« 旅の道具 カメラ | トップページ | 西伊豆へ »

2005/01/10

足助(愛知)へ

asuke01天気の変化を感じた一日であった。
晴天に恵まれた昨日は静岡西部〜愛知東部の山間を走った。(・・といっても車である)
引佐〜鳳来〜作手〜足助と過去何度も通ったルートである。ツーリングマップルで新ルートを開拓して遊ぼうと思ったら、持参したのは「関東編」・・・・。切れていた。
一応カーナビは付いているものの、やはり地図遊びは紙に限る。

愛知県内に入ると所々に積雪の跡がある。そして山の向こうには分厚くて黒い雪雲が見え始めた。
鳳来寺山の門前は、その天気と同じように寒々しい。冬本番の棚田も無の空間となっていて、棚田を紹介する看板が寂しく揺れている。

一変、足助の街並みに行くとそこには華があった。成人式の晴着姿の女性が、中心にある公民館に集まりはじめていた。自分の成人式の記憶を辿りながら「足助の洋食屋 参州楼」でオムライスを食べ、ちょっと散策にでかける。

町中ははやり閑散としている。以前来た時は香嵐渓の紅葉シーズンだったのでもの凄い人出であった。そしてその前は「中馬のおひなさん」(2〜3月:街全体で古い雛人形を公開)でやはり賑わっていた。

分厚い雪雲からちらちらと粉雪が舞い降りてきた。
ワイパーをしなければいけないほどの雪なんて、普通の生活ではまず無いのでちょっと新鮮な気持ちが芽生える。
トンネルを抜けると道路はうっすらと白くなっており、ちょっとビックリした。

静岡県内に戻ると雪雲はサッと引き、ちょっと雨が降っているものの、何故か西日が眩しい。
家に帰る頃には星空が美しい。しかし先日洗車したばかりの車はかなり汚い。

|

« 旅の道具 カメラ | トップページ | 西伊豆へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足助(愛知)へ:

« 旅の道具 カメラ | トップページ | 西伊豆へ »