« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/29

オクトーバーフェスト

最近、日本国内でオクトーバーフェストが盛んだ。
オクトーバーフェストはミュンヒェンのそれが日本では一番有名である「ビールのお祭り」。
その始まりや経緯は今回は省くが、知名度のあるビール祭りが日本で行われるのはビール文化的観点から言うとに非常に嬉しい。
「ビールは夏!!」という固定観念がまだまだ残る我が国ではあるが、このようなイベントが開催され人が集まることにより、「空気が乾燥している秋に、外で飲むビールは美味い!」という事を皆さんが知ってくれそう。
よって、何も輸入ビールにこだわらなくても良いと思うのは僕だけ?
メルツェンじゃなくたって、ヴァイツェンがなくたって・・・・
(もちろんあればそれに越したことはありません)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005/09/22

Brauerei Sion/Köln

sion_bruerei
最近ツーリングネタ、温泉ネタ、居酒屋ネタが多く何のブログだか判らなくなりそうなのでドイツビールネタを。
Brauhaus Sionはケルン大聖堂(DOM)から南に少し入った小径にある。
Brauhaus(醸造所)といいつつ、現在ではここで醸造をしていない。郊外のMuhlheim地区にあるKölner Verbundに加盟しているので、そこで醸造を行っている模様。ケルンには、醸造機能はすでに郊外に移転しても、創業の地には店を残して営業するケースが多い。
昔ながらの雰囲気の中で楽しむビールはまた美味い!醸造は別の所といっても数キロしか離れていないので、事実上は「煙突の見える範囲」とも言える。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/20

居酒屋を巡る

iseya_bierちょっと都内の居酒屋を探訪。普段から「やっぱり樽から飲みたいねぇ」と言っている僕ではあるが、今回は「肴」が主役と考えてみた。
そのロケーションや雰囲気からして、「生」よりも「ビン」の方が何となく相応しい場合もあるのだ、と妙に納得した一日であった。
今回は多摩地区入口の某街の某店。絶品のシュウマイと一本80円のヤキトリ、そしてビールはサッポロ「赤」星。そう、黒ラベルにあらず。
地元しずおかではあまり見かけないこのビールだが、古くからの居酒屋には、このビールを扱っている店も多いらしい。
歩道に面したカウンターで、立ち飲みしているお客さんの幸せそうな事!
料金も非常に良心的で、毎日通える常連さんが羨ましい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/09/10

国見温泉

kunimispa03「緑色の湯」が有名な温泉で、田沢湖から雫石へ向かう途中にある。途中といってもそこから県道を10キロほど走らねばならない。
冬季は雪に埋もれてしまう温泉で、以前冬に来たときは入れなかった。
今回は森山荘に入浴。開放的な手作り露天風呂からは深い山々が見渡せる。
湯治客も多く、何軒かある宿には「自炊部」があり、長期滞在している人も多い。
kunimispa02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

東北ツーリング 5

kakunodate国道7号ではなく秋田県道289号経由で仁賀保町へ。仁賀保高原を走ろうと思ったが、エンジンの調子が悪いのでなるべく標高の低いところを走ることにした。
仁賀保駅近くの「キッチンさかなやさん」で魚を食べる。
魚屋の店内に食堂がある感じの店で、定食を頼むときに自分で魚を選ぶシステム。
刺身と煮魚を食べる。ちょっとビックリするくらいの価格。(写真は間違って消してしまった・・)
日本海に別れを告げ、角館を目指す。しかし国道105号では味気なさそうなので県道10号を選択。
このルートがまたまた素晴らしい快走路で、ほとんど信号がなく農村を繋げて走る。
角館市内は一方通行の規制があり分かりにくい。バイクを停めフラフラと町中を歩く。武家屋敷が建ち並ぶ通りも結構交通量が多いのは残念。しかし、雰囲気の良い町であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

東北ツーリング 4

choukaisann
鳥海山ブルーラインの存在をしったのは、実はつい最近。日本百名道という本を買ったことに由来する。
そして東北地方を特集したアウトライダーその他を紐解くと、その名があちこちで出てくる。
鳥海山から仁賀保高原へと高地を繋ぎ、時々日本海を眺めようというのが本日の趣向であるが、朝から天気が思わしくない。高原に上がればちょっと雨も心配になってくる。
しかし、それよりももっと深刻な事になった。F650のエンジンが上手く回らない。そして時々停まるようになってしまった。
途中でキャブを調整しながら何とか登るが、さっさと下界に降りていく。そしたら今度は雨雨・・・。
仕方がないからレインコートを着込むと雨が止んだ。なぜか毎回このパターン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王温泉

奥羽三高湯のひとつ蔵王温泉スキー場も多いが温泉も多い。
日本人にとって寒いスキーの後にはやはり温泉、ということで温泉地のスキー場はもはや定番。
(温泉地にとっても冬集客できるのは魅力的だと思う)
温泉街を越え、坂をぐんぐん登っていくと大露天風呂に到着した。
温泉川の部分部分を堰き止めて湯船が造ってある感じで、男湯は本当に丸見え。
門には撮影禁止とあるが、それほど男湯は丸見え。
僕は硫黄系の温泉が好きで、白や黄色で濁った温泉を好んで訪れる傾向にある。
一時期いろいろあった白骨温泉も好きな温泉のひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »