« ダートデビュー with GS | トップページ | キャンプサイト »

2006/07/26

ビール紀行2006〜Kulmbach・街外れの小さな醸造所へ〜

Kulmbach_kommun007駅周辺から旧市街にかけて、EKUの看板を掲げた居酒屋やレストランを何軒も見かけた。
街中に地元のビールが溢れるってことが、さすがビール王国ドイツを思わせる。

その醸造都市の片隅に、小さな醸造所があるので行ってみた。

Kulmbach_kommun008ここは数年前まで蒸留酒を生産していたそうだが、設備を投資してビールの生産も始めた。
Kommun Brauereiという名は、どちらかというと地元の醸造連合と言った意味合いが強いが、ここはそのような形態ではない。


Klumbach_kommun002生産量の少ないビールは基本的に近所で消費されている。
ちょうど友人の結婚式に行くのだ、という青年がビールを買いに来た。

開閉式の栓が付いた1L瓶が、木の箱に入っている。
もちろん、箱も瓶も簡単にリサイクルができる。
もらった友人は、空けた瓶を持ってこの醸造所に来ては、新しいビールを交換していくのだろう。

Kulmbach_kommun003昼間からビール漬けの近所のオジサン二人。
何も食べずひたすらビールを飲み続ける。

ちなみに、ここのビアガーデンは、陶器でなくガラスのジョッキであった。




Kulmbach_kommun004_1暑い暑い。
この5月のドイツは暑かった。
オジサンも思わず新聞紙を頭に載せ避暑。

ビールはグビグビと進む。








*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

|

« ダートデビュー with GS | トップページ | キャンプサイト »

コメント

beer kichiさん>
そうですね。ここはまだ新しい所ですけど、古い醸造所はもっと凄いですよ!

投稿: 小林麦酒 | 2006/09/27 18:31

この地元との密着感が本当に素敵だと思いました。
日本にもこういうビール文化が根付くとすばらしいですね。

TBさせていただきました。

投稿: beer-kichi | 2006/09/27 12:14

よっちゃんさん>
エルベ川が干からびているのですか。
ありゃ~。

しかし、ヨーロッパの川ってのは干からびたり高水位になったり大変ですね。
それに付き合うようにして生活しているのはさすがですね。
何年かに一度の洪水の際には、一階部分は水没するもの、と割り切っている姿勢は凄いです。
日本なら、まず治水うんぬん・・・・。予算うんぬん・・・。

投稿: 小林麦酒 | 2006/07/26 17:35

Wカップ期間中はサッカーに熱中していたせいか、あまり熱さを感じませんでしたが(ホテルには冷房がなかった)、現在は凄いらしいですね!
エルベ川が一部干上がって船舶の航行に支障が出ているようです。

投稿: よっちゃん | 2006/07/26 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビール紀行2006〜Kulmbach・街外れの小さな醸造所へ〜:

» ドイツ・チェコ ビール旅行記2006その97~ビールの現場から「Kommunbraeu」クルムバッハ [ビール現場主義]
その96の続き。 6日目12時。 プラッセンブルクを出て、クルムバッハの小さな現 [続きを読む]

受信: 2006/09/27 12:12

« ダートデビュー with GS | トップページ | キャンプサイト »