« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005/08/30

東北ツーリングその3

shounai_fh雨宿りを小一時間したところで雨も小降りに。一応レインコートを着込んだままで再出発する。
国道を避け田舎道を通ろうかと思ったが、なぜか国道を進んだ。そして途中から日が差してきてレインコートの中は蒸し始める。夏のレインコートは完全にサウナ状態である。素材がゴアテックスでもサウナには変わりない。
天候不順なので早めに野営地を決めた。
庄内夕日の丘キャンプ場が近い。料金もバイクだと400円/人と格安で、さらに近くには巨大なショッピングセンターや湯野浜温泉という小さな温泉地もある。
それらよりも近くにあるのが庄内空港で、なんとキャンプ場から道を挟んで向こう側には滑走路があり、東京行きの飛行機が飛び立っていく姿を間近で見ることができる。
空港と言っても小さなターミナルと短めの滑走路があるだけで、便数もそれほど多くない。よって、キャンプ客の安眠の妨げにはなっていない。
バイクで10分ほどの所にある湯野浜温泉に行く。ビーチと一体となった温泉地で、海水浴客やサーファーの姿が目立つ。共同浴場を見つけレインコートサウナの汗を流しサッパリ。
テントサイトでは他にいたライダー数名と簡単な宴会をやりビールを飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

東北ツーリング その2

campfld
キャンプ場で出て、しばらく走った所にある上山温泉に入る。
古き良き温泉地の共同浴場は大好きである。(前回のブログを参照)
さっぱりした後に汗でしめったジャケットを着るのは酷であるが、安全のため我慢。
ルートを北に取り、山形市を迂回するように国道458号を走り、山形道と併走する国道112号に繋ぐ。
道の駅にしかわには月山ビールがあった。今回はバイクなのでもちろん飲めないが、一応購入し、直営レストランで月山豚丼で昼食。店内に置かれていたパンフレットを見て気が付いた。ここは月山蕎麦という食があるではないか!うっかりしていたがもう他の店に移る訳にはいかず、豚丼を食べる。(これはこれで美味かった)
山形道は月山から湯殿山の間は一般道として解放されているので快走するのだが、雲行きの方は快く無い。
道の駅月山に立ち寄り一応レインコートを着、雨に備える。そして走り出したとたんに雨が降ってきた。
パラパラではなく、土砂降り。雷雨である。ちょうど店先にテント(というか天幕)をだしているスーパーがあり、そのテントの中(空っぽ)に避難し雨宿り。
ツーリングに雨は付き物であるが、毎回毎回というのはちょっと問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

上山温泉の共同湯

kamino_yuキャンプ場を出て少し走った所にある上山温泉の「下大湯」。
入浴料80円と格安であるが、何年か前までは50円、その何年か前までは10円だったらしい。
洗髪をする人は大きなプラスティック製の「洗髪札」を70円で買っていた。
タイル張りの大きな湯船と壁にズラリと並んだ商店街の広告。
こういう地域に根付いた共同浴場って大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/23

東北へ! その1

先日6日間かけての東北ツーリングを実施。
久々に充実したツーリングができた。
充実の第一歩は16日の仕事後にスタートしたこと。その日のうちに宇都宮まで移動したことにより、翌日からの行動がグッと楽になった。
17日はダラダラと北上し東北道白石ICまで走行。ダラダラしていた理由は、白石と白河を間違えて、「直ぐそこ」だと思っていたこと。途中で蔵王に近いのは「白石」と言うことに気が付いた(笑)。

蔵王エコーラインではそれほど天気が良くなく、期待していた展望は無かったが、ワインディングを楽しみさらに蔵王温泉の露天風呂を満喫。
しかし、この露天風呂。男湯は外から丸見え。
当初は月山近くまたは日本海沿岸でキャンプを、と考えていたがダラダラした走りの影響か、西蔵王で野営をすることに。
偶然訪れた古竜湖キャンプ場は「タダ」。そしてなんとバンガローも「タダ」。
テントは「設営」はともかく「撤収」が面倒なので、バンガローがタダならそっちを選択するのが人の心(?)。
キャンプ場下の展望台からの眺めは山形市の風景。
山の重なりが東北の美しさであることを実感した。
yamagata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/16

三島のせせらぎとビール

seseragi
日曜日、Good Beer Clubのイベントとして「三島のせせらぎ」を散歩し、その後沼津のタップルームでビール(エール)を楽しんだ。
散歩といってもほとんど歩くことは無く、水辺でカニやザリガニを捕ったりしただけ。
水と戯れた午後のひとときであった。
taprrom
その後、沼津のタップルームへ移動。現地での合流組も交え、楽しくビールを堪能した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/12

メガネ使用者にとって、一番暇な時間

目は良いに越したことはない。
社会人になって目が良い人は少なく、人によっては「学生の時勉強しなかったから・・・」なんて照れ隠しをするが、視力低下によりメガネやコンタクトを使用しなくていいことは凄く羨ましい!
僕の視力が落ちたのは高校を卒業したころ。その頃からメガネを掛け、コンタクトの時期もあったが今日ではまたメガネに戻っている。

コンタクト(ソフトを使用)は手入れが面倒。朝起きてコンタクトを入れる作業が面倒。夜、コンタクトを外す前には猛烈に眠くなり、入れたまま寝ることもしばしば・・・・。
しかし、しっかりと寝る準備をすべくコンタクトを外すと、なぜか眠くなくなる。

