« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

白馬へ行くぞ!!

Gs今週末、白馬へ行きます。
昨年も行われたBiker Meeting in Hakubaに参加します。
しかし、イベントもありますが、自主性の強いイベントなので、ビール好きライダーに声を掛けてキャンプでもしようかな、と考えてきます。

彼等に示した条件は
「信州で地ビールを見つけてくる」

ツーリング先では飲めない我らライダーの鬱憤を晴らすのが今回の狙いです。(←ホントかよ)

Hakuba_1去年の写真。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/30

あぁ、香港啓徳空港(Kai Tak)

Kai_tak1k写真を整理していたら、懐かしい一枚が出てきた。
今はなき、香港啓徳空港へ進入する航空機の写真である。

海外旅行で飛行機に乗る際、通路側をリクエストする僕であるが、Kai Tak便だけは窓側をリクエストした。

着陸体制に入り、シートベルト着用のサインが出て暫くすると、ポツポツと点在する停泊船の光の向こうに、香港島と九龍半島の眩しいほどの光が見えてくる。

ぐぐぐぐと機体が何度か傾き、高度が下がるたびに街並みが段々と大きく見えてくる。

さらにさらに、街を行き交う人々の表情までもが確認出来る位まで高度が下がったと思ったら、
「ドスン」
とジャンボは着陸する。

Kaitakそして、そのルート下の街へ行ってみた。
頻繁に行き来する航空機が近づくたびに
「ぎゃぉぉぉぉ〜〜〜ん」
という爆音が響き、頭上には大きな「腹」が一瞬通り過ぎていく。

そのエキサイティングな街も、過去の話。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/29

ビール紀行2006〜街道外れの小集落Trebgastへ〜

Kulmbachからバンベルクへ向かう幹線道路を外れ、Trbgastへ向かう。
ここにはかなり小規模な醸造所があるとの情報を以前から掴んでいたが、なかなか行く機会がなかった。やっと念願が叶ったり、ということでテンションが揚がること揚がること!

Treb_aus02なだらかな丘陵地に、古くて小さな教会を中心に拡がる集落の人口は約1700人。ほとんどが農家らしく、大きな納屋を持つ家が並んでいる。
村の目抜き通り(?)とも呼べるバス停前には、歴史がありそうな宿屋、パン屋など何軒かの商店が並んでいる。

丘の上に向かって伸びる道端に、醸造所への案内が出ているので、それに沿って細い道を登っていくと行き違いの車と対面してしまう。それもパトカーだ。

Rudiは窓を開け、
「醸造所へはこの道でいいんだな?」
と聞くと、
「ここはもう敷地内だ」
と返事が返ってくる。

Treb_aus01丘の上に更に伸びている未舗装の先には醸造所が見えた。
切り通しの先には倉庫らしき古い建物が何軒か建ち並んでいる。この雰囲気は醸造所に間違いない。
それもとびきりの雰囲気の醸造所ではないか!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/28

マイ猪口作り・・

地元にある酒屋と、やはり地元にある某酒蔵のジョイント企画に参加することにした。

米作りから始まるのだが、さすがに田植えは間に合わず(^_^;)。

猪口作りは近くの窯へ行って行うらしいが、この日程がなかなか良い。

約1ヶ月間の週末が設定されており、この期間中で都合の良い時に各自行くことになっている。

日付がズバリと設定されていると、その日用事がある人はパスしなければならないが、こういうスタイルだと参加者のほぼ全員が行くことが出来る。

よって参加申し込みはしてみたものの、さっぱり行けず・・・・ということが起こりにくい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/27

キャンプサイト

11gs_campHAZEさんからサイト写真のリクエストがありましたけど、こんな写真しかありませんでした。

ありゃりゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/26

ビール紀行2006〜Kulmbach・街外れの小さな醸造所へ〜

Kulmbach_kommun007駅周辺から旧市街にかけて、EKUの看板を掲げた居酒屋やレストランを何軒も見かけた。
街中に地元のビールが溢れるってことが、さすがビール王国ドイツを思わせる。

