« ワールドカップ開催都市ビール情報〜ニュルンベルク/Nürnberg その2〜 | トップページ | ワールドカップを楽しむためのビール!!! »

2006/06/06

ビール紀行2006/ドルトムント醸造博物館

Bei_klausドルトムントでは、10年来の親友クラウス宅にお世話になった。昨年はちょうど彼等がバカンスに行く日と重なってしまい、数時間しか会っていない。
今年はその分よく話をした。
(朝食が2時間ほどかかった〜笑)

彼はビールに関する新聞記事などを収集してくれている。その記事を目を通していると、醸造博物館が再オープンしているではないか。

これからちょっとデュッセルドルフに行く予定であるが、その前にちょっと寄って行こうとなった。

Dub2005年ドルトムントのビール業界は、その醸造都市の歴史において最大の出来事が起きた。
二大醸造所のDortmunder Actien(DAB)とDortmunder Union(DUB)が合併したのだ。
両方が外資系大手の傘下に入ったためで、合理化のため醸造所が統合された。

Br_museum001_2Unionの醸造所は閉鎖され、ここDABの醸造所に統合されたのだが、その醸造所の横に醸造博物館がオープンした。

ちなみに僕は、この裏にある語学学校にちょっと通ったことがあり、毎日この道を通っていた。

Br_museum003店内には写真のような設備の展示もあるが、やはりドルトムント市内の醸造所の歴史に関する展示が面白い。
会場内のスクリーンでは、炭鉱の街として栄え、多くの人々が労働後にビールで喉を潤している姿が見える。
そして、大きくなった醸造所が輸出用ビールExportを世界へ向けて出荷していった。

Br_museum002_1この瓶を抜き、隣の台に置くと自動的にテレビCFが流れる。
その銘柄の昔のCFであるが、90年代終わり頃の映像は何となく僕の記憶にも残っていた。

ちなみに、この写真から判断すると、後列左からDAB Pils,空、Brinkhofs Nr.1、空
中列左からVita Maltz、DAB Export、Kronen Pils、Siegel Pils。前列左からHansa Pils、Kronen Exta Pils、Thier Pils、Stift。

Br_museum005_1一応、このようなサーバーが置いてあるが、ビールは飲めず。
しかし、ドルトムント市内では、どこでも飲めるので、問題無し。
(実はスタジアムでビールが飲めるのは、珍しい)

駅に向かい、一路デュッセルドルフへ。
友人達は「またデュッセルドルフか、ヤパーナー(日本人)・・・」
と言うが、やはりアルトが飲みたいのだ。

|

« ワールドカップ開催都市ビール情報〜ニュルンベルク/Nürnberg その2〜 | トップページ | ワールドカップを楽しむためのビール!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビール紀行2006/ドルトムント醸造博物館:

« ワールドカップ開催都市ビール情報〜ニュルンベルク/Nürnberg その2〜 | トップページ | ワールドカップを楽しむためのビール!!! »