« 春野ツーリング(浜松市北部) | トップページ | 洋食 »

2005/10/25

奥浜名湖〜本土一小さな村へ

orangeroad003日曜は朝から晴れたので早速出かける。まず、東名で三ヶ日ICまで一気に走り給油。インター近くに「奥浜名湖オレンジロード」という看板を見つけたので走ってみる。
おお、こんな道があったのか!という絶景ロード。時折見える浜名湖にかかるのは東名浜名湖大橋。
それより北側にある、いわゆる奥浜名湖が光り輝いているではないか。


orangeroad002カーブあり、アップダウン有り、絶景ありのこの道を取り囲むのは、お茶畑ではなくミカン畑。
「みかん狩り」の看板を見ながら県道81、R257経由でR151へ。
そしてみどり湖(愛知県)周辺の県道428,426を経て富山村へ。
この村は人口290人ほどで離島を除いては日本で一番小さな村だそうだ。(何ヶ月か前のBe-Palに載っていた)佐久間ダムの上流にあり、何度か通ったことがある。佐久間湖畔の愛知県道1号を走っているとクネクネクネクネとまったく距離が稼げず、飽き飽きしてくる頃に小さな集落があったが、そこが正に富山村であった。
ankakespa村で唯一の喫茶店兼食堂で「あんかけミートスパゲティ」を食す。
名古屋の名物料理のひとつであるが、やはりここは愛知県。その食文化があるようだ。
ちなみに、この村への鉄道玄関になっている大嵐駅はダム湖の対岸の静岡県。それも浜松市。

<<<このブログのメインサイト>>>
■■■ビール文化研究所■■■

|

« 春野ツーリング(浜松市北部) | トップページ | 洋食 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥浜名湖〜本土一小さな村へ:

« 春野ツーリング(浜松市北部) | トップページ | 洋食 »