その醸造都市の片隅に、小さな醸造所があるので行ってみた。

Kulmbach_kommun008ここは数年前まで蒸留酒を生産していたそうだが、設備を投資してビールの生産も始めた。
Kommun Brauereiという名は、どちらかというと地元の醸造連合と言った意味合いが強いが、ここはそのような形態ではない。


Klumbach_kommun002生産量の少ないビールは基本的に近所で消費されている。
ちょうど友人の結婚式に行くのだ、という青年がビールを買いに来た。

開閉式の栓が付いた1L瓶が、木の箱に入っている。
もちろん、箱も瓶も簡単にリサイクルができる。
もらった友人は、空けた瓶を持ってこの醸造所に来ては、新しいビールを交換していくのだろう。

Kulmbach_kommun003昼間からビール漬けの近所のオジサン二人。
何も食べずひたすらビールを飲み続ける。

ちなみに、ここのビアガーデンは、陶器でなくガラスのジョッキであった。




Kulmbach_kommun004_1暑い暑い。
この5月のドイツは暑かった。
オジサンも思わず新聞紙を頭に載せ避暑。

ビールはグビグビと進む。








*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/07/25

ダートデビュー with GS

11gs_dart週末、山梨県某所で毎年恒例のキャンプに行って来た。
アジア系旅行者の集まりであり、一年に一度旅の話で一晩中盛り上がる。

そんなキャンプに参加すること数年間、毎回バイクで行くのだが、問題はキャンプ場入口まで約1kmほどのダート。

11gs_full_pania03今回は特大タープにテーブル、椅子3脚を乗せたR1100GSフル積載バージョン。

左右のパニアケース、トップケースの他に、タンデムシート上にそれらを縛り付ける。

荷を解いて設営されたキャンプサイトは、とてもバイクだけのキャンプとは思えないほどの規模であった。

ちなみにソロキャンプの時は、ミニマムでテントすら張らない。
道の駅の軒下に、マットをひいてシュラフを広げてゴロン。

11gs_full_pania01これだけ載せても走りはほとんど変わらないのは驚きであった。
ただブレーキのタイミングは早めにしておいた。車重があるので、何となく怖い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/24

会津からの帰路・・・・

R1100gs_rain会津から一路、帰宅するために南下。
しかし、やはり雨です。(T_T)

制服と化したモンベル製のレインコートを着込み出発!

一応、白河からR294で烏山・益子などを散策しつつ帰ろうと考えていましたが、大雨のため断念。

途中、走ることさえも嫌になってしまうほどの大雨が降り続きガソリンスタンドで小休止します。スタンドのオジサン達に
「こんな日によく乗るね!」と言われます。

294をあきらめ途中までできている北関東道へ。
そのまま常磐道を走り高速で静岡まで一気に走りました。

・・・この間もほとんど雨でした。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/23

またまた大雨@会津(T_T)

Tochigi_eki002羽鳥湖にもどりますが、ここでまたまたとんでもない雨が降ってきます。
パラパラなんてレベルではありません。
土砂降りです(笑)

安全のため、ドライブインみたいな所に避難します。

Tochigi_eki003「お兄さん、これで暖まりなよ」
とキノコ汁のサービスがありました。
おお、ありがたい!





Tochigi_ekiテーブルの上には試食品が並んでおり、頂けます。
さらに、コーヒーのサービスもありました。

こちらのおみやげ屋さんは百姓屋日光横川店。
R121栃木と福島の県境の、栃木県内にあります。

Essen001雨の止んだのを見計らって出発し、5時頃に宿へ帰還。
オフ組は既に帰還しており、すでに宴会モードに・・・。
ライダーシャツ姿で、テキパキと料理をするH
さん@ダカール。


Essen003次々と出される料理は片っ端から消えていくほど、皆さん食欲があります。

ただし、4時頃から飲み始めたのと、昼間の疲れで次々と脱落者が出てきまして、10時過ぎにはみんな就寝。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/22

羽鳥湖からの1Day Trip

Odesou羽鳥湖の南をぐるりと走ります。
昨日の道と重なる所も多いですが、昨日は「通過しただけ」なので、ちょっと宿場町や温泉など寄りたいと思いました。

東京組と別れ、塩原元湯の大出館へ。


Odesou02硫黄臭漂う温泉地が好きなんです。
匂いがTシャツに付着し、しばらくの間は旅の気分に浸れるというオマケ付きです。

千葉から来たというオジサン達と温泉話をします。
写真は撮っていませんが、この温泉に行った目的は「墨湯」。
その名の通り墨の様な色をした温泉です。

Odesou03R400を離れ、元湯に向かう道のり。
この時は天気も少し回復傾向でした。

やはり日頃の行いか、と思い鼻歌歌いながら北へ戻ります。



******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/21

ビール紀行2006〜Ekuの街、クルンバッハへ〜

Kulmbach_stadt合流したRudiの車でKulmbachへ向かう。
日本にも輸入されているEKUは、この街のビールである。
醸造都市として有名で、市内には何軒もの醸造所があるかと思ったら、合併の繰り返しで巨大化していた。
小さな街の小さな醸造所を巡る事を好む僕としてはちょっと残念。

続きを読む "ビール紀行2006〜Ekuの街、クルンバッハへ〜"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/07/20

羽鳥湖の朝! Fがズラリ!

F650002嵐の去った翌朝です。
別荘前にずらりと並んだバイク達。FさんのK1200Sを除き全てオフ車です。

まぁ、中央に置いてある11GSは格好ばかりでオフなんか行かない(行けない)ですけどね。
R1150Rに乗るMさんは、林道用にジェベル200で登場。さすが林道ツアラー!

F650003日本ではマイナーはF650ですが、このメンバーだとバラエティー豊かに揃います。
左からF650GS,F650ST,F650GS-Dakar,F650GS(Advもどき)。

特にST!貴重な一台です。

その他にF650 Funduroもありましたので、歴代F650が全種類揃っていることになります。

F650004ワークスカラーのF-GSが3台!
皆さんオフローダーですが、取り囲まれているR1100GSに乗る僕は「お風呂ダー」。

温泉大好きツアラーです。(爆)



F650001林道組。コース組が出発!
みんなしっかりと装備しています。さすが!
同じバイクだけど、それぞれに工夫がしてあって見ていても興味深かったです。




Raincoat我らロード組はR118を南下しました。
僕以外は東京帰りです。僕は塩原に再訪し、昨日一気に走り去ってしまった田島周辺の古い集落をのんびりと走る予定です。

が、しかし・・・。


R1100gs_02やはり降ってきました。
(T_T)

カッパを着込み走ります。

那須湯本の「鹿の湯」へ行こうと思いましたが、この雨と渋滞で行く気が起こらずにUターン。

Lunchi雨の日は、ずぶ濡れになってしまうため普通の店には入れず、結果この様な昼飯になります。

走る気が起こらず、コンビニベンチで雨宿りをします。

客はみなTシャツ。ずぶ濡れの僕には担々麺の辛さが身にしみる・・・。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

羽鳥高原で遭難???

降ったり止んだりの雨。
ライダーの「マーフィーの法則」と言いましょうか・・・
「迷ったらレインウェアを着ろ」

着るとなぜか雨が止み。着ないと雨が降り続けるんです。Iwanoyu(笑)
塩原温泉街に着く頃には、雨も収まっており、一部には青空も見えたので、呑気に岩の湯などの無料温泉を堪能。

この時点でバカだったのは、塩原と羽鳥湖が目と鼻の先だと勘違いしていた事(笑)


R400湯の香ラインと名付けられたR400を北上し、R121に合流。
野岩鉄道沿いの道を快適に走り、さらに北上。
ツーリングマップルのページを変えると・・・

あれ?羽鳥湖はもうひとつ上のページではないか!!

R118湯野上温泉からR118に入るのだが、近づくにつれて雲行きが怪しくなってきました。

そして、R118でついに降雨が。

ポツポツ・・からザザザ・・・へ。

何とか湖畔に辿り着き、ここから別荘地へ入り目的の家を探します。
標高を一気にあげ高原に突入したのだが、その先に見えるのは真っ黒い雲と、それを貫く稲妻!!!

やばい

と思った時にドドドド〜〜〜〜!!と滝の様な雨が降ってきました。
濃霧もあり視界はほぼゼロ!
さらに別荘地なので風景は全て同じ!

