2008/10/01

フランクフルトから出国==ドイツビール紀行2007(その61最終回)==

Frankfurt_hbf3

まずは応援よろしくお願いします

快速列車(RE=Regional Express)の通る路線は、いつも使っていたICEと違い、何だかノンビリした風景の街々でした。
この旅の途中に立ち寄った集落と比べれば、とても大きな街なのですが。

REはフランクフルト空港を通らずに、中央駅へ。
ここから近郊列車Sバーンに乗り換えて空港に向かいます。
その前に何となく腹ごしらえ。

Frankfurt_hbf5

この棒をかぐや姫カットした物体は何だ?
そう思ったら買うのが僕の仕事(?)なので、購入。
マックの何とかスティックみたいな物でした。

ドイツは好きだけど、ちょっと嫌なのは↓↓これ。

続きを読む "フランクフルトから出国==ドイツビール紀行2007(その61最終回)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

さようなら、バンベルク。また来る日まで!!==ドイツビール紀行2007(その60)==

Bam_tor_kaiser

旧市街をフラフラしながら一度宿へ戻り、荷物をピックアップ。
駅近くにある宿はこういう時に便利です。
まずはポチっとよろしくです

そして、ここからフランクフルト空港へと向かいます。
バンベルクは幹線からは外れているため、一度ヴュルツブルクやニュルンベルクへと行かねばなりません。
前日、時刻を調べてみると、ヴュルツブルク先は快速列車でフランクフルトまで行けると判明!
さらにこの日は土曜日なので、格安の「週末切符」の利用が可能です。

よって、自販機で週末切符を購入し乗車!

さらば、バンベルク!!!
また来る日まで!!!
(これは2007年8月のビアライゼ=ビール紀行の話です)

(まだ続きます)

*******************
人気blogランキングへ
↑本日も最後までありがとうございました。
よろしければ、ランキングアップにご協力ください。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

バンベルク名物のタマネギ料理==ドイツビール紀行2007(その59)==

Bam_schlenkerla003

バンベルクの名物ビール「ラオホビール」が楽しめる名店「シュレンケルラ(Schlenkerla)」の店内は、実は様々な部屋があります。
ドアから入って直ぐの所は立ち飲み中心の部屋。
そこから左側のドアを開けると、黒光りした梁が目立つ、昔ながらの建物。
また、右側のドアを開けると写真の様な空間に出ます。
この右側のドアは高い所に付いているのですが、これが何とも怪しい(笑)

外から見ると一目瞭然なんですが、おそらくここは別の店だった建物を購入したのでしょう。

さて、そんな店内でラオホビールと一緒に注文したのは「Bamberger Zwiebeln(バンベルガー・ツヴィーベルン=バンベルクのタマネギ)」です。

続きを読む "バンベルク名物のタマネギ料理==ドイツビール紀行2007(その59)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/23

やっと最終日。しかしバンベルク散歩から始まる==ドイツビール紀行2007(その58)==

Bam_mitte7

や〜っと、ドイツビール紀行2007も最終日を迎えました。
本日も、まずは応援よろしくお願いします。
しかし、昼過ぎまでバンベルク市内をウロウロしています。
なぜかというと、いつも使う大韓航空のフランクフルト発時刻は午後8時頃なのでその日一日がノンビリと使えます。

街へ出かけると土曜日ということもあって市場が立ち、なかなかの賑わいです。
人集りがあるので覗いてみると・・・・

続きを読む "やっと最終日。しかしバンベルク散歩から始まる==ドイツビール紀行2007(その58)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

ふるまいビール!!==ドイツビール紀行2008(その57)==

6108_2

一通り、ブラスバンドの演奏が終わり、平和の象徴である鳩が空に向かったパーっと羽ばたくと、夏祭りはピークを迎えます。
そこで登場したのがビール!
教会の目の前にあるDrei Kronenのビール(ヘレスだと思う)が登場。
これに注ぎ口を打ち付けてビールをサーブしているのは、何と村長さんです。
(集落長と言った方がいいかな?)

そしてこのビールは振る舞われます。

6115_2_2

「さぁ、君も一杯どうだい?」
と僕にもジョッキが回ってきました。

続きを読む "ふるまいビール!!==ドイツビール紀行2008(その57)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

Memmelsdorf、醸造所前の人集り==ドイツビール紀行2007(その55)==

0538_2

さて、HoefenからRattelsdorfまで戻ってくると、急に雨が!
カッパを着込むためにバス停の屋根の下で一休みします。
そして、ちょっと雨足が途切れた所で、再度Ebring駅へ。そこでやって来た列車の乗り込み数キロkm程の距離を稼ぎます。
再び走り出してやって来たのは、毎年訪れている集落、Memmelsdorf。
この集落の醸造所、Drei Kronenのご主人に挨拶と思って来たら、店の前には人集りがあるではありませんか。

Map0816_3

交通規制がかかり、消防車が出動しているので火事かな??
それにしても人々の顔は笑顔です。
さて、近づいてみましょう。

続きを読む "Memmelsdorf、醸造所前の人集り==ドイツビール紀行2007(その55)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/07

ビール飲みは長生きだ!と掲げた額縁==ドイツビール紀行2007(その54)==

Map0816_21

Dsc_6049

続いて向かったのは、3日前に前を通り過ぎたけど定休日だった醸造所、Brauerei Endres。
醸造所名はEndresですが、併設された食堂の名は「Zum Golden Adler」となっています。
創業は1775年。人口300人ほどの集落で細々と続いている小さな小さな店です。

 

続きを読む "ビール飲みは長生きだ!と掲げた額縁==ドイツビール紀行2007(その54)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/30

内蔵スープのお味は?==ドイツビール紀行2007(その53)==

訪れたSchwanen Braueは1859年創業の小さな醸造所レストラン兼民宿です。
ビールはDunkelの一種類のみというのが、小さな醸造所らしくて良いです。
瓶売りも無し。当研究所でいう「究極の地ビール」です。

0518_2

店内に入るとあまり客はいないものの、なぜか賑やかです。
その理由は入口の脇、カウンターの手前にある常連席「Stammtisch」のオジサン達。
真っ昼間からビールを片手にカードゲームを興じています。

手に持っているカードを眺めつつ、こちらもチラチラと眺めてくるんですね、彼等は。
その視線がなんだか気になるので、そういう時はこちらからアクションを起こします。

6031_2

続きを読む "内蔵スープのお味は?==ドイツビール紀行2007(その53)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/29

小集落Ebing==ドイツビール紀行2007(その52)==

Dsc_5999

Ebing駅前の踏切を渡り、集落への道を進みます。
この駅、バンベルクから数個目の駅なんですが、何と各駅停車も通過してしまう駅です(笑)
本当はここで降りようと計画していたのですが、丁度良い時間の列車は「通過」になっていたので、ひとつ先にある駅まで行き、そこから戻ってきたのでした。
それにしても、味わいのある駅ですね。

Map0816_2

駅から集落の中心までは数百mの距離、湖沿いの道を進みます。

続きを読む "小集落Ebing==ドイツビール紀行2007(その52)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

今は醸造せず・・・・村の醸造所==ドイツビール紀行2007(その51)==

Zappendorfはバンベルクの北北東方向にある小さな村ですが、列車が停まるのでアクセスが楽です。
ここに降り立ったのは、小さな醸造所があるという情報を得ていたから。

Map0816_1_2

Dsc_5992

集落のほぼ真ん中に、やはり醸造所はありました。
稼働している様子は感じられないので不思議な感じがします。
庭に水を撒いていた主人らしき人に聞くと、2年ほど前に醸造所としては閉めた、と言うではありませんか。


続きを読む "今は醸造せず・・・・村の醸造所==ドイツビール紀行2007(その51)=="

| | コメント (0) | トラックバック (0)