« ドイツワールドカップ開催都市ビール情報〜Frankfurt/フランクフルト その1〜 | トップページ | 日本酒の会へ »

2006/06/13

ワールドカップ 日本対オーストラリア

言葉もありません。
試合結果は監督の差そのものです。

1点目が入った時から2点目、3点目を取らないと、あの時間帯から1点を守りきるのは不可能だ、と話ながら観戦していました。
後半30分過ぎの時間帯に追いつかれ、逆転される可能性が高いので、そうならない手を打って欲しかったです。

攻めきれない。守りきれない。

4年前から繰り返し繰り返し日本の欠点とされてきた部分が4年経っても全く改善されていませんでした。
そして、相変わらず後手後手で繰り返されるベンチワーク。

90分の笛が鳴るときに逆転していれば良い、と言わんばかりのヒディング・オーストラリア監督のベンチワークは奇跡でも偶然でもなく、当たり前の事を普通にやっただけでしょう。

この試合、まさに監督の差です。

|

« ドイツワールドカップ開催都市ビール情報〜Frankfurt/フランクフルト その1〜 | トップページ | 日本酒の会へ »

コメント

るちゃりぶれさん>
よくあるよ。
優勝請負人監督とか、降格阻止請負人とか、この世界では有名な人もいます。

よっちゃんさん>
そうでした。そうでした。
ジーコって監督経験無しでしたね。
人選ミスなら協会に責任がありますね。

投稿: 小林麦酒 | 2006/06/14 07:33

同感です。もっと監督経験豊富な人を見つけてこないと!

投稿: よっちゃん | 2006/06/13 23:14

昨日は残念でした
試合が終わると同時にふて寝でした。

「監督の采配ミス」って野球の監督はよくいうけど、サッカーの監督のコメントではあまり聞かないね。気のせい?

投稿: るちゃりぶれ | 2006/06/13 12:45

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ 日本対オーストラリア:

« ドイツワールドカップ開催都市ビール情報〜Frankfurt/フランクフルト その1〜 | トップページ | 日本酒の会へ »