メガネは朝起きてサッと掛けられるので準備時間は1秒くらい。しかし、何ヶ月に一回かはメガネを掛けたまま寝ていて、起きるとメガネが無い。あちこち探すと体の下で潰れている・・・・・。

そんな時はメガネ屋へ持っていき、プロの手で直してもらう。
普通、どの店でもタダで直してくれるし、「これはウチで買ったメガネですか?」なんて事も聞かれない。

直してくれる間、実に居心地が悪い!
メガネは外しているので何も見えない。よって本や雑誌を読みながら時間を潰すことも、店内のメガネを見ることもできず、ただイスに座ってボーっとしていることしか出来ない。

あの時間は人生の中でも一番困った時間だと思う!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/10

BMW Biker Meeting in Hakuba その2

gs夜中到着の疲れがとれないまま朝を迎えた。S君がマメにコーヒーを淹れていたので御馳走になる。
しばらく各ブースをウロウロし、知っている方々に挨拶をし、11時頃出発。
ルートはそのまま国道を南下して豊科まで行き、そこから進路を東へ取り三才山トンネルでショートカット。

古くからの温泉地で、非常に気になっていた霊泉寺温泉に浸かり疲れを癒した後、ビーナスラインに向かう。
reisennji2
ビーナスラインでは少し曇ってはいたものの天気も良く、何台ものバイクとすれ違った。
途中何カ所かに寄り道をしながら、3台のバイクで快走。

茅野からR20、韮崎は武川あたりからのショートカットの県道で回避し清水へ。
沼津へ帰るS君と別れ、こちらは西へ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/08/09

BMW Biker Meeting in Hakuba その1

hakuba
標記イベントに行って来た。ちょっと野暮用があったので出発は午後7時になってしまった。
高速で清水。そしてR52で南アルプスICまで走る。
道は空いていたので安全運転のうえ、順調に中部循環道の部分開通区間に乗る。
双葉JCTから中央道に入るが、標高が高くなるにつれて気温も低下してきたが、完全装備だったので快適にクルージングできた。
装備・・・上半身=ドライシャツ(ドルトムントのユニフォーム/ライディングに最適)+ユニクロのトレーナー+モンベル・ツーリングジャケット///下半身=モンベル・ツーリングパンツ(新調)///足元=ダナーライト+甲プロテクター///おまけ・・・膝パット(風よけになる)

毎度の事ながら諏訪付近で降雨。なぜか毎回中央道ナイトランをするとここで雨が降る。中央道原PAでカッパを(モンベル・ストームバイカー)着込み、缶コーヒーを一本飲む。
豊科ICから白馬への道のりは、降雨は済んでいたものの、路面が濡れていたので更なる安全運転で走行。
午後11時半頃に仲間のキャンプに到着した。

F650MLの皆さんに「パリダカのゴールシーン」のような出迎えを、と頼んであったのでみんな起きていてくれた。(ありがとう!)

※関連記事を何件かTBさせていただきました。

つづく

*************************
このブログのメインサイト
ビール文化研究所
*************************

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/04

野沢温泉

nozawaspa野沢温泉って所は静岡から非常に遠いので、なかなか行く機会がなかったが、先日やっと行けた。
町中に点在する無料の共同浴場は・・・熱い。本当に熱い。こんなに熱いとは知らなかった。
先客も熱い熱いと言って水をじゃぶじゃぶと入れている。一緒になって水をじゃぶじゃぶ。
それでも熱い。
しかし、学生時代横浜市内のクソ熱い銭湯を経験しているので、そのプライドを傷つけぬように入る。
「よく入れるねぇ」と言うオッサン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/03

この楽しみ、ドイツでは味わえない・・。

bier_izu伊豆は松崎で立ち寄った店でビールを飲んだ。知人に連れられて行った店で、地物の魚を中心に楽しませてくれる名店であった。
ビールと共に、塩茹でされた「しったか」を食べる。みんな黙々と爪楊枝を使い身を取り出し、口へ放り込む。そして冷えたビールをぐびぐび。
(↓食べたい人はクリック!)
南伊豆産 活しったか

く〜っ、美味い!!!!

この楽しみは日本でなければ味わえない。それぞれの国で、様々なビールの楽しみ方がある事を再確認した一杯であった。
ついでに言うと、この後は煮魚と焼き魚、そして刺身を堪能。
もちろんビールをもう一杯!
izu_sashimi
izu_nizakana

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/02

伊豆へ

izu_strand
伊豆といっても西伊豆へ行って来た。東伊豆は激混みなので夏は寄りつかず。
下田に住む知人宅に毎年お世話になっており、その方の案内で人気の少ないビーチへ行きシュノーケリングを楽しんだ。
西伊豆は入り組んだ海岸線を持っているので所々に小さな砂浜がある。これらのビーチにクルーザーやシーカヤックでアクセスする人も多いが、その絶対数は少ないのでのんびりできる。

西伊豆は年間を通じて何度も行くが、今回は車でのツーリング。
渋滞の問題もあるが、やはり「泳ぎ」が入るとバイクでは辛い。
軽装で音楽でも聴きながら走るのがちょうど良い。ただし、冬の伊豆はバイクに限る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »