人を居酒屋へ連れて行った。
重要なイベントが終了していたため、日本の文化を知りたい、という彼らを居酒屋へ連れて行った。

彼らの要求は
「魚」「この土地でしか食べられない物」「メチャクチャ美味い物」。
そっか、そっか。あるんだよ。ここ(漁港の近く)でしか食べられないんだよ。美味いんだよ。もちろん、ドイツでは食べられないよ・・・・。

と注文したのは・・・・・・。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 何か知りたかったらクリックしてください。(爆)

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006/08/27

城之崎にて・・・

Kinosaki何年か前に寄った城之崎温泉。
メジャー級の温泉街ってのを避けていた僕であるが、なかなか良い感じの街であった。

ちょうどGWの最終日だったと思う。
先日までの客が全て引いたため、各々の宿は値引き合戦。
素泊まり3000円以下で温泉パス付き・・・なんて看板があちこちに。

休みは翌日まで。少しでも東へ行っておきたかったので、残念ながら温泉だけ楽しんでさらに走った。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/08/26

外人ハウス暮らし28〜ビートルハウスの日本人会?〜

数人住んでいる日本人がたまたま顔を合わせた。
普段は挨拶もするし、一緒にテレビを観ていることもあるのでもちろん初対面ではない。全員が顔を合わせることが少ないのだ。

ちょうどみんな食事をしようとしていた所で、せっかくだから屋上で一緒に食べようか、と言うことになった。

その場でみんなの食材を持ち寄ってみると、見事にバリエーションが無い。みんなモヤシとキャベツと何故か魚肉ソーセージしか持っていないのだ。
理由は簡単。買っている店があの八百屋なのだ。今週のサービス品は魚肉ソーセージ5本一束。3束買うと2束おまけ。
僕は保存が効くこともあって買いだめしたのだが、みんな同じ事を考えていたようだ。

せっかくだから肉を喰おう、肉を。

ということで自転車を持っている僕とシゲキさんが、買い出しに行くことになった。行き先は二つ先の駅前商店街にある安い事で有名な肉屋だ。
毎日目玉商品があり、それに関しては100gで80円位。これにちょっと高めの肉を合わせ3kgを購入し帰還。

屋上に上がると見事なグッズで準備ができていた。
柄の取れたフライパンの下でゴーゴーと炎を出し続けているのは、名品ホエーブス。ジンバブエの宿でフランス人から20ドルで買ったものだという。
椅子は無いが、屋上の冷たいコンクリートの上に敷かれた毛布。4人が持ち寄った物なのに、よく見るとどれも航空会社のロゴが入っている。

住民は基本的に旅行経験豊富な人ばかりだ。ソロ用のキャンプ道具はどれも名品ばかりで、かつ使い込まれている。
一人ひとつは持っているコッヘルも、年季の入った物ばかり。中にはアフリカ縦断してきた物もあり迫力がある。

肉を食べビールを飲み、そして旅の話をする。

「こういう所で日本人同士でビールを飲みながら飯を食べていると、ナイロビの宿を思い出すよ」
「そうそう、宿のボーイにチップやって追加ビールを買いに行かせたり・・・」

アフリカ上陸を果たしていない僕にとっても、彼等のアフリカ話を聞きながらビールを飲むのは面白いことだった。

「コバヤシ君はどっちの方を回ったの?」
「いや、アフリカは行ったことないですよ」

「あ、そうなんだ。珍しいねぇ」

アフリカが良いところなのは知っているが、行ったことの無い僕は珍しいかどうかは疑問である。
ただ、この時一緒に飲んでいた7人のうち、5人は頷いていた。

_______
久々の外人ハウスです!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

ネット社会

最近はネット無しでは生きられない人も多いと思う。
確かに便利だ。

今日、世界各国にいる留学生達は毎日毎日ネットを通じて日本語に触れていると思う。

僕がドイツに留学していたのは97〜99年である。
この頃のPC環境というと、大学生がやっと個人でPCを持ち始めた頃。
まだまだノートPCの値段が高く、デスクトップの一体型を買うのが精一杯だった。

日本ではアップルのパフォーマーシリーズを使っていた、ドイツに持っていくノートPCが無かった。
大学の図書館にあったのは、日本語不可のPC。
IP電話なんてのももちろん無い。
英語かドイツ語でしかメールは打てなかったが、便利な時代だと本気で思っていた。

もちろん、それ以前に留学されていた諸先輩からすれば「メールがあるだけ良いな!」と言われそうだが・・・・。

ちなみに、この頃の楽しみは、週に一度デュッセルドルフに新聞を読みに行くことだった。新聞を読んだ後に、毎週毎週アルトビールを飲みに行ったことが、現在の僕を形成したと言っても過言ではない。。。。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/24

「はんぺん」の話

Hannpen02「はんぺん全国へ!」のブログにおいて、るちゃりぶれさんのコメントに
「しぞーかはんぺん」を広めよう運動をはじめて10年。ようやく大企業を動かしましたね。」
と言うのがありました。

この活動ってのは「勝手にはんぺん普及委員会」と言うものです。

Hanpen10年ほど前から
「しぞ〜かではハンペンは白じゃない!」と言いながら、あちこちのキャンプなどで美味しい黒はんぺんを皆さんに配っていました。

そのせいとは思えませんが、嬉しいコメントです!
(笑)
「お茶割普及委員会」もありましたが、そちらは普及が進んだため、そろそろ解散かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その6

P1000013

会津若松に着き、さっそく居酒屋へ!下調べをしたら美味い馬刺が楽しめる店があると言うので行ってみた。遅い時間だったので、他のお客さんもいなく閉めちゃったかと思ったが、優しいご夫婦が迎えてくれた。「ウチの馬刺は会津一だ!」
と胸を張るオヤジさん。
こういう風に出されると気分も良いし、ますます美味くなる。
酒は「地元で愛され、日常的によく飲まれている酒をください!」
という僕の注文に、
「これは安いけど美味しいよ〜〜!」
と出してくれた。(花泉??)

P1000014これも郷土料理である「ニシンの山椒漬け」。
酒がついつい進んでしまう逸品。
ビール2杯。日本酒3合をしっかりと楽しませてもらった。




Aizu_sake純米酒至徳元年をいただく。
はっきり言って静岡の酒しか知らないので、この酒が有名なのか無名なのかは知らないが、そんなことはあんまり関係無い。

僕が好きなのは、地元の人々が「この酒が一番!」って誇りを持って薦めてくれること。

「酒処会津へようこそ!」
何年か前、初めて東北ツーリングをしたときに米沢から下ってきた峠の下にあった看板を思い出した。
やっと会津で酒を味わうことが出来た。
幸せ幸せ!

<麦とろ>
福島県会津若松市栄町4-9
0242-24-9886

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/23

はんぺん 全国へ!!

Asahi001なんとこんなニュースが!

これで「はんぺん食べたい病」の人達も安心。
・・・しかし、小さな家庭的手工業で生産されているのが良いんだよね。

食べたい人は是非しぞ〜かへ!

しかし、5枚入り191円!高い!!!

普通は10枚入り75円くらいです。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/22

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その5

Uni_0625R117をひた走り、一路新潟方面を目指す。
明日から東北の事を考えて少しでも北上しておきたい。

当初は米沢や横手あたりまで行ってしまおうかと考え、諸氏に相談をしたが「寄り道ツアラー」にとって、無理な話であった。

まぁ、次回ツーリングの楽しみが増えたので、それはそれで良い。がははは。

夕方の時点でまだ十日町あたりをフラフラしているが、気合いを入れるため(?)携帯で楽天トラベルにアクセスし、宿を予約。

Uni_0633町中を走ると流れが悪いので、途中からは県道の田舎道を走り、快走快走。
米どころを走っていると、あちこちの電柱に見える聞いたことも無い酒の名前が非常に気になる。

余所者には聞いた事の無い酒でも、地元の方々に愛されている、そんな酒が飲みたい!

と考えながら走っていると越後川口ICに出た。

Uni_0634本当は只見経由で行きたかったが、あのクネクネをナイトランするのは苦行に思えたので、高速で一気に会津若松を目指すことに。

途中のPAで給油+軽食を済ませ、隣に停まっていた1150RTのオジサンとしばし談笑。

午後8時頃に若松に到着したが、何と花火の日らしく、高速から花火見物しながら走った。

花火バンバンよりも、ヘルメットに虫バンバン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/21

ドイツビール紀行2006〜小集落Geisfeldに着いた〜

Geisfd_krug_br集落はS字にカーブした道路を中心に構成されている。道路沿いには赤い看板が建っており、警察はどこかな、と凝視してみると集落内にあるゲストハウス(民宿のようなもの)の案内であった。

3軒のゲストハウスのうち2軒は醸造所に併設されている。さすがビール王国フランケン。
(写真はその一軒Brauerei Krug)

この集落ではまず警察に財布を届け、さらには水を買いたい。
天候が良いのは最高だが、気温もかなり上がっており喉が渇いた。水を買いたい。

Fahrad_band教会近くをフラフラと走っていたら、一人の女性がいたので警察はないかと聞いてみた。
「この辺で一番近い警察はバンベルクよ」

そりゃそうだ。ここからバンベルク市内までは数キロの距離だ。交番制度も無い国なので警察があるわけない。
財布を拾った事を話すと、それは困ったと家にいた彼女の母親らしきオバサン(お婆さん?)と話を始めた。
中を覗いてみると現金、カードの他に免許証などが入っていた。その中に持ち主の住所らしき情報が入っていたので、オバサンは早速電話をした。

Geisfd_frau_1電話を切ると
「家の人に連絡がついたよ、帰ってきたらウチに電話をくれるように言っておいたわ」
と言うことであった。
普通、こういう場合は幾らかお礼をするのがドイツでも普通らしい。しかし、こちらは旅の身。
「持ち主が来たら礼は要らぬと伝えてくれぃ」
とこの場を締めた。

ついでに聞いてみた。
「隣の肉屋では、さすがに水は売っていないよね?」
「売っているかもしれないけど、ウチで飲んで行きなさいよ」
オバサンは冷蔵庫から水のボトルを持ってきて、コップに注いでくれた。
ふ〜、美味い。

しかし、水は買いたいのだ。
汗をかきかき走るのだから、やはり水を確保しておきたい。

そんな事を思っていると、先ほどの娘さんが
「この水を持って行きなさいよ。2本積める??」
と水のボトルをくれた。

おお、ありがたい!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/20

静岡散歩・・・

Yachiyo久々に静岡市内で飲む。
まず一軒目は、八千代。
カーブしたカウンターとテーブルが数個の小さな店。開店と同時にほぼ満席になると言うので心配したが、ギリギリ入れた。

ビールを2杯、焼き鳥を数本楽しむ。

Takano_sotoその後、BMW仲間と多可能で合流。
先日のバイカーミーティングでは、居るかな?と思ったらやはり来ていて会場でお会いした方々。

バイク談義に花が咲くこと咲くこと!


Shirasu02美味い美味いと良く飲み、よく食べた。
それでもバイク談義は止まらない、止まらない。

今までのツーリングの話など、ルート創りの参考になる話やトラブル対処の話など、為になる!

Takano_tsble日本の居酒屋は良いねぇ。。。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/19

ドイツビール紀行2006〜財布を拾ってしまった〜

Fahrad_weg01この辺りはほとんどが農家で、母屋の他にトラクター等を保管している納屋が敷地内に建っている。時々大きなトラクターが道を占拠しているが、のんびりムード漂うこの風景にすっかりと溶け込んでおり、決して多くはない車の流れもそれに準じている。

緩やかに登ってきた道が、一気に下る。Litzendorfの集落の中心にある教会の下で交差するのはBambergからの道だ。

Fahradweg_naisaビール紀行をしていると、この交差点は何度か通り、その風景も何となく記憶に残っている。たしか郵便局があったので、角を曲がり文房具屋を兼ねた小さな店を注意深く観察すると黄色地に黒いホルンの書かれたDeutsch Postのマークが見えた。
ここで日本への絵はがきを出す。

一気に坂を下った、ということは、今度は坂を登らなければならない。前回は東に向かったが今回は南へ進路を取り、坂を登り始める。
数百mほど走った所で坂は終わり、フラットの道になった。しかし、自転車は漕がなくても進むので、緩やかに下っているはずだ。

Fahrad_weg02_3道は森の切れ間を通り抜けたら、視界に集落が入ってきた。ここが今回の一カ所目の目的地Geisfeldである。
よし、と力を入れて漕ぎ始めると行く先に何かが落ちている。財布た。

こんな所に置いておいても仕方がないので、集落の警察に届けようと思い持っていく。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/18

今さら・・・・

近所で何と路地を発見した!
半径500m位ってのは子供の頃から遊んでいるエリアなので、どこの道も熟知していたつもりだったので、衝撃的である。

自宅周辺は再開発が進み、たくさんあった路地も、おでん鍋を軒先に出していた駄菓子屋も無くなってしまった。
路地には井戸があり、近所の人々が洗濯用の水をくんだり、食器を洗ったりしていた。そこを僕等が遊び場にしていると、頑固な爺さんが「じゃまだ」となぜか怒鳴ってきたっけ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/17

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その4

Uni_0593戸隠へやって来た。
このエリアは我がしぞ〜か(静岡)からはかなり遠いため日帰り圏には入らない。(いや、入るという人ももちろんいるが・・)

蕎麦が美味い地域ということで、来たい来たいと思いつつ、なかなか来れなかった戸隠にやっと参上!

もちろん天気は快晴!
蕎麦を食べるぞ〜!!



Uni_0598ガイドも何もないので、何となく通りかかった店に入る。
基本的には「この店」とピンポイントで行かなくても、そこそこのレベルが保証されているのがこういったエリアの特徴。



Uni_0596いや〜美味しかった!!
蕎麦屋では、ザル蕎麦とかけ蕎麦をセットを注文することが多いが、この店にはそんな蕎麦ファン為にかどうか知らないが、セット販売されていた。
蕎麦が出てくるまでの時間、ツーリングマップルを拡げてルート検討する時間がまた良いんだな・・・。

Dsc_0029峠の展望台から山々を眺める。
ここは長野の端っこ。見慣れた飯田の山々とは表情が違う。

峠を下り、一路野尻湖を目指す。
ここには信濃ブルワリーがあるからだ。

Uni_0611残念ながらビールは飲めないが、挨拶がてら寄ることに。
「スタウトを思わせるような真っ黒な飲み物qを!」と注文したら、しっかりと「アイスコーヒー」が出てきた。

今回はこれで我慢我慢・・・・・。

Uni_0609小腹がすいたので、みんなでピザを分けて食べる。

うう。。。ビールが飲みたい!!

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/16

暑い暑い・・・

Shuukaijyo002_1普段、ドイツビールがなんたらかんたら・・・と言っていますが、大衆酒場でちょっと一杯・・・。っていうのが大好きです。

ちょっと前から行くようになった集会●という居酒屋へも、最近は一人でフラリ、ビールをグビリ、ホンの15分ほどで退散って事も多くなりました。

何時行っても同じ顔ぶれの客層。
余所者が来ると珍しそうに話しかけてきたオヤジさん達にも、すっかり顔が割れたらしく
「今日は随分早く切り上げるじゃねぇか。どっか他の店に行くだか?」
と言われることも。

先日は、ビール一杯と切り身(刺身)でお会計850円。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その3

Uni_0569白馬の朝。こうやって見ると爽やかそうであるが、実際にはかなり暑く、蒸されたテントの中から這い出すように出た。

目覚めのコーヒーを飲むのはR1200GS乗りで、たまに一緒に走るHさん@浜松。
3月の伊豆ツーについては、こちらこちらを参照。

しかし、本当に暑かった〜〜!




Hakuba_2今年も多くのバイクが日本中から集結!
大阪のBONZOさんとはこの会場で初めてお会いする。

F650系の女性陣ともお会いしたけど、何だかお互い忙しく、ゆっくりお話出来ずに残念っす。

Uni_0574さて、空を見上げれば青空!!!

やはり今年の僕はひと味違います。
これから何故か東北に向けて出発!!

さて、この旅の服装。
出発時はラフローのオールシーズンジャケットのインナーを外した物を着ていたが、会場でBMW純正ジャケットの型落ち品が安く売られていたので購入。
ちょうど夏ジャケがボロボロになっていたので、ちょうど良かった。
着ていた物を自宅へ送り、軽装軽装。

一見暑そうに見えるが、・・・やはり暑い。
しかし、走行中の事を考えると、それほど暑くはないんだよね。

Uni_0580白馬を10時半頃出発し、一路会津方面へ。
(って、白馬と会津を一緒に考える事自体、ちょっと怪走かな?)

予定としては、戸隠>野沢>小出>只見>会津若松

しかし、そんなにしっかり走るほど、僕は大人ではない・・・・。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

ドイツビール紀行2006〜自転車ツーリング始動!!〜

朝から慌ただしい。RudiはWuerzburgの病院に入院している母親の所へ行くというので、今日は自転車を借りた。
夜のうちに準備はしていたものの、後ろに付けるカゴやらバンドやらを揃えているうちに遅くなってしまった。

Fahradweg_04BambergからMemmelsdorfへ向かう幹線道路は、幾度となく通っているが、自転車で走るのは久しぶりだ。
毎回お邪魔しているDrei Kronenへあと100mという所で幹線から外れ、丘陵地への道を走る。
集落のスポーツクラブの中を貫いている小川に沿って造られた自転車道は、未舗装であるが硬く押さえられており、非常に走りやすい。遊歩道も兼ねているので、時々散歩している人やジョギングしている人に出会うが、互いにマナーを持って譲り合う。
ドイツには珍しく野球場があるではないか。バンベルクには米軍が駐屯しているので、かつては彼等が建設した球場だろう。

Fahradweg03黄色に赤く大きな斜線が引かれた標識は、集落を完全に抜けた事を知らせる看板である。Memmelsdorfを離れ、次の集落までの距離が書いてあるのだが、その距離とは中心部までの距離なので、数百mも走ればポツポツと家が見え始め、次の集落に入る。

道中、所々にキリスト像が点在している。
どこも誰かしらが管理しているようで、花が添えられており、周辺の掃除も行き届いている。

必ずベンチが置かれているので、そこで小休止。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/14

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その2

Uni_0554八ヶ岳を満喫した後、諏訪から豊科までのリエゾン区間(要するに高速)を走る前に腹ごしらえ。
IC前にある「おぎのや」の峠の釜飯(^_^)

横川では何度も食べた釜飯が、諏訪で食べれるという何とも複雑な心境。

そして、今日の夜のため、諏訪浪漫ビールを購入!

Uni_0557途中、穂高の地ビールを購入し4時前に会場入り。
先に会場入りしていた仲間と合流し、いざキャンプだ!!




Uni_0562・・・とその前に、温泉で汗を流し、買い出しへ出かける。

何せ猛暑の中の走行。もの凄い汗をかいた。
真夏でもTシャツで走ることはしないので、飲んだスポーツ飲料も1L以上。

それにしても風呂の気持ちいい事!!

Uni_0566夜はちょっとだけイベントに参加。
BMWバイクス誌のプレゼントで、ストラップをゲット!

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

さらに、スイカもゲット!!










| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/13

ドイツビール紀行2006〜砂漠の中でビール??〜

Trbgast_keller2このケラーが掘られたのは1747年。何と260年も前の話である。
この間、奥へ奥へと拡張されていったケラーは長い。途中で何本かに枝分かれし、10畳ほどの大きさの部屋に区分されて奥までずっと続いている。

彼の話では、冷蔵庫を導入するまでは、この部屋に仕込んだビールを入れて貯蔵していたという。
Treb_aus03_1冬には山の上の川が氷るので、その氷を切り出してケラーに詰め込めば一年中氷点下をキープすることも可能だという。

もちろん現在でも樽に詰められたビールが出荷されるのを待っており、現役の倉庫として利用されている。

Treb_flaschen席に戻った時、彼は一冊のアルバムを持ってきた。
整理された写真は世界各地で撮影された物で、よくみるとビール瓶が写っている。
砂漠の真ん中で、ラクダの背中にビールが乗っている。
ベネチアのゴンドラのオジサンがビールを持っている。
この白い海はイスラエルの塩湖かな。

「あちこちに旅している人や、来た人にオレの瓶ビールを渡し、世界各地で写真を撮っては送ってもらっているんだ」
「もしよかったら、日本の風景の中で撮った写真を送ってくれないか?再来週の週末に、この集落の祭りがあるので、そこで展示したいのだ」

「もちろん、喜んで送ろう」
そう言って握手をし別れた。Rudiの運転する車はバンベルク方面に戻った。

後日、知人の神式結婚式があったので、新郎新婦にビール瓶を持ってもらい撮影。メールに添付して彼に送付した。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

Long Way Round〜06夏ツーリング〜その1

8/5に開催されたBMW Biker Meeting in HAKUBAに合わせ休暇を取った。
8/9までの5日間、あちこちと走ることにした。

Dsc_0018韮崎にて関東組と合流し、近くにある旧明野村ひまわり畑に。
ここは何度も訪れようとしたところであるが、天候や日程的に合わず、やっと今回実現した。
後ろに見えるのは北岳で、八ヶ岳にあらず。



Dsc_0028猛暑というより酷暑と言った方が良い日であったが、ひまわりにはこの位の日差しが似合っているではないか。




Uni_0552八ヶ岳の南を横断する広域農道。
ほとんど信号の無い道を、西へと走る。

ん〜、最高の青空!!!

足下で唸るボクサーツインの響きが、何とも心地良い。

途中からR20に出て、諏訪から高速に乗り白馬を目指す。








******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/08/11

東北ツーリング

考えてみれば、今年は3回目の東北ツーリング。
正月には18切符で行ったので、それを入れれば4日目となる。

ちょっと復習を。
一回目はこちら。北海道とセットのノンビリ?旅。
二回目はこちら。福島から相馬、日立と南下。
三回目はこちら。大雨の会津ツーリング。
それぞれのリンクから、続きもありますので、ご覧ください。

四回目はもうすぐアップを開始します。
乞うご期待!!!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/10

ドイツビール紀行2006〜醸造所内に潜入〜

Treb_innen03オーナー氏が醸造所を見ないか、と声を掛けてくれた。
先ほどの小屋とは反対方面にある建物が醸造所だ。




Treb_innen02一段高い丘の上にあり、階段を登りドアを開けると古めかしい計器類が銅製パネルの面にズラリと並んでいる。

牧歌的なフランケンの風景を眺めるガラス張りの部屋には、小さな銅製の煮沸釜が置かれている。

Trb_innen01そこから階段を降りていくと、一転ヒンヤリとしたエリアになり、ステンレス製のタンクが並んでいる。

どの醸造所でも、「熱」の行程では比較的古い機械が未だ現役で使われている。しかし「冷」の行程では近代的な設備が度王入されている。
ビールの醸造というのはある一定の温度以下では雑菌との闘いになる。近代ビールの品質が飛躍的に向上したのは、これらステンレス製のタンク等の普及によるものであることは間違いない。これらの設備がドイツ人により清潔に保たれ続けることにより、美味しいビールが造られ続けているのである。

Trbgast_keller「君にとって一番面白いのは貯蔵庫だろう」
オーナー氏は、醸造所の真ん中を貫く私道の反対側にあるドアの鍵をポケットから出しながら言った。
この道路は切り通しになっている。ドアはその剥き出しになった山肌に備え付けられた物だ。冷蔵庫のような扉を開けると、薄暗いトンネルが現れた。
これこそが今回の旅の一番の目的である「本物のケラー」である。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

仙台の夜

つむじ風さん、さいとうじゅんさんと盛岡から仁賀保高原@秋田を走り、湯沢で解散。

その後、仙台まできました。

途中、秋の宮温泉でひと風呂。

仙台で日が暮れたので、ユースホステルに電話をし、なんとか寝床を確保。

そう。仙台では七夕の最終日でどこも満室だったのです。

学生時代の友人に電話をし、会うことに。

忙しい中、牛タンにお付き合いいただいた。

9日は静岡へ。台風がせまっているらしい。

詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

盛岡の夜

白馬から一気に会津若松へ。

その後、磐梯の山々を楽しみつつ福島方面へ走った。

高速で水沢まで北上し、遠野周辺を走る。

荒川高原の風景に興奮したら、時間がなくなった。

そのまま盛岡へ。

ちょっとベアレン醸造所に顔を出し、市内の宿へ。

そして念願の食道園へ!

カルビ、豚トロ、とビールを楽しんだ後、元祖盛岡冷麺を!

おおおお、美味い!!

ってことで

「すみませ~ん、冷麺おかわり!」

と店内に声が響いてしまった・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/07

白馬は暑かった・・・・

土曜日から白馬へ。

いや~暑い暑い!!

途中のルートは韮崎から明野のヒマワリ畑を見た後、諏訪までは八ヶ岳脇を走り、諏訪から高速。

途中、地ビールを仕入れて4時前に白馬入り。

先に行っていた友人たちと合流。あちこちでライダー仲間と会ってしばし談笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/06

ガンダムが35万!

こんなニュースがあった。
35万円のガンダム!!!
こんな高いものを誰が買うんだ!と思うかもしれないが、金とスペースがあったら
「欲しい!!!」
と思う30代男性はかなり多いと思う。

僕ももちろん、その一人!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/05

白馬へ出発!!

R1100gs_001昨年はF650で夜中に駆けつけたイベント「Biker Meeting HAKUBA」へ行きます。

その後、ちょっと(?)遠回りをして少し東北を走ってくる予定です。

水曜までレスはつけれませんので、ご了承ください。

なお、タイマー設定でブログのアップを行います。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/04

平六地蔵風呂

Nishi_izu_spa僕の好きな西伊豆。
松崎町は石部の海岸にある温泉です。

温度が不安定(爆)なので熱かったりぬるかったりしますが、「地元の人々が一汗流しにくる温泉」としての雰囲気も好きです。

もちろん、観光客・・・というよりライダーも多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

ドイツビール紀行2006〜食べ物を持ち込む人々 Trebgast〜

Trbgast006集落の人が一人、また一人と集まってきた。
立派なヒゲを蓄えたオジサンは大きなパンの包みを持って現れた。
集落の真ん中にあるパン屋での買い物を奥さんに命ぜられ、そのまま醸造所まで来てしまったらしい。
先客の話を中断させないよう、話挨拶代わりにテーブルをコンコンと叩き腰を下ろした。
常連客らしく、何も注文しなくてもビールがドンとテーブルに置かれた。
グビリとビールを一口飲み、口髭に泡が付いたまま僕に話しかけてきた。その顔は見慣れない客への好奇心が読みとれる。



「この街のビールも美味いけど、パンも美味いんだ。ちょっと食べるかい?」
と、奥さんに言われて買ってきたばかりのパンをナイフで削りだした。
このパンは直径30cmほどの大きさで、それほど酸味が無く、外はカリッと中はしっとりの典型的なドイツパンだ。
何も付けなくてもほんのりとした塩味がして美味かった。

Trbgast_004チェックのシャツを着たオジサンは、自宅から持ってきたレバーパテを切り始めた。
パンやハムを持って出かけるとき、ナイフやパン用の小さなまな板を持って歩くのは結構普通に行われていることで、彼も小さなバックに青い蓋の付いたタッパーに、数切れのパンと食べかけのパテを入れてきた。

大きな手で小さなナイフを持ち、食べやすい大きさに切ったパンにパテを塗ってくれた。
「このパンはアイツが買ってきたのと同じ店だ」

客は全員誇らしげな顔をして僕が食べている姿を見届けている。

「しかし、この街の誇る物はやはりここのビールだよ。こいつとは子供の頃からの付き合いだ。な!乾杯!!」
照れ笑いしながら、オーナー氏も自ら造ったビールをグビリと飲み干す。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

不老不死温泉@青森

Tt250まだ大型免許を持っていなかった頃に、東北を走った。
いや〜広い!本当に広い!
250CCに跨って北へ北へと走り、やっと辿り着いた福島で地図を見れば、まだ南の端じゃないか!

そして、所どころでキャンプしながら辿り着いたのが青森県にある不老不死温泉。
駅のポスターで見かけたときは、何だか凄く遠い所のあるような気がしたが、本当に遠かった。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/01

ビール紀行2006〜Trebgastでビールを楽しむ〜

Trbgast_003_1Brauerei Haberstrumpf

醸造所の敷地内には、ドイツのビアガーデンでは超定番の緑脚テーブルが何個か置かれており、数人がビールを楽しんでいた。
僕等に気が付いたそのうちの一人が、
「ビールだね」
と良い醸造所の対面にある木造の小さな小屋へ入っていった。彼がここのオーナーらしい。

Treb_innen05_1ビールは何があるのか、と聞いてみると
「今の時期はピルスとZwickelbier(ツヴィックルビア)だ」
との返事があった。
Zwickelbierはこのエリアではたまに見かけるビールである。
難しい名前が付いてはいるが、その実態は酵母の残った下面発酵ビールである。
フレッシュな状態で楽しむビールのため、一般的には瓶詰めされることもなく、地元の人々で密かに楽しまれているというビールだ。

・・・実は、こういうビールを飲みたいが為にビール紀行をしていると言っても過言ではない・・・

Treb_aus06僕はもちろんZwickelbierを注文した。

木造の建物は小さな食堂の様な雰囲気で、テーブルが何席かあるものの、天気の良い日は100%の客が外でビールを飲むのでガランとしている。

これから夏が来ると、さらに階段を上がった所にあるビアガーデンをオープンするのだ、とオーナー氏は胸を張った。
ビールを飲み終わったらちょっと行こうか、と嬉しいお誘いも。

Trbgast_bier_1こんもりとした泡が載ったビールが運ばれてきた。
凄い、凄い泡である。やりはしなかったが、一円玉は間違いなく乗るだろう。
樽出しのみのビールだからちょっと感動しながら飲んでいると、地元のオッサンの一人は何と瓶ビールを飲んでいるではないか。(!)

Treb_aus05「あれ?そのビール何??」
と聞くと
「オレはいつもラーガービアだ!おい、お代わり!!」
と言い4本目のビールが運ばれてきた。

樽からしか飲めないビールではなく、瓶詰めしてちょっと熟成させたビールを好む人もいるのだ。さすが、ビール王国ドイツ。
ビールの飲み方にも十人十色の好みがあり、それに応える環境がある。

「家で飲んでも同じ味だろ?」
というと
「ここでみんなと飲むのがいいんだ!」
と非常に説得力のある返事が返ってきた。なるほど。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »