« 模様 | トップページ | 読書メモ:旅はゲストルーム(浦 一也 著) »

2006/05/12

近所の大衆酒場

Kirimi友人との集合場所は近所の大衆酒場。
ビールを飲みながら、鰹の切り身350円を食べる。
まだ開店してから2時間なのだが、閉店時間も早いのがこの店の特徴。
居酒屋なのに9時には閉めちゃう。(笑)

Tataki隣に座っていたオジサンが美味そうな物を食べているので、
「オジサン、なにそれ?」
と聞くと
「おぉ、タタキだよ」
ということで注文。
どっさりネギと刻まれたニンニク、生姜の上からポン酢を掛けていただく。500円。

Counterコの字カウンターの奥を見ても調理役のオジサンがいない。
と思ったらカウンターにいた。
「話してるとこ悪いけぇが、野菜天と鰻ちょうだい」
他の客が
「おまえ、そんな所座ってるんじゃねぇ!」とオジサンを一喝する。

約40分でお勘定。


*******************
人気blogランキングへ
↑「ブログランキング」に参加しております。
もしよかったらクリックしてください。m(_ _)m
クリックされるとポイントが加算され、ランキングがアップします。

アップしても何か手に入ることはありませんが・・・・・。

|

« 模様 | トップページ | 読書メモ:旅はゲストルーム(浦 一也 著) »

コメント

>刺身盛とか500円なのに「?!」という量です。

そういや、前に鄙なる県庁所在地の某居酒屋に連れてってもらったときにも
安くて盛りが多かったなぁ。
う~ん、実にウラヤマシイ。。。

ホントは帝都でも、岸田さんみたいに盛りのいい店があったのだが。。。

>・・・という事で、遠征お待ちしています。

うむ。また案内せい(笑)。

投稿: まるは | 2006/05/17 18:13

切り身に限らず安いんです。
刺身盛とか500円なのに「?!」という量です。

帝都と違い物価が安いもんで。。。
しかし港が近いので抜群ですぞ。がははは。

・・・という事で、遠征お待ちしています。

投稿: 小林麦酒 | 2006/05/17 08:09

>居酒屋なのに9時には閉めちゃう。(笑)

さすが、鄙なる地ではお店の閉店も早いですなぁ(笑)。
24時間眠らない街、帝都東京と違いますなぁ。

>鰹の切り身350円を食べる。

安い!
ここらへんはウラヤマシイ限りでありんす(爆)。

投稿: まるは | 2006/05/17 07:56

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所の大衆酒場:

« 模様 | トップページ | 読書メモ:旅はゲストルーム(浦 一也 著) »