光を求めて一時待避を試み、レストランの軒下に入り込みます。
主催者のYさんに電話をするものの、V社の携帯は普通との事で通じず!

親切なレストランの方が「どうしました?」と声をかけてくれ、地図を見てくれます。
「余所の人じゃ迷うだけだよ」
と言うことでお客さんみんなで「ここは○○さんの別荘かな?」などと協議しています。
「これだけ作ったら手が空くから待っててね」
・・と、結局お店の方が車で先導してくれることになりました。
おお!ありがとうございます!

雨が弱くなった頃にレストランを出発!
それでも迷いながらやっと到着したのは別荘地に入って2時間後でした。
みなさん、ご迷惑おかけしました。m(_ _)m

そしてら、22時頃、23時頃と大雨の中迷いながら到着するFな人も・・

教訓:初めての別荘地は明るいうちに着け

羽鳥高原に行きましたらレストラン「かわせみ」をご利用ください!

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/07/19

ビール紀行2006〜Mahrs Bräu@バンベルク〜

Mahrs_bierRudiとの集合場所にあるMahrs Bräuに向かう。
ちょうどARDのテレビチームが取材に来ており、ケーブルが邪魔。

こちらも一応取材?という事にして、名刺交換(笑)
ビールの写真を撮っているとレフ板を当ててくれた(爆)

続きを読む "ビール紀行2006〜Mahrs Bräu@バンベルク〜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/18

桐生を通過し栃木へ。

Fuji003ひまわりが咲く道を北へ向かいます。
行き先は猪苗代湖の南に位置する羽鳥湖ですが、なんだか方向が変わってきました。(笑)

ライダーはこれを「遠回り」とは言いません。



Fuji002スコーンと抜けるような青空。
牧場の真ん中の道を走ります。
混雑している国道を避け、県道で一路河口湖ICへ!!




河口湖から中央道に乗り、八王子へ。
談合坂で軽い朝食を摂ります。このPA、関東組が集合・解散に使っているので名前は知っているが、初めて入りました。

圏央道日の出から関越道を経て伊勢崎へ。
本来は、ここから渡瀬渓谷沿いに日光まで行こうと思っていましたが、三連休初日の混雑が予想されたのでパス。(・・とPAで会ったライダーが教えてくれた)

伊勢崎から桐生を経て東北道栃木IC方面へ向かいます。
まぁ、このあたりも全く走った事が無いエリアなので、田舎道を探して走ります。

Gunma001補助金で建てた様な「食の駅」なる店で昼食。
地元の物産館のようですけど、本日の特売品は「中国産活きドジョウ」(笑)





Gunma002まぁ、そんな事は気にせずに、うどん+天丼セットをいただきます。
注文を取ってから揚げるので、天ぷらもサクサク。




Hiway山村を繋ぐような道を走り、栃木ICへ。
高速走行を始めたら・・

雨が降ってきました。
いつもの事だから驚きません。(爆)
一応オールウェザージャケットだけどレインコートを着込みます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ビール紀行2006〜ラオホで有名なHeller醸造所〜

Bam_heller002ラオホビアで有名なSchlenkerla(シュレンケルラ)は醸造所の名前ではなく、ヘラー醸造所の直営パブの名。
ヘラー醸造所は1678年創業の醸造所で、Spezial醸造所のビアガーデンのすぐ下にある。

坂の途中にトラックが停まっており、瓶入りのラオホを荷積みしていたので、声を掛けてみたら中へ入れてくれた。

といっても醸造している所ではなく、敷地内。



Bam_heller001ちょうど昼休みらしく、荷積み中の兄さんを除いて皆さん休憩中。

オジサンが
「箱に一本残っているから持っていきな」
とラオホを一本くれた。


Bam_klosterbrこの日は14時半頃に泊めてくれているRudiと合流し、Kulmbachへ行く予定である。
よって、そろそろと川向こうにあるMahrs Bräuまで歩きだす。

途中に通りかかったのは何度か立ち寄った事のあるKlosterbräu。今回はちょっとパス。
時期的にマイボックがあるので、後ろ髪が引かれる思いで通過する。

Bam_kloster斜面に建つ醸造所前の道に、段々に造られたテラス席。
平日の昼間なので、観光客っぽい人々がのんびりとビールを楽しんでいた。

美味そう!!

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

会津方面へツーリング

三連休。実は能登半島〜信州と回る予定を立てていたが、天候が危ういので変更しました。
結局BMW F650の集まり@会津羽島湖へ行ってきました。

Fuji001早朝から良く晴れています。このまま都内を抜けるのは惜しく、富士〜河口湖>中央道>圏央道>北関東道とつなぎ、日光〜塩原〜羽鳥湖というコースを考えた。

富士山界隈はこんな感じの天気です。
なんとなく、先行きは不安・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

森へ

Mori森といってもフォレストではなく、遠州森町のこと。

未だに少しだけ古い街並みが残っているので、久しぶりに行った。(何週間か前の話)

で、思ったのだがGSってなぜか古い街並みに似合うではないか!

う〜ん、後ろからの眺めも良いなぁ。
はみ出たボクサーエンジンのシルエットが、なんだか官能的である。(??)

TT250Rの時もF650の時も同じ事を思っていた。

自分のバイクをずっと眺めていることってありませんか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

面白い風景

Daibaお台場の某所より。
夜景に浮かぶ自由の女神と、レインボーブリッジ。そしてその後ろには東京タワーも見える。

クルージングしているのは、屋形船。

「こち亀」で、「日本人なら屋形船だ!」といった話の内容があったが、一度乗ってみたいなと思っている。
飲み慣れたビールも、畳敷きの船上で飲むと変わった味わいがありそう。

誰か乗ったことある人いますか??

絶対に天ぷらが出てくるって本当??


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/14

ワン・カップ・デイズ

Onecup04ワンカップが見直されている。
考えてみれば、飲みきりできるジャストサイズだし、容量が少ないので、高い酒でも単価が上がらず購入しやすいというメリットもある。

そして、日本名門酒会からこんなコンセプトの地酒カップセットがあった。
「列島縦断 地酒カップめぐり」

Onecup03第一回目の頒布は北から順に10蔵。
純米酒が多い。

一日一本ずつ10日間かけて飲んでも良いけど、人によっては2〜3日で飲むのだろうな。



Onecup02解説書付きで、読み物としても面白い。

僕は日本酒好きだけど、静岡県内の酒しか知らないので、非常に勉強になった。




Onecup011セット余分に購入し、みんなで一気に味見。
こうして並べて飲んでみると、それぞれの特徴があって面白い。

二回目の頒布も楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/13

セントレアへ!

Cetrair常滑の友人宅を訪ねた。
いろいろと用事を済ませた後、何となくセントレア(中部国際空港)にビールを飲みに行くことに。

実は、ミュンヒェン空港内にある醸造所エアブロイのビールが期間限定で飲めるのだ。

ビールは樽からのヴァイツェンとへレスだがビックリしたのはその値段。
500mlで700円!
350mlで500円!

(ドイツからの輸入ビールは瓶でもこの2倍位の値段になってしまう)

よく考えてみたら、ここは空港。
で、このビールの出荷元も空港。
このイベントの協賛がルフトハンザ・カーゴ。

よって、輸送費がかなり抑えられているということこであろう。

この位安いと「ちょっと飲んでみようか・・」という客が多く、店内は盛況(久しぶりにバイキングを食べたが、1300円位と空港内の値段としてはかなり安い)。
さらに、ビールだけをテイクアウトできるのも良い。
多くの人が「ヴァイツェンとはなんぞや?」とビールの事を知る良いイベントだと思う。

******************* 人気blogランキングへ ↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

とりあえず復旧・・・

どうやら早めに復旧したようです。

取りあえず夜には新しい記事をアップする予定です。

それまで足跡帳にでも書き込みをどうぞ!!

右上にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/12

サーバーメンテ

ココログのメンテナンス中。
アップする時間帯が夜に集中するためか、メチャクチャ遅いです。
困っていますが、このメンテで何とか解決する予定らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

サーバーメンテ

このブログのサーバーメンテのため、なかなかアップできません。

写真一枚アップするのに何分も掛かります。

困った困った。

・・・っていうか、いい加減にまともな状態にしてほしいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

開幕前予想の結果・・・

「ドイツ3位」というのは当たりました。
ドイツは伝統的に下馬評が悪い時は良い結果を残します。
今回はいろいろと・・・というかかなり批判されていましたが、若い選手がいてベテランもいて、さらに開催国だということもあり準決勝までは行くだろう、と予想したのでした。

で、残念な結果もほぼ当たってしまったのですね。
日本の結果、普通に考えて3敗。ラッキーが重なって1分2敗かな、などと読んでいましたが、外れてくれ〜と常に思っていました。

ホント、残念。

優勝はイタリアでしたが、これは全くのノーマークでした。

昨日も書きましたけど、大会を開催したドイツ国民そのものもチャンピオンです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/09

ドイツ料理 in しぞ〜か

Maiselweissワールドカップも残すところ2試合となった週末、知人が経営する静岡市内のドイツ料理屋「ブーシェル」(静岡市鷹匠3-11-1)へ行ってきた。

何度か足を運んだけど、いつも満席の人気店なので、なかなか入れずやっと念願が叶ったという感じ。

まずはフランケン地方の音楽都市バイロイトのMaisel Weissで乾杯。

続きを読む "ドイツ料理 in しぞ〜か"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/08

ワールドカップのチャンピオン

今回もワールドカップもあと3位決定戦と決勝の2試合を残すのみとなった。
どのチームが勝とうと、不思議ではない。

それよりも今回の大会運営が素晴らしいと感じているのは、僕だけでないはずだ。
スタジアムの雰囲気も、街の雰囲気も最高に良い!

考えてみれば、開催に合わせて無理矢理建設したスタジアムばかりの前回大会に比べ、シーズン中は月に二回の割合で数万人前後の観客をさばいている実績がある。

日本や韓国では、2〜3試合の為だけに建設された巨大スタジアムの利用法を模索している日々が続いている。

観客席の雰囲気もやはりサッカー大国の風格が感じられる。
良いプレーには惜しみない拍手を、悪いプレーには容赦ないブーイングを、と単純かつ明快な音が聞こえてくる。

欧州内から大量にやって来たチケット無しサポーターへの配慮としてのパブリックビューイングも大盛況だったようだ。
そこに市民も一緒になってテレビ観戦していたそうだ。

ドルトムントに住む友人達も、積極的にPVを利用していたという。やはり家で観るよりも断然楽しい、とメールをくれた。

今回のワールドカップ。ドイツ国家そのものにチャンピオンの称号をあげたい!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/07

ワールドカップ開催都市ビール案内〜ベルリン2〜

Linden02ポツダムプラッツのソニーセンター。
富士山をモチーフにしたその屋根の形が目を引くが、その一画に何と醸造所がある。
実はこの醸造所、南ドイツはTraunsteinからやって来た。
本場のヴァイスビアを引っさげて、全ドイツに数点を展開しているHofbraeu Traunsteinである。

昼間はオフィス街の様相も伺える空間に、夕方以降はネクタイ姿のサラリーマンがビールを飲む姿。

何だかロンドンみたいだ。

ちなみにベルリンフィルがすぐ近くにあるので、ヒゲ面の人は何だかみんな音楽家に見えちゃう(笑)





Linden04朝行ったら閉まっていたので(当たり前だ)、夕方に出直す。
ここから歩いて15分くらいのYHに泊まっていたのだが、6人ドミトリーには日本人学生ばかり。
ちょっと話をしたらみんなを連れて行くことになった。

秋休みの国立大学生。
「春に就職しますので、頑張ってヨーロッパに来ました!」
何だかフレッシュだ!
・・・と言うことで、社会人らしくみんなにビールをおごってしまった。

Potzdamerpltz再開発の象徴のようなポツダムプラッツ。
ビルの地下にUバーンの駅があるなんて、東京みたい。

駅入口の階段を降り、延々と歩く構造も東京みたい。
田舎者にはちょっと複雑になってきた首都ベルリンである。
Lindenlogo



*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

あぁ肉豆腐・・・

Mimasuya003ちょっと所用で都内に出没。
先日静岡での「大人の遠足」でご一緒したばかりのAさん、Nさんと神田の居酒屋へ行く。
創業明治38年の老舗で、建物自体は昭和初期の物と思われるが迫力がある。

Mimasuya002帝都東京はなぜこんなに肉豆腐が美味い店が多いんだ!
と毎度毎度肉豆腐を注文。
普通の煮込みもなぜか2回お代わりしてしまう。

Mimasuya001生ビールを2杯飲んでから日本酒へ移行。お品書きにズラリと並んだ銘酒に迷いつつ、3種類ほどをいただく。

酒あり会話ありの素晴らしい時間であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/05

力尽きた・・・・

ドイツ対イタリアの準決勝を観ていたが、最後はあっけなかった。
粘って粘って最後に勝つというのがドイツのお家芸だが、延長後半にあれだけコーナーを与えてしまうとさすがにマズイ。

最後の最後にデルピエロ・ゾーンがポッカリ空いてしまったのも不運。

ドイツは3位と予想をしていたが、やはり愛着のある国の敗戦は残念だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/04

ワールドカップ開催都市ビール情報〜ベルリン1〜

Georg01ベルリンの真ん中を流れるシュプレー川沿いの醸造所。
1992年創業と新しい醸造所であるが、場所柄いつも混み合っている。

近くには赤の広場、テレビ塔などの観光スポットも多く、それら観光のついでに寄れるのも魅力。

続きを読む "ワールドカップ開催都市ビール情報〜ベルリン1〜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

出そろった!!!

ワールドカップ。フタを開けてみればベスト4全てヨーロッパのチームですね。まるでEURO(ヨーロッパ選手権)のようです。

先日行われたベスト8の試合を見て気が付いたのは、数チームの選手が分散している事でした。

Rマドリッド、バルセロナ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス・・・・。

現在これらのチームでプレーしていた選手、または以前プレーしていた選手が各チームに散らばってワールドカップをやっている感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

ビール紀行2006〜バンベルク1軒目〜

Bam_glaufen002さて、本格的なビール紀行が始まる。
旧市街には何軒もの醸造所があるが、その中でも一番外れにあるのがこのBrauerei Greifenklauである。

バンベルクでは大聖堂の裏手に何個もの丘があり、それらにはStephanberg、Jakobsberg、などと名前が付いているのだが、この醸造所はKaulbergにある。

Bam_glaufenkerlaまだ開店直後なので客の姿はほとんど無い。
好きな席に座れるのは嬉しいが、やはりビアガーデンはワイワイガヤガヤとしているほうが雰囲気が出る。

まずはWeissを注文!
この醸造所にはラオホは無い。しかし、質の高いヴァイスビアやヘレスが飲めるのだ。

Bam_glaufen003ヘレスも飲む。
このグラスにも書かれているが、この醸造所は1716年の創業。
ただし、この古さはバンベルクでは普通の部類であるのが凄い。
麦芽の甘みを楽しみながらヘレスを飲み干し満足満足!!

Bam_glaufenkerla03店のエントランスにある窓口。
瓶ビールや樽ビールを購入する個人客はここで買うことになる。

窓口にビールケースを掲げて客がやって来る光景は、フランケンの醸造所では普通のこと。

Bam_glaufen001この醸造所の素晴らしいのはビールだけではない。丘の上にあるのだが、その裏手は展望が拡がっており、この眺めを求めて何度も足を運んだ。

・・・しかし、毎度毎度雨雨雨で美しい展望が見られなかった。(笑)

この眺めを求めて数年。やっと巡り会えたこの天気。

*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。 もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。 アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/01

ワールドカップ開催都市ビール案内〜Gelsenkirchen/ゲルゼンキルヒェン〜

Gel_mitte数あるワールドカップ開催都市の中で一番名が知られていないだろうと思われるのがゲルゼンキルヒェン。

まぁ、サッカー好きならば「シャルケ04」の街ということで知っている人もいるかもしれないが、その実「シャルケ(Schalke)」と言う街だと思われている。(シャルケは市内の一地区)

戦時中、徹底的に破壊され、その後産業復興の街として急速に整備されたので駅舎も駅前も何とも言えないシンプルさ。

続きを読む "ワールドカップ開催都市ビール案内〜Gelsenkirchen/ゲルゼンキルヒェン〜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »